ルカによる福音書 12:1‐59

  • パリサイ派のパン種1‐3

  • 人を恐れないで,神を畏れなさい4‐7

  • キリストとの結び付きを認める8‐12

  • 愚かである裕福な人の例え13‐21

  • 心配するのをやめなさい22‐34

    • 小さな群れ32

  • 見張っている35‐40

  • 忠実な管理人と不忠実な管理人41‐48

  • 平和ではなく分裂49‐53

  • 時を見分ける必要がある54‐56

  • 論争を解決する57‐59

12  そうしている間に,数え切れないほどの人々が集まってきて足を踏み合うほどになった。イエスはまず弟子たちに言い始めた。「パリサイ派のパン種つまり偽善に気を付けなさい+  しかし,注意深く秘められているものは全て明らかにされ,秘密にされているものは全て知られるようになります+  それで,あなたたちが闇の中で言う事は何でも光の中で聞かれ,自分の部屋でささやく事は屋上から伝えられます。  友よ+,さらに言いますが,体は殺せてもその後は何もできない人たちを恐れてはなりません+  しかし,誰を畏れるべきかを示しましょう。殺した後でゲヘナ*に投げ込む権威がある方を畏れなさい+。そうです,この方を畏れなさい+  スズメ5羽は小額の硬貨2枚*で売っていませんか。それでも,その1羽でさえ神に忘れられる*ことはありません+  ところが,あなたたちは髪の毛まで全て数えられています+。恐れることはありません。あなたたちはたくさんのスズメより価値があるのです+  あなたたちに言いますが,人前で私を認める人全てを+,人の子*も神の天使たちの前で認めます+  しかし,人前で私を認めない人は,神の天使たちの前で認められません+ 10  人の子に逆らう言葉を言う人は皆許されますが,聖なる力を冒瀆する人は許されません+ 11  公の集会*,また政府の役人や権威者の前に連れていかれるとき,どう弁明しようか,何を言おうかと心配してはなりません+ 12  言うべきことは聖なる力によってその時に教えられるからです+」。 13  その時,群衆の中のある人が言った。「先生,相続財産を私と分けるよう私の兄弟に言ってください」。 14  イエスはその人に言った。「私はあなたたち2人の裁判官や仲裁人に任命されていますか」。 15  それから群衆に言った。「じっと見張っていて,あらゆる貪欲*に警戒しなさい+。たくさんの物を持っていても,命は所有物からは生じないからです+」。 16  そして次のような例えを話した。「ある裕福な人の土地で作物が豊かに実りました。 17  そこでその人は心の中で考え始めました。『どうしようか。作物を集める場所がない』。 18  その人は言いました。『こうしよう+。倉を取り壊して,もっと大きいのを建て,そこに穀物などを全て集めるのだ。 19  そして自分に言おう。「おまえはたくさんの良い物を何年分も蓄えることができた。楽にして,食べて,飲んで,楽しめ」』。 20  しかし神は言いました。『無分別な者よ,今夜,あなたの命は取り上げられる。そうしたら,蓄えた物は誰のものになるのか+』。 21  自分のために宝を蓄えても,神から見て裕福でない人はこうなるのです+」。 22  それからイエスは弟子たちに言った。「ですから,何を食べるのだろうかと自分の命のことで,また何を着るのだろうかと自分の体のことで,心配するのをやめなさい+ 23  命は食物より,体は服より価値があります。 24  ワタリガラスのことを考えなさい。種をまいたり刈り取ったりしませんし,納屋も倉も持っていません。それでも神はその鳥を養っています+。あなたたちは鳥よりずっと価値があるのではありませんか+ 25  心配したからといって,誰が自分の寿命を少しでも*延ばせるでしょうか。 26  では,そのような小さなこともできないのに,なぜほかのことについて心配するのですか+ 27  ユリがどのように育つかを考えなさい。苦労して働いたり,糸を紡いだりはしません。しかし,華やかな生活を送ったソロモン王でさえ,このような花の1つほどにも装ってはいませんでした+ 28  神が,今日は生えていて明日火に放り込まれる野の草木にこのように服を与えているなら,ましてあなたたちには服を与えてくださるのです。信仰の少ない人たち。 29  それで,何を食べるのか,何を飲むのかとばかり考えるのをやめ,心配して気をもむのをやめなさい+ 30  これらは全て世の人々が必死に求めているものですが,天の父は,あなたたちがこうしたものを必要としていることを知っています+ 31  そうではなく,神の王国をいつも第一にしなさい。