レビ記 23:1‐44

  • 聖なる日と祭り1‐44

    • 安息日3

    • 過ぎ越し4,5

    • 無酵母パンの祭り6‐8

    • 初物を捧げる9‐14

    • 七週の祭り15‐21

    • 収穫の仕方22

    • ラッパの吹奏の祭り23‐25

    • 贖罪の日26‐32

    • 仮小屋の祭り33‐43

23  エホバは続けてモーセに言った。  「イスラエル人にこう告げなさい。『エホバの季節ごとの祭りは聖なる大会であり+,あなたたちはそれらを広く知らせるべきである+。それらは私の季節ごとの祭りである。  6日間仕事をしてよいが,7日目は完全な休み,安息日+,聖なる大会である。どんな仕事もしてはならない。どこに住んでいても,その日はエホバの安息日である+  決められた時に広く知らせるべきエホバの季節ごとの祭り,聖なる大会は,以下の通りである。  第1の月の14日+,夕暮れ時*は,エホバの過ぎ越しである+  この月の15日からエホバの無酵母パンの祭りが始まる+。7日間,無酵母パンを食べるべきである+  初日に聖なる大会を開く+。どんな労働もしてはならない。  とはいえ7日間,エホバへの火による捧げ物を捧げる。7日目には聖なる大会がある。どんな労働もしてはならない』」。  エホバは続けてモーセに言った。 10  「イスラエル人にこう告げなさい。『私が与える土地にやがて入り,作物を刈り取ったなら,収穫の初物+の束を祭司の所に持ってこなければならない+ 11  祭司は,あなたたちが受け入れられるために,その束をエホバの前で揺り動かす。安息日の翌日に揺り動かすべきである。 12  あなたたちは,束が揺り動かされる日に,傷のない1歳未満の若い雄羊をエホバへの全焼の捧げ物として捧げなければならない。 13  それに伴う穀物の捧げ物は,油を混ぜた上等の麦粉4.4リットルで,エホバへの火による捧げ物であり,心地よい香りとなる。飲み物の捧げ物はぶどう酒0.9リットルである。 14  その日まで,すなわち神への捧げ物を持ってくる時までは,パンも,炒った穀物も,新しい穀物も食べてはならない。どこに住んでいても,この法令を代々ずっと守るべきである。 15  安息日の翌日,すなわち振揺の捧げ物の束を持ってくる日から,安息日を7回数える+。丸7週間である。 16  7回目の安息日の翌日まで50日を数える+。それから新しい穀物の捧げ物をエホバに捧げるべきである+ 17  家からパンを2つ,振揺の捧げ物として持ってくる。それは上等の麦粉4.4リットルで作り,パン種を入れて焼いたもので+,エホバへの初物とする+ 18  パンと共に,傷のない1歳の雄の子羊7匹と若い雄牛1頭と雄羊2匹を捧げるべきである+。それらをエホバへの全焼の捧げ物として,穀物の捧げ物と飲み物の捧げ物と共に捧げる。これは火による捧げ物であり,エホバにとって心地よい香りとなる。 19  また,罪の捧げ物として子ヤギ1匹+,共食の犠牲+として1歳の雄の子羊2匹を捧げなければならない。 20  祭司は,雄の子羊2匹を初物のパンと共に振揺の捧げ物としてエホバの前で揺り動かす。それらはエホバにとって聖なるもので,祭司のものとされるべきである+ 21  この日,聖なる大会があることを広く知らせる+。どんな労働もしてはならない。どこに住んでいても,この法令を代々ずっと守るべきである。 22  土地の作物を刈り取るとき,畑の端まで刈り尽くしてはならない。収穫の後に残った物を拾うべきではない+。貧しい*+や外国人居住者+のために残しておくべきである。私はあなたたちの神エホバである』」。 23  エホバは続けてモーセに言った。 24  「イスラエル人にこう告げなさい。『第7の月の1日に,完全な休みを取るべきである。聖なる大会があることを忘れないようラッパによる合図がある+ 25  どんな労働もしてはならない。エホバへの火による捧げ物を捧げる』」。 26  エホバはモーセにさらにこう話した。 27  「さらに,この第7の月の10日は贖罪の日である+。聖なる大会を開きなさい。自分を苦しめ*+,エホバへの火による捧げ物を捧げなければならない。 28  この日にはどんな仕事もしてはならない。エホバ神の前であなたたちのために贖罪を行う+贖罪の日だからである。 29  この日に自分を苦しめない*人は民の中から除かれる+ 30  私は,この日に仕事をする人全てを民の中から滅ぼす。 31  どんな仕事もしてはならない。どこに住んでいても,この法令を代々ずっと守るべきである。 32  その日はあなたたちにとって完全な休み,安息日であり,あなたたちはこの月の9日の夕方に自分を苦しめる+。夕方から夕方まで安息日を守るべきである」。 33  エホバは続けてモーセに言った。 34  「イスラエル人にこう告げなさい。『この第7の月の15日からエホバのために7日間,仮小屋の祭りを行う+ 35  初日に聖なる大会がある。どんな労働もしてはならない。 36  7日間エホバへの火による捧げ物を捧げなければならない。8日目には聖なる大会を開き+,エホバへの火による捧げ物を捧げるべきである。それは特別な集まりである。どんな労働もしてはならない。 37  以上が,聖なる大会+として広く知らせるべきエホバの季節ごとの祭り+であり,エホバへの火による捧げ物を捧げる時である。全焼の捧げ物+,穀物の捧げ物+,飲み物の捧げ物+を毎日の予定に従って捧げる。 38  これは,エホバの安息日+に捧げられる物とは別であり,あなたたちの供え物+,誓約の捧げ物+,自発的な捧げ物+とも別である。それらはあなたたちがエホバに供えるべき物である。 39  さらに,土地の産物を収穫した時,第7の月の15日から7日間エホバの祭りを行いなさい+。初日は完全な休みであり,8日目も完全な休みである+ 40  初日に,見事な木の実,ヤシの木の葉+,茂った木の枝,谷*のポプラの枝を取り,エホバ神の前で7日間喜ぶ+ 41  年に7日,エホバの祭りとして祝う+。第7の月に祝うべきであり,これは代々ずっと守るべき法令である。 42  仮小屋に7日間住むべきである+。イスラエルに生まれた全ての人が仮小屋に住む。 43  これは,エジプトから連れ出した時に私がイスラエル人を仮小屋に住ませたことを+,あなたたちの後の世代が知るためである+。私はあなたたちの神エホバである』」。 44  モーセは,エホバの季節ごとの祭りについてイスラエル人に話した。

脚注

直訳,「2つの夕方の間」。
または,「苦しんでいる」。
「自分を苦しめる」とは,断食などの制限を自分に課すことだと一般に理解されている。
もしかすると,「断食をしない」。
または,「ワジ」。