伝道の書 3:1‐22

  • 何事にも時がある1‐8

  • 人生を楽しむことは神からの贈り物9‐15

    • 人には永遠を思う心がある11

  • 神は全てを公正に裁く16,17

  • 人も動物もいずれ死ぬ18‐22

    • 皆,土に戻る20

3  何事にも時がある。 この地上の全ての活動には時がある。   生まれる*時があり,死ぬ時がある。植えるのに時があり,植えられた物を引き抜くのに時がある。   殺すのに時があり,癒やすのに時がある。壊すのに時があり,建てるのに時がある。   泣くのに時があり,笑うのに時がある。泣き叫ぶのに時があり,踊るのに時がある。   石を取り除くのに時があり,石を集めるのに時がある。抱擁するのに時があり,抱擁を控えるのに時がある。   捜すのに時があり,失った物として諦めるのに時がある。保存するのに時があり,捨てるのに時がある。   裂くのに時があり+,縫うのに時がある。黙っているのに時があり+,話すのに時がある+   愛するのに時があり,憎むのに時がある+戦いの時があり,平和の時がある。  力を尽くして働いたとして,どんな良いものを得ることができるだろう+ 10  私は神が人に与えた務めを知った。 11  神は全てを適切な時に美しくした*+。神は人に,永遠を思う心さえ与えた。それでも人は,真の神の行いを決して知り尽くす*ことがない。 12  私はこう結論した。生涯の間,喜び,善を行う。人にとってこれ以上の幸せはない+ 13  人は皆,食べ,飲み,一生懸命働いて充実感を得るとよい。それは神からの贈り物なのだ+ 14  私は,真の神が定めた事柄は全て永続することを知るようになった。それに加えたりそれから取り去ったりすべきものは何もない。真の神がそのようにした。それで人々は神を畏れる+ 15  起きる事は,すでに起きた事であり,存在するようになるものは,すでに存在していた+。真の神は,追われている*ものを探す。 16  私はこの地上で,公正の場に悪があり,正義の場に悪があるのも知った+ 17  それで心の中で言った。「真の神は正しい人も悪い人も裁く+。全ての活動,全ての行いに時がある」。 18  私は人についても心の中で言った。「真の神は人を試し,人と動物が同じようであることを示す」。 19  人には終わりがあり,動物にも終わりがある。皆,同じ終わりを迎える+。動物は死に,人も死ぬ。皆,1つの命*を持っている+。だから人は動物より優れているわけではない。全てはむなしい。 20  皆,同じ場所へ行く+。皆,土から生じ+,土に戻る+ 21  人の命*は昇っていくのか,動物の命は地面に下っていくのか,いったい誰が知っているだろう+ 22  私は人にとって,働く充実感以上の幸せはないのを知った+。それが人の得る報酬だからだ。誰も自分の死後,起きていることを見ることはできない+

脚注

または,「生む」。
または,「に組織した」,「に整えた」,「に配置した」。
または,「を始まりから終わりまで決して知る」。
もしかすると,「過ぎ去った」。
または,「息」。
または,「息」。