列王記第二 22:1‐20

  • ユダの王ヨシヤ1,2

  • 神殿の修理についての指示3‐7

  • 律法の書が見つかる8‐13

  • 災いに関するフルダの預言14‐20

22  ヨシヤ+は8歳で王になり,エルサレムで31年治めた+。彼の母はエディダといい,ボツカト+の人アダヤの娘だった。  ヨシヤはエホバから見て正しいことを行って,父祖ダビデと全く同じ道を歩み+,右にも左にもそれなかった。  ヨシヤ王の治世の第18年,王はメシュラムの子アツァルヤの子である秘書官シャファンに次のように言って,エホバの家に遣わした+  「大祭司ヒルキヤ+の所に行きなさい。そして,エホバの家に持ってこられ,戸口番たちが民から集めた+お金全てを集計させなさい+  そのお金をエホバの家での工事をまとめる人たちに渡させなさい。その人たちは,それをエホバの家の破損*を修理する労働者に渡します+  職人や建築作業者や石工たちです。彼らはそのお金を,家の修理に必要な木材や切り石の購入に使います+  お金を渡される人たちは信頼できるので,会計報告は必要ありません+」。  その後,大祭司ヒルキヤは秘書官シャファン+に,「エホバの家で律法の書+を見つけました」と言った。ヒルキヤがその書物をシャファンに渡すと,シャファンはそれを読みだした+  秘書官シャファンは王のもとに行って,こう言った。「あなたの家来たちは家に集まったお金を箱から取り出して,エホバの家での工事をまとめる人たちに渡しました+」。 10  秘書官シャファンは王にさらに言った。「祭司ヒルキヤから1つの書物+を渡されました」。そしてシャファンは王の前でそれを読み始めた。 11  王は律法の書の言葉を聞くと,すぐに衣服を引き裂いた+ 12  それから,祭司ヒルキヤ,シャファンの子アヒカム+,ミカヤの子アクボル,秘書官シャファン,家来のアサヤにこう命じた。 13  「私のため,民のため,ユダ全体のために,この見つかった書物の言葉についてエホバに尋ねに行きなさい。父祖たちが,私たちに関して書かれていることをしっかり守らず,この書物の言葉に従わなかったので,エホバは私たちに対して怒りを激しく燃やしているのです+」。 14  それで,祭司ヒルキヤ,アヒカム,アクボル,シャファン,アサヤは,女預言者+フルダの所に行った。フルダは,ハルハスの子ティクワの子である衣装係シャルムの妻で,エルサレムの第2地区に住んでいた。彼らはそこで彼女に話した+ 15  彼女は言った。「イスラエルの神エホバはこう言っています。『あなたたちを私のもとに遣わした人に言いなさい。 16  「エホバはこう言っている。『私はこの場所と住民に災難をもたらす。ユダの王が読んだ書物の言葉の通りになる+ 17  彼らが私を捨て,ほかの神々のために犠牲を焼いて煙にし+,行いによって私を怒らせたので+,私はこの場所に対して怒りを燃やす。その怒りが消えることはない+』」。 18  だが,エホバに尋ねるようにとあなたたちを遣わしたユダの王にこう言いなさい。「あなたが聞いた言葉について,イスラエルの神エホバはこう言っている。 19  『あなたは,この場所と住民に災いが降り掛かってそこは恐怖の光景となると私が語ったのを聞いた時,心が柔らかで,エホバの前で謙遜になって+衣服を引き裂き+,泣いたので,私エホバはあなたの祈りを聞いたと宣言する。 20  それで,私はあなたを先祖たちと共に横たわらせ,あなたは安らかに自分の墓に入る。あなたは私がこの場所にもたらす災いを全く見ない』」』」。彼らはこの返事を王の所に持ち帰った。

脚注

または,「亀裂」。