ヨハネによる福音書 11:1‐57

  • ラザロの死1‐16

  • イエスはマルタとマリアを慰める17‐37

  • イエスはラザロを復活させる38‐44

  • イエスを殺すたくらみ45‐57

11  さて,ラザロという男性が病気だった。マリアとその姉妹マルタ+の村ベタニヤの人である。  このマリアは,主イエスに香油を注ぎ,イエスの足を髪の毛で拭いて乾かした人である+。その兄弟ラザロが病気だった。  この姉妹たちは人を遣わしてイエスに次のように伝えた。「主よ,あなたが愛情を抱いている者が病気です」。  しかしイエスはそれを聞いて,こう言った。「この病気は死で終わるのではなく,神に栄光をもたらし+,神の子も栄光を受けます」。  イエスはマルタとマリアとラザロを愛していた。  しかし,ラザロが病気だと聞いても,同じ所にさらに2日とどまっていた。  その後,弟子たちに,「もう一度ユダヤに行きましょう」と言った。  弟子たちは言った。「ラビ+,ついこの間ユダヤ人たちに石打ちにされそうになったのに+,また行くのですか」。  イエスは答えた。「昼間は12時間あるのではないでしょうか+。誰でも昼間に歩くなら何にもぶつかりません。人々*のための光によって見ることができるからです。 10  しかし,誰でも夜歩くなら何かにぶつかります。光がその人の内にないからです」。 11  イエスはこれらのことを述べた後,さらにこう言った。「友のラザロは眠っていますが+,私は起こしに行きます」。 12  弟子たちは言った。「主よ,眠っているのであれば,良くなるでしょう」。 13  イエスは実際にはラザロの死について話していたが,弟子たちは,眠って休んでいることについて話していると思った。 14  それでイエスははっきり言った。「ラザロは死にました+ 15  私がそこにいなかったことは,あなたたちのためになります。あなたたちの信仰は強められます。さあ,行きましょう」。 16  そこで,双子と呼ばれるトマスが仲間の弟子たちに言った。「私たちも行って,共に死のうではないか+」。 17  イエスが到着した時,ラザロが墓*に入れられて4日たっていた。 18  ところで,ベタニヤはエルサレムから3キロほどの所にあった。 19  それで大勢のユダヤ人が,兄弟を亡くしたマルタとマリアを慰めに来ていた。 20  マルタはイエスが来ると聞いて会いに行ったが,マリア+は家で座っていた。 21  そしてマルタはイエスに言った。「主よ,もしここにいてくださったなら,私の兄弟は死ななかったでしょう。 22  でも,あなたが求めるどんなことも神がかなえてくださると今でも信じています」。 23  イエスは言った。「あなたの兄弟は生き返ります」。 24  マルタは言った。「終わりの日の復活の時に+彼が生き返ることは知っています」。 25  イエスは言った。「私は復活であり,命です+。私に信仰を抱く人は死んでも生き返ります。 26  そして,生きていて私に信仰を抱く人は皆,決して死ぬことがありません+。このことを信じますか」。 27  マルタは言った。「はい,主よ。あなたがキリスト,神の子で,世に来ることになっていた方だと信じています」。 28  マルタはそう言ってから,去っていって姉妹のマリアを呼び,そっと言った。「先生+が来ていて,あなたを呼んでいます」。 29  マリアはそれを聞くと急いで立ち上がり,イエスの所に行った。 30  イエスはまだ村に入っておらず,マルタと会った場所にいた。 31  家でマリアを慰めていたユダヤ人たちは,マリアが急いで立って出ていったので,墓*+行って泣くのだろうと思い,後に付いていった。 32  マリアは,イエスがいる所に着いてイエスを見つけると,その足元にひれ伏して,「主よ,もしここにいてくださったなら,私の兄弟は死ななかったでしょう」と言った。 33  イエスは,マリアが泣き,一緒に来たユダヤ人たちも泣いているのを見ると,心の中でうめき,苦悩した。 34  そして,「ラザロをどこに横たえたのですか」と言った。人々は,「主よ,一緒に来てください」と言った。 35  イエスは涙を流した+ 36  それでユダヤ人たちは言いだした。「見なさい,本当に愛情を抱いていたのだ」。 37  しかし,ある人たちは言った。「この人は目が見えない人の目を開けたが+,彼が死ぬのは防げなかったのだろうか」。 38  イエスは,再び心の中でうめいてから,墓*に来た。それは洞窟で,入り口が石でふさがれていた。 39  イエスは,「石をどけてください」と言った。兄弟を亡くしたマルタが言った。「主よ,もう臭くなっているに違いありません。4日たっています」。 40  イエスは言った。「信じるなら神の輝かしい力を見る+,とあなたに言いませんでしたか」。 41  石がどけられると,イエスは天を見上げて+,こう言った。「父よ,私の願いを聞いてくださり,感謝いたします。 42  いつも聞いてくださることは知っていますが,周りに立つ人々のために言っています。あなたが私を遣わされたことをこの人々が信じるためです+」。 43  イエスはそう言い終えると,大声で叫んだ。「ラザロ,出てきなさい+!」 44  すると,死んでいたラザロが,手足に布を巻かれたまま出てきた。顔にも布が巻かれていた。イエスは言った。「ほどいて,歩けるようにしてあげなさい」。 45  こうして,マリアの所に来ていたユダヤ人の多くが,イエスがしたことを見て信仰を持った+ 46  しかし,ある人たちはパリサイ派の人たちの所に行って,イエスがしたことを話した。 47  そのため,祭司長とパリサイ派の人たちはサンヘドリン*を招集して,こう言った。「この男が多くの奇跡*を行っているが,私たちはどうすべきだろうか+ 48  このまま放っておいたら,皆が彼に信仰を持ち,ローマ人がやって来て,私たちの神殿*も国民も奪い去ってしまう」。 49  その年に大祭司だったカヤファ+という人がいて,こう言った。「皆さんは何も分かっていません。 50  国民全体が滅ぼされるよりも1人の人が民のために死ぬ方が皆さんにとってよい,ということを考えていません」。 51  カヤファはこれを独自の考えで言ったのではなく,その年に大祭司だったので預言していたのである。すなわち,イエスが国民のために死ぬこと, 52  しかもそれはこの国民のためだけではなく各地に散る神の子供たちを一つに集めるためでもあることを預言していたのである。 53  その場にいた人たちはその日以来,イエスを殺そうとして相談した。 54  このため,イエスはもうユダヤ人の間を表立って歩くことはせず,荒野に近い地方のエフライム+という町に行き,弟子たちと共にそこにとどまった。 55  ユダヤ人の過ぎ越しの祭り+が近づいていたので,多くの人が儀式上の清めをするために,過ぎ越しの前に地方からエルサレムに上っていった。 56  人々はイエスを捜し,神殿内のあちこちに立って互いにこう言っていた。「どう思う。彼は祭りには来ないと思うか」。 57  祭司長とパリサイ派の人たちは,イエスがどこにいるかを知ったら通報するようにという命令を出していた。イエスを捕まえるためだった。

脚注

直訳,「世」。
または,「記念の墓」。
または,「記念の墓」。
または,「記念の墓」。
用語集参照。
直訳,「しるし」。
直訳,「場所」。