ルツ記 1:1‐22

  • エリメレクの一家がモアブに移住する1,2

  • ナオミ,オルパ,ルツは夫を亡くす3‐6

  • ルツは,ナオミとナオミの神から離れない7‐17

  • ナオミはルツと一緒にベツレヘムに戻る18‐22

1  裁き人+が裁きを行っていた時代に,飢饉が起きた。そのため,ある男性が妻と2人の息子を連れて,ユダのベツレヘム+からモアブ+の田舎に移住した。  その男性の名前はエリメレク*,妻はナオミ*,息子はマフロン*とキルヨン*で,皆,ユダのベツレヘムつまりエフラタの人だった。一家はモアブの田舎に落ち着いた。  やがてエリメレクは死に,妻のナオミと息子2人が後に残された。  その後,息子たちはそれぞれオルパとルツ+というモアブ人の女性と結婚した。それから10年ほどが過ぎた。  そして息子のマフロンとキルヨンが死に,ナオミは夫にも子供にも先立たれてしまった。  それでナオミは,嫁たちと一緒にモアブの田舎から故国に帰ることにした。エホバがご自分の民に注意を向けて食物*を与えていることを,モアブで聞いたからだった。  ナオミは嫁2人と一緒に,住んでいた場所を離れた。ユダの土地に戻る道を歩いている途中,  ナオミは嫁たちに言った。「さあ,2人とも実家に帰りなさい。エホバがあなたたちに揺るぎない愛を示してくださいますように+。あなたたちも,死んだあの子たちや私に揺るぎない愛を示してくれました。  あなたたちが夫を見つけ,安心して暮らせるよう,エホバが助けてくださいますように*+」。そしてナオミは2人の頰に口づけした。彼女たちは大きな声で泣いた。 10  2人は,「お母さんの国*に一緒に行きます」と言い続けた。 11  しかしナオミは言った。「2人とも,帰りなさい。一緒に来てどうするの。私がまだ男の子を産むことができて,その子たちがあなたたちの夫になるとでもいうの+ 12  2人とも,帰りなさい。私はもうこの年では結婚できないわ。もし今晩誰かと結婚できて,男の子を産めたとしても, 13  その子たちが大人になるのを待つつもりなの? それまで再婚しないの? そんなことはしないで。あなたたちがあまりにもかわいそうだわ。エホバに突き放されたのは私なのに+」。 14  彼女たちはまた大きな声で泣いた。その後,オルパはしゅうとめの頰に口づけして去っていった。しかし,ルツは離れようとしなかった。 15  それでナオミは言った。「オルパは自分の民と神々のもとに帰ったわよ。あなたも一緒に帰りなさい」。 16  しかしルツは言った。「お母さんを見捨てて帰りなさいなんて言わないでください。お母さんと同じ所に行き,同じ所で夜を過ごしたいんです。お母さんの民が私の民,お母さんの神が私の神です+ 17  お母さんと同じ所で死に,そこで葬ってもらいます。生きている限り,ずっと一緒にいます。もしそうしなかったら,エホバが私を厳しく罰しますように」。 18  ルツがどうしても付いてこようとするので,ナオミは説得するのをやめた。 19  2人は旅を続け,ベツレヘムに着いた+。するとすぐに町全体がざわめき始め,女性たちは「あの人は本当にナオミなの?」と言った。 20  ナオミは女性たちに言った。「私をナオミ*ではなく,マラ*と呼んでください。全能者は私にとても苦い経験をさせたからです+ 21  私は多くのものを持って出ていきましたが,エホバは私が全てを失って帰るようにされました。全能者エホバが私をつらい目に遭わせ,不幸にされたのですから+,私をナオミとは呼ばないでください」。 22  こうしてナオミはモアブ人の嫁ルツと一緒にモアブ+の田舎から帰ってきた。2人がベツレヘムに着いたのは,大麦の収穫が始まる頃だった+

脚注

意味,「私の神は王」。
意味,「私の快さ」。
もしかすると,「弱くなる」,「病気になる」という意味のヘブライ語に由来。
意味,「衰える者」,「終わりを迎える者」。
直訳,「パン」。
または,「エホバが贈り物を与え,あなたたちが夫の家で休み場を見つけられますように」。
直訳,「民の所」。
意味,「私の快さ」。
意味,「苦い」。