内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

使徒の活動

概要

  • 1

    • テオフィロへの言葉1‐5

    • 地の果てにまで証人となる6‐8

    • イエスは天に昇る9‐11

    • 弟子たちが一致して集まる12‐14

    • マッテヤがユダの代わりに選ばれる15‐26

  • 2

    • ペンテコステの日に聖なる力が注がれる1‐13

    • ペテロの話14‐36

    • 人々がペテロの話に反応する37‐41

      • 3000人がバプテスマを受ける41

    • クリスチャンの絆42‐47

  • 3

    • ペテロは足が不自由な物乞いの人を癒やす1‐10

    • ソロモンの柱廊でのペテロの話11‐26

      • 「全ての事柄の回復」21

      • モーセのような預言者22

  • 4

    • ペテロとヨハネが捕らえられる1‐4

      • 男性の信者が5000人になる4

    • サンヘドリンでの裁判5‐22

      • 「話すのをやめるわけにはいきません」20

    • 大胆さを祈り求める23‐31

    • 弟子たちが所有物を分け合う32‐37

  • 5

    • アナニアとサッピラ1‐11

    • 使徒たちが多くの奇跡を行う12‐16

    • 投獄され,その後,自由にされる17‐21前半

    • 再びサンヘドリンに連れていかれる21後半‐32

      • 「人ではなく神に」従う29

    • ガマリエルの意見33‐40

    • 家から家へと伝道する41,42

  • 6

    • 7人が奉仕のために選ばれる1‐7

    • ステファノが冒瀆で訴えられる8‐15

  • 7

    • ステファノがサンヘドリンで話す1‐53

      • 族長時代2‐16

      • モーセが民を導く。イスラエルは偶像を崇拝する17‐43

      • 神は人が造った神殿には住まない44‐50

    • ステファノが石打ちにされる54‐60

  • 8

    • サウロが会衆を迫害する1‐3

    • サマリアでのフィリポの奉仕が実を結ぶ4‐13

    • ペテロとヨハネがサマリアに遣わされる14‐17

    • シモンが聖なる力をお金で買おうとする18‐25

    • エチオピアの高官26‐40

  • 9

    • サウロがダマスカスに向かう1‐9

    • サウロを助けるためにアナニアが遣わされる10‐19前半

    • サウロはダマスカスでイエスについて伝道する19後半‐25

    • サウロはエルサレムを訪れる26‐31

    • ペテロがアイネアを癒やす32‐35

    • 惜しみなく与えるドルカスの復活36‐43

  • 10

    • コルネリオが幻を見る1‐8

    • ペテロは清められた動物の幻を見る9‐16

    • ペテロはコルネリオを訪ねる17‐33

    • ペテロは異国の人々に良い知らせを伝える34‐43

      • 神は「不公平ではない」34,35

    •  異国の人々が聖なる力を受け,バプテスマを受ける44‐48

  • 11

    • ペテロは使徒たちに報告する1‐18

    • シリアのアンティオキアでのバルナバとサウロ19‐26

      • 弟子たちが初めてクリスチャンと呼ばれる26

    • アガボが飢饉を予告する27‐30

  • 12

    • ヤコブが殺され,ペテロが牢屋に入れられる1‐5

    • ペテロは奇跡的に自由にされる6‐19

    • ヘロデが天使に打たれる20‐25

  • 13

    • バルナバとサウロが宣教者として遣わされる1‐3

    • キプロス島での奉仕4‐12

    • パウロはピシデアのアンティオキアで話す13‐41

    • 異国の人々に伝道しに行くことに関する預言42‐52

  • 14

    • イコニオムでの増加と反対1‐7

    • ルステラで神々と間違えられる8‐18

    • パウロは石打ちにされるが,生き延びる19,20

    • 会衆を力づける21‐23

    • シリアのアンティオキアに戻る24‐28

  • 15

    • アンティオキアで割礼に関する議論が生じる1,2

    • 問題がエルサレムに提出される3‐5

    • 長老や使徒たちが集まる6‐21

    • 統治体からの手紙22‐29

    • 会衆は手紙によって励まされる30‐35

    • パウロとバルナバは別れる36‐41

  • 16

    • パウロはテモテを選ぶ1‐5

    • マケドニアの男性の幻6‐10

    • フィリピでルデアが信者になる11‐15

    • パウロとシラスが投獄される16‐24

    • 牢番と家の人たちがバプテスマを受ける25‐34

    • パウロは公の謝罪を求める35‐40

  • 17

    • テサロニケでのパウロとシラス1‐9

    • ベレアでのパウロとシラス10‐15

    • アテネでのパウロ16‐22前半

    • パウロはアレオパゴスで話す22後半‐34

  • 18

    • コリントでのパウロの奉仕1‐17

    • シリアのアンティオキアに戻る18‐22

    • パウロはガラテアとフリギアに向かう23

    • 雄弁なアポロが援助を受ける24‐28

  • 19

    • エフェソスでのパウロ,再びバプテスマを受けた人たち1‐7

    • パウロは教える8‐10

    • 邪悪な天使の影響を取り除く11‐20

    • エフェソスでの暴動21‐41

  • 20

    • マケドニアとギリシャでのパウロ1‐6

    • トロアスでのユテコの復活7‐12

    • トロアスからミレトスへ13‐16

    • パウロはエフェソスの長老たちと会う17‐38

      • 家から家へと教える20

      • 「与える方が幸福」35

  • 21

    • エルサレムへの道中1‐14

    • エルサレムに到着する15‐19

    • パウロは長老たちの助言に従う20‐26

    • 神殿で暴動が起き,パウロが捕まる27‐36

    • パウロは群衆に話すことを許される37‐40

  • 22

    • 群衆の前でのパウロの弁明1‐21

    • パウロはローマ市民権を行使する22‐29

    • サンヘドリンが集合する30

  • 23

    • パウロはサンヘドリンで話す1‐10

    • パウロは主によって力づけられる11

    • パウロを殺す陰謀12‐22

    • パウロはカエサレアに移される23‐35

  • 24

    • パウロに対する訴え1‐9

    • フェリクスの前でのパウロの弁明10‐21

    • パウロの件が扱われずに2年がたつ22‐27

  • 25

    • フェストの前でのパウロの裁判1‐12

      • 「カエサルに上訴します!」11

    • フェストがアグリッパ王に相談する13‐22

    • パウロはアグリッパの前に立つ23‐27

  • 26

    • アグリッパの前でのパウロの弁明1‐11

    • パウロはクリスチャンになった経緯を話す12‐23

    • フェストとアグリッパの反応24‐32

  • 27

    • パウロは船でローマに向かう1‐12

    • 船が嵐に遭う13‐38

    •  難船する39‐44

  • 28

    • マルタ島に着く1‐6

    • ポプリオの父親が癒やされる7‐10

    • ローマへの道中11‐16

    • パウロはローマのユダヤ人に語る17‐29

    • パウロは2年間,大胆に伝道する30,31