ヨブ記 30:1‐31

  • ヨブは境遇の変化を言い表す1‐31

    • どうしようもない人たちにあざ笑われた1‐15

    • 神に助けてもらえないと感じた20,21

    • 皮膚は黒くなった30

30  ところが今,私より若い人たちが私のことを笑う+彼らの父親たちには,私の羊の番犬に近づくことさえ許さなかったのに。   彼らの手にある力は,私にとって何の役に立っただろうか。彼らの活力は消えうせた。   彼らは貧困と飢えで痩せ細り,すでに荒廃して乾き切った土地をかじる。   彼らは茂みから塩気のある葉を集める。エニシダの木の根を食べる。   彼らは世間から追い出される+人々は泥棒に対して叫ぶかのように彼らに向かって叫ぶ。   彼らは渓谷*の斜面に,穴蔵や洞窟に住む。   茂みで叫び,イラクサの間で身を寄せ合う。   彼らは愚か者の子として,名もない人の子として,この土地から追い出された。   ところが今,彼らは私のことを歌にしてあざ笑う+私は彼らの軽蔑の的になった+ 10  彼らは私をひどく嫌い,私から遠ざかる+ためらうことなく私の顔に唾を掛ける+ 11  神が私を無力にし,卑しめたので,彼らは私の前でつけ上がる* 12  彼らは私の右から暴徒のように襲ってくる。私を敗走させ,私が行く道に命取りの障壁を作る。 13  彼らは私の通り道を寸断し,私をますますひどい目に遭わせる+彼らを止める*者はいない。 14  彼らは城壁を押し破るかのように来る。私が疲れ果てている時に押し寄せる。 15  恐ろしいことが私に降り掛かる。私の尊厳は風のように吹き払われ,救われる望みは雲のように消え去る。 16  今,私の命は尽きようとしている+苦痛の日々+が私を捕らえる。 17  夜,私の骨に激痛が走る*+強烈な痛みがやまない+ 18  私を覆う物は強い力を受けて様相を変え*私の衣服の襟のように私を締め付ける。 19  神は私を泥の中に投げ入れた。私は土や灰同然になってしまった。 20  神よ,あなたに助けを求めて叫びますが,あなたは答えてくださいません+私は立ちますが,あなたはただ私をご覧になるだけです。 21  あなたは無情にも私に敵対しました+ご自分の力強い手で私を襲います。 22  あなたは私をつかみ上げて風に運ばせ,嵐の中に放り込み*ます。 23  あなたは私を死へと連れていくのでしょう。生きている人全てがいずれ集まる家へと。 24  痛手を受けた人が災難に遭い,助けを求めて叫んでいる時に,その人にとどめを刺すようなことは誰もしない+ 25  私は,苦しい時を経験した人たちのために泣かなかっただろうか。貧しい人たちのために悲しまなかっただろうか+ 26  私は良いことを期待したのに,悪いことが来た。光を待っていたのに,暗闇が来た。 27  心の動揺が静まらなかった。苦痛の日々が私の前に立ちはだかった。 28  日の光がない中,私は暗い気持ちで歩き回る+皆の間で立ち上がり,助けを求めて叫ぶ。 29  私はまるでジャッカルの兄弟となり,ダチョウの仲間となった+ 30  私の皮膚は黒くなって剝がれ落ち+骨は暑さ*で燃えた。 31  私のたて琴はただ悲しみを奏で,笛は泣く声を響かせる。

脚注

または,「ワジ」。
または,「手綱を手放す」。
もしかすると,「助ける」。
直訳,「はえぐり抜かれる」。
もしかすると,「私はひどい苦痛のせいで醜くなり」。
もしかすると,「私を一撃で粉砕し」。
もしかすると,「発熱のせい」。