ヨブ記 2:1‐13

  • サタンは再びヨブの動機を疑う1‐5

  • サタンはヨブの体に傷を負わせることを許される6‐8

  • ヨブの妻は「神を侮辱して死んでしまいなさい!」と言う9,10

  • ヨブの3人の友人が来る11‐13

2  その後,真の神の子たち*+が来てエホバの前に立つ日となった+。サタンも来て,エホバの前に立った+  エホバはサタンに,「どこから来たのか」と尋ねた。サタンはエホバに答えた。「地上を巡り,歩き回ってきました+」。  エホバはサタンに言った。「私に仕えるヨブに注目したか。地上に彼のような人はほかにいない。神に忠誠を尽くす*正直な人で+,神を畏れ,悪から離れている。今でも私に忠誠を尽くしている+。あなたが私をけしかけ,不当にも彼を破滅させ*ようとしているのに+」。  サタンはエホバに答えた。「誰でも自分の身が一番*です。人は自分の命を守るために,自分が持つもの全てを差し出します。  試しに,あなたの手を出して,彼の体に傷を負わせて*ください。彼はきっと面と向かってあなたを侮辱します+」。  エホバはサタンに言った。「いいだろう,あなたの手に委ねよう。ただし,命を奪ってはならない!」  そこで,サタンはエホバの前から出ていき,ヨブの体に,頭のてっぺんから足の裏まで,痛みの伴う腫れ物*を生じさせた+  ヨブは土器のかけらを手に取って体をかき,灰の中に座っていた+  ヨブの妻はヨブに言った。「こうなってもまだ神に忠誠を尽くそうとするの? 神を侮辱して死んでしまいなさい!」 10  しかし,ヨブは妻に言った。「まるで愚かな女性が話しているみたいだ。私たちは真の神から良いことだけを受けて,悪いことは受けないのだろうか+」。この一連の出来事の中で,ヨブは言葉*で罪を犯すことがなかった+ 11  ヨブの3人の友人*は,ヨブに生じた数々の災難について聞いた。テマン人エリパズ+,シュアハ人+ビルダド+,ナアマ人ツォファル+である。3人はヨブに同情して慰めようと,一緒に行く約束をし,それぞれ自分の所からやって来た。 12  そして遠くからヨブを見たが,本人だと分からなかった。3人は大声で泣いて衣服を引き裂き,土を頭上に放り上げた+ 13  7日間ずっと*,ヨブと一緒に地面に座っていた。ヨブの痛みが大変ひどいのを見て,誰も話し掛けなかった+

脚注

ヘブライ語の慣用句。神の天使たちを指す。
または,「非難されるところがない」。
直訳,「のみ込ませ」。
直訳,「皮膚のためには皮膚」。
直訳,「骨と肉にまで触れて」。
または,「ひどい潰瘍」。
直訳,「唇」。
または,「知人」。
直訳,「7日7夜」。