ヨハネによる福音書 10:1‐42

  • 羊飼いと羊の囲い1‐21

    • イエスは立派な羊飼い11‐15

    • 「私にはほかの羊がいます」16

  • ユダヤ人たちが献納の祭りでイエスに会う22‐39

    • 多くのユダヤ人は信じようとしない24‐26

    • 「私の羊は私の声を聞きます」27

    • 父と子は結び付いている3038

  • ヨルダン川の向こう側で多くの人が信じる40‐42

10  「はっきり言っておきます。羊の囲いに,戸口を通ってではなくほかの所を乗り越えて入る人は,泥棒や強盗です+  一方,羊飼いは戸口を通って入ります+  戸口番は羊飼いに対して戸口を開け+,羊は彼の声を聞きます+。羊飼いは自分の羊の名前を呼んで連れ出します。  自分の羊を全て外に出すと,その先頭を行きます。羊は後に付いていきます。羊飼いの声を知っているからです。  知らない人には決して付いていかず,かえって逃げます。その人たちの声を知らないからです」。  イエスはこの例えを話したが,ユダヤ人たちはイエスが言っていることを理解できなかった。  それでイエスは再び言った。「はっきり言っておきますが,私は羊が通る戸口です+  私のふりをして来た人は皆,泥棒や強盗です。しかし羊は彼らの言うことを聞きませんでした。  私は戸口です。私を通って入るなら救われ,出入りして牧草地を見つけます+ 10  泥棒は,盗み,殺し,滅ぼすためにしか来ません+。私は,羊が命を得て生き続けるために来ました。 11  私は立派な羊飼いです+。立派な羊飼いは羊のために命をなげうちます+ 12  雇われ人は,羊飼いでも羊の所有者でもないので,オオカミが来るのを見ると,羊を見捨てて逃げます。(オオカミは羊を襲い,散らします。) 13  彼は雇われ人で,羊のことを気に掛けないからです。 14  私は立派な羊飼いで,自分の羊を知っており,私の羊も私を知っています+ 15  ちょうど天の父が私を知っており,私が父を知っているのと同じです+。そして私は羊のために命をなげうちます+ 16  私にはほかの羊がいますが,この囲いのものではありません+。私はその羊たちも連れてこなければならず,それらも私の声を聞きます。こうして,1つの群れ,1人の羊飼いとなります+ 17  父は私を愛してくださいます+。私が命をなげうつからです+。それは私が再び命を受けるためです。 18  誰かが私の命を奪うのではありません。私自らなげうつのです。私は命をなげうつ権限があり,再び受ける権限があります+。この命令は父から受けました」。 19  ユダヤ人たちはこの話を聞いて,再び意見が分かれた+ 20  多くの人が,「彼は邪悪な天使に取りつかれ,頭がおかしくなっている。なぜ彼の言うことを聞くのか」と言っていた。 21  一方,「あのような話は邪悪な天使に取りつかれた人にはできない。邪悪な天使が,目が見えない人の目を開けられるはずがない」と言う人もいた。 22  その頃,エルサレムで献納の祭りが行われた。それは冬で, 23  イエスは,神殿にあるソロモンの柱廊+を歩いていた。 24  ユダヤ人たちがイエスを取り巻いて,こう言いだした。「いつまで私たちを迷わせるのですか。あなたがキリストなら,はっきりそう言ってください」。 25  イエスは答えた。「私は言いましたが,あなた方は信じません。父の名によって私が行っている事柄を見れば,私が誰かは明らかです+ 26  しかしあなた方は信じません。私の羊ではないからです+ 27  私の羊は私の声を聞きます。私は彼らを知っており,彼らは私に付いてきます+ 28  私は彼らに永遠の命を与え+,彼らは決して滅ぼされません。私の手から彼らを奪う者はいません+ 29  天の父が私に与えてくださった羊は,ほかの全てのものより大切であり,誰も父の手からそれを奪うことはできません+ 30  私と父とは一つです*+」。 31  ユダヤ人たちはまたしても,石を拾ってイエスを石打ちにしようとした。 32  それでイエスは言った。「私は,天の父が命じた立派な行いをあなた方の前で数多くしました。そのうちどの行いのために,私を石打ちにするのですか」。 33  ユダヤ人たちは答えた。「石打ちにするのは,立派な行いのためではなく,冒瀆のためだ+。人間なのに自分を神とするからだ」。 34  イエスは答えた。「律法の中に,『私は言った。「あなたたちは神*+」』と書かれていませんか。 35  神にとがめられた人たちが『神+』と呼ばれ,その聖句は取り消せないのに, 36  父が神聖なものとして世に遣わした私が,自分は神の子だと言うと+,『神を冒瀆している』と言うのですか。 37  私が父の望むことを行っていないなら,私を信じてはなりません。 38  しかし行っているなら,たとえ私を信じないとしても,その行いを信じなさい+。そうすれば,父と私が結び付いていることが分かり+,さらによく分かるようになります」。 39  そこでユダヤ人たちは再びイエスを捕まえようとしたが,イエスは彼らの手が届かない所へ逃れた。 40  イエスは再びヨルダン川を渡り,ヨハネが最初にバプテスマを施していた所+へ行って,そこにとどまった。 41  すると,大勢の人が来て,こう言いだした。「ヨハネは奇跡*を一つも行わなかったが,ヨハネがこの人について言ったことは全て本当だった+」。 42  そこでは多くの人がイエスに信仰を持った。

脚注

または,「一致しています」。
または,「神のような者」。
直訳,「しるし」。