使徒の活動 24:1‐27

  • パウロに対する訴え1‐9

  • フェリクスの前でのパウロの弁明10‐21

  • パウロの件が扱われずに2年がたつ22‐27

24  5日後,大祭司アナニア+は数人の長老とテルトロという弁士*を伴って下ってきて,パウロのことを総督に訴えた+  テルトロは呼ばれると,パウロを訴え始めてこう言った。 「閣下のおかげで平和を存分に楽しみ,ご配慮によってこの国で数々の改革がなされておりますので,  フェリクス閣下,私たちはいつでも,またどこにおきましても,そのことを認めてこの上ない感謝の気持ちを抱いております。  しかし,どうか,あまりお時間を取らないようにいたしますので,ここに申し上げますことをしばし寛大さをもってお聞きください。  と申しますのは,この男は厄介者*+,世界の至る所でユダヤ人の間に暴動を起こし+,ナザレ人一派+の先頭に立ち,  神殿も汚そうとしましたので,私たちが捕らえました+ 7 * ―  お取り調べになれば,私たちが訴えるこうした事柄全てについて分かっていただけると存じます」。  ユダヤ人たちも訴えに同調し,その通りだと主張した。 10  パウロは,話すようにと総督が顎で合図をしたので,こう答えた。 「この国民が長年あなたに裁判をしていただいてきたことをよく知っておりますので,自分の弁明のために喜んでお話しいたします+ 11  確認していただけることですが,私が崇拝のためにエルサレムに上ってから12日しかたっておりません+ 12  そして,私が神殿で誰かと議論したり,会堂や町のどこかで暴徒をあおり立てたりしているのを誰も見たことはありません。 13  また,この方たちは,今私について訴えている事柄をあなたに証明できません。 14  しかし私は,このことはあなたの前で認めます。私はこの方たちが一派と呼んでいるやり方に従って,父祖たちの神に神聖な奉仕をしています+。そして,律法の中で述べられていることと,預言者の書に記されていることを全て信じています+ 15  また,私はこの方たちと同じ希望を持っております。神が正しい人も正しくない人+も復活+させてくださるという希望です。 16  ですから,神と人の前で良心にやましいところがない*よう,絶えず励んでいます+ 17  今回,寄付金*を自分の国民に持ってくるため+,また捧げ物をするために,何年かぶりにエルサレムに行きました。 18  その時に,人々は私が儀式上の清めをして神殿にいるのを見ましたが+,私は群衆と一緒にいたのでも,騒ぎを起こしたのでもありません。しかし,アジア州からそこに来ていた何人かのユダヤ人が, 19  何か私を責めることがあるというなら,あなたの前に出て訴えるべきです+ 20  あるいは,ここにいる方たちが,私がサンヘドリンの前に立った時にどんな悪い点を見つけたのか,自分で述べていただきたいと思います。 21  もっとも,私はそこに立っていた時にこう叫びはしました。『死者の復活に関して今日皆さんの前で裁かれているのです+』」。 22  しかし,フェリクスはこの道*+関する事柄をかなりよく知っていたので,この件を先送りにし,「軍司令官ルシアスが下ってきた時に,本件を裁決しよう」と言った。 23  そして士官に命令してパウロを留置させたが,パウロに幾らかの自由を与え,仲間の者が世話をするのを許した。 24  何日か後,フェリクスはユダヤ人の妻ドルシラとやって来た。そしてパウロを呼び出し,キリスト・イエスを信じることについて話を聞いた+ 25  しかし,パウロが正しい行いと自制と将来の裁きについて話すと+,フェリクスは恐れを感じ,「もう下がってよい。機会があれば,また呼ぶことにする」と言った。 26  そう言いつつも,パウロからお金をもらうことを期待していたので,ますます頻繁にパウロを呼んでは語り合った。 27  しかし2年が経過すると,ポルキオ・フェストがフェリクスの後を継いだ。フェリクスはユダヤ人に良く思われたかったので+,パウロを拘束しておいた。

脚注

または,「弁護人」。
直訳,「疫病」。
付録A3参照。
または,「非難されるところがない」。
または,「憐れみの施し」。
用語集参照。