出エジプト記 31:1‐18

  • 職人に神の聖なる力を満たす1‐11

  • 安息日,神とイスラエルの間のしるし12‐17

  • 2枚の石板18

31  エホバは続けてモーセに言った。  「見なさい,私はユダ族のフルの子であるウリの子+ベザレル+を選んだ。  彼に神の聖なる力*を満たし,あらゆる工芸に関する知恵と理解と知識を与える。  デザインの作成のため,金,銀,銅の加工,  石のカットとはめ込み+,あらゆる木製品の製作のためである+  さらに,ベザレルを助けるためにダン族のアヒサマクの子オホリアブ+を任命した。そして,技能を持つ全ての人の心に知恵を入れ,その人たちが,私があなたに命じた物全てを作るようにする+  すなわち,会見の天幕+,証しの箱+とそのふた+,天幕の全ての備品,  食卓+とその器具,純金のランプ台とその全ての器具+,香の祭壇+  全焼の捧げ物の祭壇+とその全ての器具,水盤とその台+ 10  きれいに織り合わされた服,祭司アロンのための聖なる服,アロンの子たちが祭司として仕えるための服+ 11  注ぎ油*,聖なる所のための香り高い香である+。職人たちは,私があなたに命じたこと全てを行う」。 12  エホバはモーセにさらに言った。 13  「イスラエル人にこう告げなさい。『必ず私の安息日を守りなさい+。それは代々,私とあなたたちの間のしるしである。私エホバがあなたたちを神聖なものとしていることをあなたたちが知るためである。 14  安息日を守らなければならない。その日はあなたたちにとって聖なるものだからである+。それを汚す人は必ず死刑にされる。その日に仕事をする人は民の中から除かれなければならない+ 15  6日間仕事をしてよいが,7日目は完全な休み,安息日である+。それはエホバにとって聖なるものである。安息日に仕事をする人は必ず死刑にされる。 16  イスラエル人は安息日を守らなければならない。安息日を代々守らなければならない。これはずっと続く契約である。 17  これは私とイスラエルの民の間の長く続くしるしである+。エホバは6日間,天と地を造り,7日目に休み,爽やかさを感じたからである+』」。 18  神はシナイ山でモーセに話し終えると,証しの石板2枚を彼に与えた+。神の指によって書かれた石板だった+

脚注

用語集参照。
用語集の「油を注ぐ」参照。