ローマのクリスチャンへの手紙 7:1‐25

  • 律法からの解放に関する説明1‐6

  • 律法により罪が明らかにされた7‐12

  • 罪との闘い13‐25

7  兄弟たち,皆さんは次のことを知らないのでしょうか。(私は律法を知っている人たちに話しています。)律法が人の主人であるのは,生きている間だけです。  例えば,結婚している女性は,夫が生きている間は律法によって夫とつながれています。しかし,夫が死ぬと,女性は夫の律法から解放されます+  ですから,夫が生きている間に別の男性のものとなるなら,その女性は姦淫をした女と呼ばれます+。しかし,夫が死ぬと,女性は夫の律法から自由になるので,別の男性のものとなっても姦淫をしたことにはなりません+  私の兄弟たち,皆さんも,キリストの体により律法に対して死んだ者とされ,別の方のもの+,生き返らされた方のものとなりました+。こうして,私たちは神のために実を結ぶのです+  私たちが罪深い欲望に従って生きていた時には,律法によって明らかにされた罪深い欲情が体*の中で働いて,死に至る実を生み出していました+  しかし,今や私たちは,律法から解放されました+。私たちを拘束していた律法に対して死んだのです。書かれた法典による,古い意味での奴隷ではなく+,聖なる力による,新しい意味での奴隷となるためです+  では,私たちは何と言えばいいでしょうか。律法は罪なのですか。決してそうではありません! 律法がなかったなら,私は罪を知ることはなかったでしょう+。例えば,律法が「貪欲になってはならない+」と言っていなかったなら,私は貪欲というものを知らなかったでしょう。  しかし,罪はおきてによって機会を得て,私の内にあらゆる種類の貪欲を生み出しました。律法がない時,罪は死んでいたのです+  律法がない時,私は生きていました。しかし,おきてが登場すると,罪は生きるようになり,私は死にました+ 10  そして,命に導くはずのおきてが+死に導くものであることが分かりました。 11  罪はおきてによって機会を得て,私を誘惑し,おきてを通して私を殺したのです。 12  こういう理由で,律法自体は聖なるものであり,おきては聖なるもので正しく,良いものです+ 13  そうすると,良いものが私に死をもたらしたのですか。決してそうではありません! 罪がもたらしたのです。罪は良いものを通して私の内に死を生み出し,罪がまさに罪であることが示されました+。こうして,罪はおきてを通していっそう罪深いものとなりました+ 14  私たちが知っている通り,律法は神からのものです。一方,私は,売られて罪の支配下にいる人間です+ 15  私は自分の行っていることが分かりません。願っていることをいつも行うわけではなく,憎んでいることを行います。 16  しかし,願っていないことを行うゆえに,私は律法が良いものだと認めていることになります。 17  とはいえ,それを行っているのはもはや私ではなく,私の内にある罪です+ 18  私は自分の体の中に,善いものが何もないことを知っています。善いことをしたいと望んではいても,実行できないからです+ 19  自分が願っている善い事柄は行わず,願っていない悪い事柄をいつも行います。 20  それで,願っていないことを行うゆえに,それを実行しているのはもはや私ではなく,私の内にある罪なのです。 21  私には次の法則が当てはまります。正しいことをしたいと願うのに,自分の中に悪がある,ということです+ 22  私は,内面では*神の律法を本当に喜んでいます+ 23  しかし,体*の中で別の律法が,考えを導く律法と戦い+,私を捕らえて体*の中にある罪の律法に従わせている+のが分かります。 24  私は実に惨めな人間です! こうして死につつある体から,誰が私を救ってくれるでしょうか。 25  私たちの主イエス・キリストを通して救ってくださる神に感謝します! このように,私自身,考えにおいては神の律法の奴隷ですが,体においては罪の律法の奴隷なのです+

脚注

直訳,「器官」。
または,「内面の人としては」。
直訳,「器官」。
直訳,「器官」。