そうすれば,こうしたものはあなたたちに与えられます+ 32  恐れることはありません,小さな群れよ+。天の父は,あなたたちに王国を与えることを喜んでいます+ 33  持ち物を売って,憐れみの施し*をしなさい+。擦り切れない財布,決して尽きることのない宝を天に持ちなさい+。そこでは,泥棒が近づくことも蛾がむしばむこともありません。 34  あなたたちの宝のある所,そこにあなたたちの心もあるのです。 35  身支度を整え*+,ランプをともしていなさい+ 36  主人が披露宴から+帰って来て戸をたたく時にすぐ開けられるように待っている奴隷たちのようでありなさい+ 37  主人が来た時,見張っているところを見られるその奴隷たちは幸せです! 実のところ,主人は前掛けをして,彼らを食卓に着かせ*,給仕してくれます。 38  主人が第2夜警時*に,あるいは第3夜警時*に来たとしても,用意ができているところを見られるなら,奴隷たちは幸せです! 39  とはいえ,このことを知っておきなさい。家の主人は,泥棒がどの時刻に来るかを知っていたなら,家に押し入らせはしなかったでしょう+ 40  あなたたちも用意をしていなさい。思ってもいない時刻に人の子は来るからです+」。 41  その時ペテロが言った。「主よ,この例えは私たちにだけ話しているのですか。それとも,全ての人にですか」。 42  主はこう言った。「主人が,従者たち*に必要な食料を適切な時に与えていくため,彼らの上に任命する忠実な管理人*,思慮深い*者はいったい誰でしょうか+ 43  主人が来て,そうしているところを見るなら,その奴隷は幸せです! 44  実を言うと,主人は自分の全ての持ち物を管理させるためにその奴隷を任命します。 45  しかし,もしもその奴隷が,『主人は来るのが遅い』と心の中で言い,召し使いの男女をたたいて,食べたり飲んだり酔ったりし始めるなら+ 46  その奴隷の主人は,奴隷が予期していない日,思ってもいない時刻に来て,最も厳しく彼を罰し,不忠実な者たちと一緒にならせます。 47  その時,主人の意向を理解していながら用意せず,求められたことを*行わなかったその奴隷は,何度も打ちたたかれます+ 48  しかし,理解せずに打たれるようなことをした人は,少なく打たれます。実際,多く与えられた人には多くのことが要求され,多くを委ねられた人には普通以上のことが要求されます+ 49  私は地上に火をおこすために来ました。そして,すでに火が付けられた以上,さらに願うべきことがあるでしょうか。 50  しかし私には受けるべきバプテスマがあります。それが終わるまで私はどれほど苦しむことでしょう+ 51  私が来たのは地上に平和を与えるためだと思いますか。そうではありません。平和ではなく分裂です+ 52  今後,1つの家で5人が分裂し,3人が2人と,2人が3人と対立します。 53  分裂して,父が息子と,息子が父と対立し,母が娘と,娘が母と対立し,しゅうとめが嫁と,嫁がしゅうとめと対立します+」。 54  イエスは群衆にも言った。「皆さんは,西に雲が出るのを見ると,すぐに『嵐が来る』と言い,そうなります。 55  また,南風が吹いているのが分かると,『熱波が来る』と言い,そうなります。 56  偽善者たち,天気がどうなるかを見分けられるのに,なぜ,この特別な時を見分けられないのですか+ 57  何が正しいかをなぜ自分で判断しないのですか。 58  例えば,訴訟の相手と一緒に支配者の所へ向かう場合,道中で論争の解決に努めるものです。そうしなければ,相手があなたを裁判官の前に呼び出し,裁判官が看守に引き渡し,看守があなたを牢屋に投げ込みます+ 59  実のところ,最後の小さな硬貨*を払い終えるまで,そこから決して出られません」。

脚注

用語集参照。
直訳,「2アサリオン」。付録B14参照。
または,「見過ごされる」。
イエスのこと。用語集参照。
または,「会堂」。
または,「強欲」。
直訳,「1キュビト」。付録B14参照。
用語集参照。
直訳,「腰に帯を締め」。
直訳,「で横にならせ」。
午後9時ごろから真夜中まで。
真夜中から午前3時ごろまで。
または,「家の召し使いたち」。
または,「家令」。
または,「賢い」。
または,「意向に沿って」。
直訳,「最後のレプタ」。付録B14参照。