ヨナ書 4:1‐11

  • ヨナは怒り,死にたくなる1‐3

  • エホバはヨナに憐れみについて教える4‐11

    • 「あなたがそのように怒るのは正しいことなのか」4

    • ヒョウタンを使って教える6‐10

4  だが,このことはヨナにとって非常に不愉快だった。彼は激しく怒った。  それでエホバに祈った。「ああ,エホバ,私が自分の土地にいた時に思ったのは,まさにこのことです。だから私は最初タルシシュに逃げようとしたのです+。あなたが思いやり*があって憐れみ深い神で,すぐに怒らず,揺るぎない愛に満ち+,災いのことを悲しむ方であるのを知っていたのです。  エホバ,どうか私の命を取り去ってください。生きているより死んだ方がましです+」。  エホバは尋ねた。「あなたがそのように怒るのは正しいことなのか」。  その後,ヨナは都市から出ていって,都市の東に腰を下ろした。そこに簡単な小屋を作り,その陰に座って,都市に何が起きるかを見ようとした+  エホバ神は1本のヒョウタン*を生えさせ,ヨナの上に伸びてくるようにした。頭上に日陰ができ,ヨナは不快感から解放された。ヨナはヒョウタンのことをとても喜んだ。  しかし翌日の夜明けに,真の神は1匹の虫を送った。虫がヒョウタンを襲ったので,ヒョウタンは枯れた。  太陽が照りだすと,神は東から熱風も送った。太陽がヨナの頭に照り付け,ヨナはぐったりした。彼は死なせてほしいと繰り返し願い,「生きているより死んだ方がましです」と何度も言った+  神はヨナに尋ねた。「あなたがヒョウタンのことでそのように怒るのは正しいことなのか+」。 ヨナは言った。「正しいことです。死にたくなるほど怒っています」。 10  エホバは言った。「あなたは,自分で手間をかけたわけでも育てたわけでもないヒョウタンを惜しんでいる。それは一夜にして育ち,一夜にして枯れた。 11  一方,大都市ニネベ+には,何が良くて何が悪いか*を知らない12万人以上の人や多くの家畜がいる。私がニネベを惜しむのはもっともなことではないか+」。

脚注

または,「慈しみ」。
もしかすると,「トウゴマ」。
または,「右と左の違い」。