伝道の書 11:1‐10

  • 時を逃さずに行う1‐8

    • パンを水の上に投げる1

    • 朝から夕方まで種をまく6

  • 責任感を持って若い時を楽しむ9,10

11  あなたのパンを水の上に投げ*なさい+。月日がたてば,あなたはそれを再び得ることになる+  持ち物を7人に,いや,8人にでも分けてあげなさい+。あなたは,地上でどんな災難が起きるかを知らないからだ。  雲は水分で満ちると,雨を地上に降らせる。木が南に,あるいは北に倒れるとしても,木があるのはその倒れた方向である。  風を見守っている者は種をまかない。雲を眺めている者は刈り取らない+  あなたは,妊婦の腹の中で胎児の骨に生命力*がどのように働くのかを知らない+。同じように,あなたは真の神の行いを知らない。神は何でも行うことができる+  朝に種をまき,夕方になるまで手を休めてはならない+。あなたは,どの種が育つか,これかそれか,あるいは両方なのかを知らないからだ。  光は心地よい。日の光を見るのは目にとって良いことだ。  もし長生きできるのであれば,それらの年月を楽しみなさい+。しかし,闇の日々が多くなることを忘れてはならない。やって来るその日々は全てむなしい+  若い人たち,若いうちに喜びなさい。若い間にあなたの心が喜びで満ちていてほしい。心が促す道を進み,目が導く場所に行きなさい。しかし,全てのことに関して,真の神があなたに責任を問う*ことを覚えておきなさい+ 10  悩みのもとを心の中から除き去り,有害な事柄を体から払いのけなさい。若さも青春もむなしいものである+

脚注

または,「水面に流し」。
神の聖なる力のことも指すのかもしれない。
または,「を裁く」。