ヨブ記 35:1‐16

  • エリフはヨブの間違った考え方を指摘する1‐16

    • ヨブは自分が神よりも正しいと言った2

    • 神は高い所にいて,罪の影響を受けない5,6

    • ヨブは神を待たなければならない14

35  エリフは続けた。   「あなたは『私は神よりも正しい』と言いました+それほどまでに自分が正しいと確信しているのですか。   『あなた*に何の関係があるのですか。罪を犯す人でも,これほどの目に遭うことはあるでしょうか』とも言っています+   私があなたに答えましょう。あなたの友人たち+にもです。   天を見上げてください。あなたよりはるか上にある雲を眺めてください+   あなたが罪を犯したとして,神に傷を負わせることはできますか+あなたが違反を増やしたとして,神に被害がありますか+   あなたが正しい人だったとして,神に何を与えることができますか。神はあなたから何を受け取りますか+   あなたの悪は,あなたのような人間にだけ影響し,あなたの正しさは,人の子にだけ影響します。   人はひどく虐げられると叫び声を上げ,強い者の支配*からの解放を求めて叫びます+ 10  しかし誰もこう言いません。『神はどこだろう。私を造った偉大な方は+人は夜,その方のことを賛美して歌わずにはいられない+』。 11  神は,地上の野獣に教える以上のことを+私たちに教えてくださり+私たちを空の鳥よりも賢くしてくださいます。 12  人々が叫んでも,神は答えません+悪人が誇っているからです+ 13  むやみに叫んでも*神は決して聞かず+,全能者は決して注意を払いません。 14  あなたが神は何もしてくれないと不平を言うなら,なおさらではありませんか+あなたの件は神の前にあるのですから,あなたは神をひたすら待たなければなりません+ 15  神は,怒りを抱いて責任を問うことはせず,目に余るあなたの軽率さを気に留めることもしていません+ 16  このような訳で,ヨブは無駄に口を大きく開いて,知りもしないのに言葉を発し続けます+」。

脚注

神のことを指していると思われる。
直訳,「腕」。
または,「偽りを語っても」。