使徒の活動 21:1‐40

  • エルサレムへの道中1‐14

  • エルサレムに到着する15‐19

  • パウロは長老たちの助言に従う20‐26

  • 神殿で暴動が起き,パウロが捕まる27‐36

  • パウロは群衆に話すことを許される37‐40

21  私たちは後ろ髪を引かれる思いで船に乗った後,コスに直行し,次の日にはロードスに,その後パタラに行った。  そしてフェニキアに渡る船を見つけ,それに乗って出発した。  キプロス島が見えてくると,それを左にして通り過ぎ,シリアに向かって航海を続け,ティルスに上陸した。船はそこで積み荷を降ろすことになっていた。  私たちは弟子たちを捜し当て,そこに7日とどまった。弟子たちは聖なる力によって知らせを受け,パウロに,エルサレムに足を踏み入れないようにと繰り返し告げた+  旅立つ時が来ると,私たちは出発したが,弟子たちは女性や子供を連れて皆で町の外まで付き添ってくれた。そして,一緒に浜辺にひざまずいて祈り,  互いに別れを告げた。私たちは船に乗り,皆は家に帰った。  私たちはティルスからの船旅を終えてプトレマイスに着き,兄弟たちにあいさつをして1日滞在した。  次の日,そこを出てカエサレアに行き,あの7人の男性の1人である福音伝道者フィリポ+の家に入って,そこに泊まった。  この男性の4人の娘は未婚で,預言をしていた+ 10  滞在して何日もたった時,アガボ+という預言者がユダヤから来た。 11  そして私たちの所にやって来て,パウロの帯を取り,自分の両手足を縛って,言った。「神が聖なる力によってこう言っています。『ユダヤ人はこの帯の持ち主をエルサレムでこのように縛り+,異国の人々に引き渡す+』」。 12  これを聞いて,私たちもそこの人たちも,エルサレムに上らないようにとパウロに頼み始めた。 13  パウロはこう答えた。「どうして泣いたり私の決意を弱めようとし*たりするのですか。大丈夫です。私は,縛られることはもちろん,主イエスの名のためにエルサレムで死ぬ覚悟もできています+」。 14  パウロが聞き入れようとしないので,私たちは反対するのをやめ,「エホバ*の望まれることが行われますように」と言った。 15  こうした日が過ぎてから,私たちは旅の支度をして,エルサレムへと出発した。 16  カエサレアの弟子たち何人かも同行して,初期の弟子でキプロスの人ムナソンの家へ連れていってくれた。私たちが滞在する家である。 17  エルサレムに着くと,兄弟たちが喜んで迎えてくれた。 18  翌日,パウロは私たちと一緒にヤコブ+の所に行った。長老たちが皆そこにいた。 19  パウロはあいさつし,自分の伝道*によって神が異国人の間で行った事柄を詳しく話し始めた。 20  それを聞くと,皆は神をたたえ始めた。しかしパウロにこう言った。「兄弟,知っていると思いますが,ユダヤ人の中には何万人もの信者がいて,皆,律法を守ることに熱心です+ 21  しかし,その人たちは,あなたについてこういううわさを聞いています。異国人の間にいるユダヤ人全てにモーセからの背教を説き,子供に割礼を施すことも昔からの慣行に従うこともしないよう告げている,といううわさです+ 22  どうすべきでしょうか。彼らはあなたが来ていることをきっと聞きます。 23  それで,今から言う通りにしてください。誓約を立てた4人の人が私たちの所にいます。 24  この人たちを連れていって一緒に儀式上の清めをし,費用を出してやり,彼らが頭をそってもらえるようにしてください。そうすれば,誰もが,あなたについて聞かされているうわさには何の根拠もなく,あなたが正しく行動して律法を守っていることを知るでしょう+ 25  異国人の信者については,偶像に犠牲として捧げられた物+,血+,絞め殺された*動物+,性的不道徳*から離れているべきである+という決定を書面で送ってあります」。 26  そこでパウロは,次の日にその人たちを連れていって一緒に儀式上の清めをした+。そして神殿に入り,儀式上の清めの期間が終わって彼ら一人一人のために捧げ物を捧げる日を告げた。 27  その7日間が終わろうとしていた時,アジアから来たユダヤ人たちは,パウロが神殿にいるのを見て,群衆全体をあおり立て,パウロを捕まえて, 28  こう叫んだ。「イスラエルの人たち,手伝ってくれ! この男は,至る所で,全ての人に,民と律法とこの場所に反することを教えている。その上,ギリシャ人を神殿に連れ込んで,この聖なる場所を汚すことさえしたのだ+」。 29  その人たちは,以前にエフェソスの人トロフィモ+がパウロと一緒に都の中にいるのを見たため,パウロが彼を神殿に連れ込んだと思ったのである。 30  都全体が騒動になり,人々は駆け寄ってきてパウロを捕まえ,神殿の外に引きずり出した。それからすぐに戸が閉じられた。 31  パウロが殺されそうになっている間に,部隊の司令官の所に,エルサレム中が混乱しているとの知らせが届いた。 32  それで軍司令官はすぐに兵士と士官たちを連れて人々の所へと駆け降りた。人々は軍司令官と兵士たちが見えると,パウロを打ちたたくのをやめた。 33  そこで軍司令官は近づいてパウロを捕まえ,2本の鎖で縛るよう命じた+。そして,彼が何者か,何をしたのかを尋ねた。 34  しかし,群衆があれこれ叫びだしたので,軍司令官は騒がしさのために確かなことが何も分からず,パウロを兵営に連れていくように命令した。 35  パウロが階段に差し掛かると,群衆に襲われないように兵士たちが担いでいかなければならなかった。 36  大勢の人が,「殺してしまえ!」と叫びながら付いてきたのである。 37  パウロは,兵営に引き入れられようとした時,軍司令官に,「少しよろしいでしょうか」と言った。軍司令官は言った。「ギリシャ語を話せるのか。 38  おまえは,この前暴動を起こして,短剣を持った4000人の男を荒野に連れ出したあのエジプト人ではないのか」。 39  そこでパウロは言った。「私はユダヤ人で+,キリキアのタルソス出身+,名の知られた町の市民です。ですから,どうか民に話すことを許可してください」。 40  軍司令官が許可すると,パウロは階段に立ち,民に向かって手で合図をした。すっかり静かになった時,ヘブライ語で+こう話した。

脚注

または,「心を悲しませ」。
付録A5参照。
または,「奉仕」。
または,「殺して血を抜いていない」。
ギリシャ語,ポルネイア。用語集参照。