レビ記 1:1‐17

  • 全焼の捧げ物1‐17

1  エホバはモーセを呼び,会見の天幕*+中から話した。  「イスラエル人にこう告げなさい。『あなたたちのうちの誰かがエホバに家畜を捧げる場合,牛や羊を差し出すべきである+  全焼の捧げ物として牛を捧げるのであれば,傷のない雄を差し出すべきである+。会見の天幕の入り口で,エホバの前に自分の意志で差し出す+  そしてその全焼の捧げ物の頭に手を置く。そうすれば,それは受け入れられ,その人の贖罪がなされる。  その若い雄牛はエホバの前でほふられる*。祭司+であるアロンの子たちはその血を捧げ,会見の天幕の入り口にある祭壇の全側面に振り掛ける+  その全焼の捧げ物は皮を剝がされ,各部分に切り分けられる+  祭司であるアロンの子たちは祭壇に火を付け+,火の上にまきを並べる。  そして捧げ物の各部分+を,頭も脂肪*も,祭壇で燃えているまきの上に並べる。  腸とすねは水で洗う。祭司は全てを全焼の捧げ物として祭壇で焼いて煙にする。火による捧げ物であり,エホバにとって心地よい*香りとなる+ 10  全焼の捧げ物として若い羊+あるいはヤギを捧げるのであれば,傷のない雄を差し出すべきである+ 11  それはエホバの前で,祭壇の北側でほふられる。祭司であるアロンの子たちは,その血を祭壇の全側面に振り掛ける+ 12  捧げ物は頭や脂肪*など各部分に切り分けられ,祭司はそれらを祭壇で燃えているまきの上に並べる。 13  腸とすねは水で洗う。祭司は全てを捧げ,祭壇で焼いて煙にする。全焼の捧げ物,火による捧げ物であり,エホバにとって心地よい香りとなる。 14  もしエホバへの全焼の捧げ物として鳥を捧げるのであれば,ヤマバトか若いイエバトを差し出す+ 15  祭司はそれを祭壇の所に持っていき,首の部分を裂いて血を祭壇の側面に注いでから,祭壇で焼いて煙にする。 16  そのう*と羽根を取り除いて,祭壇の東側の脇,灰*捨て場に捨てる+ 17  翼の所を切り開くが,2つに切り離してはならない。祭司はその鳥を祭壇で燃えているまきの上で焼いて煙にする。全焼の捧げ物,火による捧げ物であり,エホバにとって心地よい香りとなる。

脚注

用語集参照。
または,「殺される」。
または,「腎臓の辺りの脂肪」。
または,「安らぎの」。
または,「腎臓の辺りの脂肪」。
食べた物を一時的に蓄える器官。
犠牲にした動物の脂が染み込んだ灰のこと。