ヨブ記 38:1‐41

  • エホバは人の弱小さを教える1‐41

    • 大地が造られた時,あなたはどこにいたのか4‐6

    • 神の子たちは称賛の叫び声を上げた7

    • 自然現象についての問い掛け8‐32

    • 「天体を統御する法則」33

38  そこでエホバは暴風の中からヨブに言った+   「知らないのに言葉を発し,私の考えを覆い隠しているのは誰か+   男らしく,私の問いに向き合ってみなさい。私はあなたに質問しよう。あなたは私に答えなさい。   私が大地を据えた時,あなたはどこにいたのか+教えてほしい。もし理解していると言うのなら。   誰が大地の寸法を定めたのか,誰が大地の上に測り綱を伸ばしたのか,もし知っているのなら教えてほしい。   大地の受け台は何の中に埋まっているのか。誰が大地の隅石を据えたのか+   その時,明けの星+が共に喜びの叫び声を上げ,神の子たち*+が皆,称賛の叫び声を上げ始めた。   海水が,母の腹から出るかのように湧き出た時,誰がそれを扉でせき止めたのか+   その時,私は海の水に雲を着せ,濃い暗闇で包み込み, 10  海のための境界を定め,かんぬきと扉を据え+ 11  こう言った。『ここまでは来てよいが,これ以上はいけない。あなたの荒波はここで止まるのだ+』。 12  あなたは朝に対して命令を出したことがあるか。夜明けに対して,出てくるべき場所を教え+ 13  地の果てまでも照らさせ,悪人をそこから追い払わせたことがあるか+ 14  大地は印章の下の粘土のように姿を変え,そこにあるいろいろなものが衣服を着たかのようにはっきりと見えてくる。 15  悪人は自分たちの光を奪われ,高く上げた腕を折られる。 16  あなたは海の源まで下ったことがあるか。深海を探検したことがあるか+ 17  死の門+があなたに明らかにされたことがあるか。深い闇*の門を見たことがあるか+ 18  大地の広さを理解しているのか+教えてほしい。もし全てを知っているのなら。 19  どの方向に進めば,光が住む所にたどり着けるのか+また,闇の場所はどこか。 20  あなたはそれらを元の領域に戻せるのか。それらの帰り道を理解しているのか。 21  これらのことをあなたは知っているのだろう。当時あなたはすでに生まれていて,今はとても年を取っているのだから。 22  あなたは雪の倉に入ったことがあるか+ひょうの倉を見たことがあるか+ 23  私は雪やひょうを,苦難の時のため,戦いと戦争の日のために蓄えた+ 24  光*はどこから分散するのか。東風はどこから来て地上に吹くのか+ 25  誰が,洪水のための水路を開き,雷雲の通り道をつくったのか+ 26  誰が,人が住んでいない所や,人がいない荒野に雨を降らせるのか+ 27  誰が,荒れた原野を潤し,草を芽生えさせるのか+ 28  雨には父親がいるか+露を生じさせたのは誰か+ 29  氷は誰の腹から出てきたのか。天の霜を産んだのは誰か+ 30  誰が,水を石で覆うかのように隠し,深い水の表面を固く凍らせたのか+ 31  あなたはキマ星座*を結び合わせておけるか。ケシル星座*の綱をほどくことができるか+ 32  あなたは季節に沿って星座*を引き出せるか。アシ星座*とその子たちを導くことができるか。 33  あなたは天体*を統御する法則を知っているか+天体*に働き掛けて地上に影響を及ぼすようにできるか。 34  声を上げて雲に話し掛け,雨を洪水のように降らせることができるか+ 35  稲妻を送り出すことができるか。それはあなたの所に来て,『ここにおります』と言うか。 36  誰が雲*の中に知恵を置いたか+誰が空の現象*に理解力を与えたか+ 37  誰が雲を数えることができるほどに賢いか。誰が天の水がめを傾けることができるか+ 38  誰が,土を注ぎ出して塊にし,地面の土くれがくっつき合うようにするのか。 39  あなたはライオンのために獲物を狩ることができるか。若いライオンの食欲を満たせるか+ 40  ライオンがすみかに身を潜め,隠れ場で横になって待ち伏せする時に。 41  誰がワタリガラスに食べ物を備えるのか+ワタリガラスの子が,食べ物がなくてさまよい,神に助けを求めて叫ぶ時に。

脚注

ヘブライ語の慣用句。神の天使たちを指す。
または,「死の陰」。
もしかすると,「稲妻」。
おうし座のプレアデス星団のことかもしれない。
オリオン座のことかもしれない。
直訳,「マザロト」。王二 23:5では,関連した表現の複数形が黄道帯の星座を指して用いられている。
おおぐま座のことかもしれない。
直訳,「天」。
もしかすると,「神」。
もしかすると,「人」。
もしかすると,「人の頭」。