ローマのクリスチャンへの手紙 12:1‐21

  • 自分の体を生きた犠牲として差し出す1,2

  • さまざまな能力,1つの体3‐8

  • 真のクリスチャンとして生きるための助言9‐21

12  そういう訳で,兄弟たち,神の思いやりに基づいて皆さんに強く勧めます。自分の体を,生きた犠牲,神に受け入れられる聖なる+犠牲として差し出してください+。理性を働かせて神聖な奉仕をするのです+  そして,今の体制*によって形作られるのをやめてください。かえって,考え方を新しくすることによって自分を変化させましょう+。それは,神の善い意志,喜ばしい完全な意志を見極める+ためです。  私は,示していただいた惜しみない親切に基づき,皆さんに言います。自分のことを必要以上に考えてはなりません+。各自が神から与えられた信仰に応じて,健全な考え方をしましょう+  1つの体には多くの器官がありますが+,全ての器官が同じ機能を持つわけではありません。同じように,  私たちも人数は多いものの,キリストと結ばれた1つの体であり,一人一人は器官として互いを必要としています+  それで私たちは,示していただいた惜しみない親切によって,それぞれ違う能力*を持っているのですから+,それが預言であれば,自分の信仰に応じて預言しましょう。  それが奉仕であれば,奉仕しましょう。教える人は教え+  励ます人は励まし*+,分け与える人は惜しまずに与え+,監督*する人は勤勉に*監督*+,憐れみを示す人は快く示しましょう+  皆さんの愛に偽善があってはなりません+。悪いことは憎悪し+,善いことにはしっかりと付きましょう。 10  兄弟愛を抱いて,優しい愛情を示し合いましょう。自分の方から進んで人を敬ってください+ 11  怠けたりせず,よく働いて*ください+。聖なる力によって熱意に燃えましょう+。エホバ*に一生懸命仕えてください+ 12  希望によって喜びましょう。苦難に遭っても忍耐しましょう+。粘り強く祈りましょう+ 13  困っている聖なる人たちと分け合ってください+。人をもてなすことに努めましょう+ 14  迫害する人のために祝福を願い続けてください+。祝福を願うのであって,不幸を願ってはなりません+ 15  喜ぶ人と一緒に喜び,泣く人と一緒に泣きましょう。 16  自分を見るのと同じ見方で他の人を見てください。高慢な考え方をせず,謙遜であってください+。自分は賢いと思い込んではなりません+ 17  悪いことをされても,決して仕返しをしてはなりません+。どうすれば誰の目から見ても*良いことを行えるかを考えてください。 18  できる限りのことをして,どんな人とも平和な関係でいるようにしましょう+ 19  愛する皆さん,復讐してはなりません。神の憤りに任せましょう+。「『復讐は私がすることであり,私が報復する』とエホバ*は言う+」と書いてあるからです。 20  「敵が飢えているなら,食べさせましょう。喉が渇いているなら,飲む物を与えましょう。そうすれば,燃える炭をその人の頭の上に積む*ことになるのです+」。 21  悪に征服されてはなりません。善によって悪を征服し続けましょう+

脚注

または,「時代」。用語集参照。
または,「贈り物」。
または,「説き勧める人は説き勧め」。
または,「率先」。
または,「真剣に」。
または,「率先」。
または,「勤勉であって」,「熱心であって」。
付録A5参照。
または,「前でも」。
付録A5参照。
いわばその人の固い心を溶かし,態度が和らぐようにする,ということ。