ヨブ記 6:1‐30

  • ヨブの発言1‐30

    • 声を上げて自分の正しさを訴える2‐6

    • ヨブを慰める人たちは信用できない15‐18

    • 「誠実な言葉は痛みを伴わない!」25

6  ヨブはそれを聞いて言った。   「私の苦悩+が十分に量られ,私の災難もはかりに掛けられればよいのに!   今それは海の砂よりも重い。だから私は言葉が過ぎたのだ*+   全能者の矢が突き刺さった。その矢の毒を私は飲んでいる+神からの恐怖が列を成して私を攻める。   野ロバ+は草があるのに鳴くだろうか。雄牛は飼い葉があるのに声を上げるだろうか。   味のない食べ物は塩なしで食べられるだろうか。アオイの汁に味があるだろうか。   私はそうした食物には触ろうとしなかった。それらはまるで腐った食物のようだ。   私の願いが実現してほしい!私の望みを神にかなえていただきたい!   神が私を砕いてくださればよいのに!手を伸ばして私を消し去ってくださればよいのに+ 10  そうしていただければ,私は慰められるだろう。痛みが続いても小躍りして喜ぶだろう。私は聖なる神+の言葉を否定したことがない。 11  私には待ち続ける力があるだろうか+どんな結末を期待して生き続けるのか。 12  私の力は岩のように強力なのか。私の肉体は銅でできているのか。 13  支えが全て奪われた今,何ができるというのだろう。 14  揺るぎない愛を仲間に示さない人は皆+全能者を畏れ続けることもしない+ 15  私の兄弟たちは冬に流れる川のように信用できない+冬を過ぎると干上がる川の水のように。 16  川は氷で濁り,水中には解けた雪が隠れる。 17  季節が来ると,水が枯れてなくなる。暑くなると,干上がる。 18  進路はそらされ,砂漠に流れて消え去る。 19  その水をテマ+の商人の一団は探し,シェバ+からの旅人たち*は待つ。 20  彼らは,ないものを当てにしたので恥をかく。そこに来てただ失望する。 21  同じように,あなた方も信用できない+私の災難の恐ろしさを見て,恐怖を抱いている+ 22  私は『何かをくれ』と言っただろうか。蓄えの中から私に贈り物をしてほしいとお願いしただろうか。 23  敵の手から助け出してほしいとか,虐げる人から救って*ほしいなどと頼んだだろうか。 24  教えてくれ。そうすれば黙ろう+私の間違いを理解させてほしい。 25  誠実な言葉は痛みを伴わない+しかし,あなた方から戒められても何も良いことがない+ 26  絶望した人の言葉+は,風に吹き飛ばされるようなもの。それなのに私の言葉を戒めようとたくらむのか。 27  あなた方は孤児を巡ってくじを引き+友人を売ってしまう*+ 28  今こちらを向いて私を見てくれ。私は面と向かってうそをついたりしない。 29  考え直してもらいたい。誤解しないでほしいのだ。ぜひ考え直してほしい。私の正しさはいまだに損なわれていない。 30  私は間違ったことを言っているのだろうか。間違いに気付けないのだろうか。

脚注

または,「軽率に話してしまった」。
または,「シバ人の旅人の一団」。
直訳,「買い戻して」。
または,「と引き換えに物を得る」。