ヨシュア記 22:1‐34

  • 東側の部族は家に帰る1‐8

  • ヨルダン川の所に作られた祭壇9‐12

  • 祭壇の意味が説明される13‐29

  • 問題は解消する30‐34

22  ヨシュアはルベン族とガド族,マナセ族の半分を呼んで,  こう言った。「皆さんは,エホバの奉仕者モーセが命じた全てのことを行いました+。私が命じた全てのことにも従いました+  今日までずっと,皆さんは兄弟たちを見捨てず+,エホバ神のおきてを守ってきました+  エホバ神は,約束通り皆さんの兄弟たちが安心して住めるようにしてくださいました+。それで,自分たちの天幕に,エホバの奉仕者モーセがヨルダン川の向こう側*で皆さんに与えた土地に戻りなさい+  ただ,エホバの奉仕者モーセが命じたおきてと律法をよく注意して守りなさい+。皆さんの神エホバを愛し+,神の道をひたすら歩み+,おきてを守り+,神にしっかり付き+,心を尽くし自分の全てを尽くして+仕える+のです」。  ヨシュアは彼らのために祝福を願い求めて送り出し,彼らは自分たちの天幕に向かった。  マナセ族の半分はモーセからバシャンで土地を与えられており+,残りの半分は兄弟たちと一緒にヨシュアからヨルダン川の西側で土地を与えられた+。さらに,ヨシュアは彼らを天幕へと送り出す際,彼らのために祝福を願い求め,  こう言った。「たくさんの富と非常に多くの家畜,銀,金,銅,鉄,大量の衣服を持って自分たちの天幕に帰りなさい+。敵から奪った戦利品+を兄弟たちと分けなさい」。  こうして,ルベン族とガド族,マナセ族の半分は他のイスラエル人のもとから,カナン地方のシロから出発した。ギレアデの土地+へ,モーセを通して与えられたエホバの指示で住むようになった所有地+へ戻るためだった。 10  ルベン族とガド族,マナセ族の半分は,カナン地方のヨルダン川付近に来た時,ヨルダン川のそばに祭壇を作った。目を引くような大きな祭壇だった。 11  その後,他のイスラエル人は,「ルベン族とガド族,マナセ族の半分が,カナン地方の境界,ヨルダン地方のイスラエル人の側に祭壇を作った」と伝え聞いた+ 12  そのことを聞くと,イスラエル人の民全体は彼らを攻めようとしてシロに集合した+ 13  イスラエル人は,ギレアデの土地にいるルベン族とガド族,マナセ族の半分に,祭司であるエレアザルの子ピネハス+を遣わした。 14  イスラエルの各部族の長10人も一緒だった。それぞれがイスラエルの数千人*の間で家長*だった+ 15  その人たちはギレアデの土地にいたルベン族とガド族,マナセ族の半分の所に来て,こう言った。 16  「エホバの民全員はこう言っています。『イスラエルの神に対してしたこの不忠実な行いはどういうことですか+。皆さんは今日,エホバに従うのをやめ,自分たちで祭壇を作ってエホバに反逆しました+ 17  ペオルでの過ちでは足りないのですか。エホバの民に災厄が降り掛かったとはいえ+,私たちは今もその過ちから清められていません。 18  今日,皆さんはエホバに従うのをやめようとしています。皆さんがエホバに反逆するなら,神は明日,イスラエルの民全体に対して憤ります+ 19  皆さんが所有する地方が汚れているのであれば,エホバが所有する地方+,エホバの幕屋がある所+へ渡ってきて,私たちの間に定住してください。エホバに反逆してはなりません。私たちの神エホバの祭壇のほかに自分たちで祭壇を作らないでください+。私たちまで反逆者とならないためです。 20  ゼラハの子アカン+が,処分される*ものに関して不忠実な行いをした時,イスラエルの民全員に対して憤りが生じたのではありませんでしたか+。過ちのせいで死んだのは彼だけではありませんでした+』」。 21  ルベン族とガド族,マナセ族の半分は,イスラエルの数千人*を率いる長たち+にこう答えた。 22  「神の中の神*,エホバ! 神の中の神,エホバ+! その方は知っており,イスラエルも知るでしょう。もし私たちがエホバに反逆し不忠実なら,今日私たちを容赦しないでください。 23  もしエホバに従うのをやめて,全焼の捧げ物や穀物の捧げ物や共食の犠牲を捧げるために,自分たちで祭壇を作ったのであれば,エホバに処罰されます+ 24  でも,そうしたのは心配だったからです。将来,皆さんの子が私たちの子にこう言うのではないかと思ったのです。『皆さんはイスラエルの神エホバとどんな関係があるのですか。 25  エホバはヨルダン川を,私たちと皆さんルベン族やガド族との境界としました。皆さんはエホバと何の関わりもありません』。そうして私たちの子がエホバを崇拝*できなくなるのではないかと思いました。 26  それで言いました。『ぜひとも行動を起こし,祭壇を作りましょう。全焼の捧げ物や犠牲のためではありません。 27  それを皆さんと私たちと私たちの子孫*との間の証拠とし+,私たちが全焼の捧げ物と犠牲と共食の犠牲によってエホバへの奉仕を行うということを示すのです+。将来,皆さんの子が私たちの子に,「皆さんはエホバと何の関わりもありません」などと言わないためです』。 28  私たちは言いました。『将来,もし私たちや私たちの子孫*がそう言われたら,こう言いましょう。「父祖たちが作ったエホバの祭壇の複製を見てください。全焼の捧げ物や犠牲のためのものではなく,皆さんと私たちとの間の証拠です」』。 29  私たちがエホバに反逆し,幕屋の前にある私たちの神エホバの祭壇以外に,全焼の捧げ物や穀物の捧げ物や犠牲のための祭壇を作って+,今日エホバに従うのをやめることなど考えられません+」。 30  祭司ピネハスと,民の長たち,イスラエルの数千人*を率いる長たち+は,ルベン,ガド,マナセの子孫が話した言葉を聞いて,納得した。 31  祭司であるエレアザルの子ピネハスは,ルベン,ガド,マナセの子孫に言った。「エホバが私たちの間におられることが今日分かりました。皆さんはエホバに対して不忠実な行いをしていません。皆さんはイスラエル人をエホバから救い出しました」。 32  祭司であるエレアザルの子ピネハスと長たちは,ギレアデの土地にいたルベン族やガド族の所からカナン地方に戻り,他のイスラエル人に報告した。 33  イスラエル人は報告に納得した。神を賛美し,ルベン族やガド族を攻めて彼らが住む土地を荒廃させることについてはもう話さなかった。 34  ルベン族やガド族はその祭壇に名前を付けた*。「それは,エホバが真の神であるという私たちの間での証拠である」からだった。

脚注

東側のこと。
または,「氏族」。
または,「父方の家の頭」。
または,「滅ぼし尽くされる」。
または,「氏族」。
または,「神である者,神」。
直訳,「畏れることが」。
直訳,「後の世代」。
直訳,「後の世代」。
または,「氏族」。
文脈からすると,祭壇は「証拠」という名前を付けられたと思われる。