ヤコブの手紙 1:1‐27

  • あいさつの言葉1

  • 忍耐するなら幸せになる2‐15

    • 信仰の質が試される3

    • 信仰を持って求め続ける5‐8

    • 欲望は罪と死につながる14,15

  • 良い贈り物は全て天から来る16‐18

  • 神の言葉を聞いて実践する19‐25

  • 清く汚れのない崇拝26,27

1  神と主イエス・キリストの奴隷であるヤコブ+から,各地に散っている12部族へ。 あいさつを送ります。  私の兄弟たち,さまざまな試練に遭う時,それを喜ばしいことと考えましょう+  ご存じの通り,そのようにして信仰の質が試されると,忍耐力が身に付くからです+  忍耐するのをやめないでください。忍耐がその役割を果たす時,皆さんは完全になり,全ての点で健全な,欠けたところがない人になります+  皆さんの中に知恵の欠けた人がいるなら,その人は神に求め続けてください+。神はとがめたり*せず,全ての人に惜しみなく与えてくださるからです+。求め続ければ与えられます+  ただし,少しも疑わず+,信仰を持って求め続けなければなりません+。疑う人は,風に吹かれて揺れ動く海の波のようです。  そういう人は,エホバ*から何かを頂けると思ってはなりません。  その人は優柔不断+で,何をするにも不安定です。  身分の低い兄弟は,重んじられるようになったことを喜んでください+ 10  裕福な人は,身分が低くなったことを喜んでください+。裕福な人は野の花のように朽ちることになるからです。 11  太陽が昇って,焼け付くような暑さになると,花はしおれ,花びらが落ちて美しくなくなります。同じように,裕福な人も志半ばで消えていくのです+ 12  試練に耐え続ける人は幸せです+。神から良いと認められるとき,命の冠を受けるからです+。その冠は,エホバ*がご自分を愛し続ける人たちに約束したものです+ 13  試練に遭う時,「神から試されている」と言ってはなりません。悪い事柄によって神が試されることはなく,誰かを試すこともないからです。 14  人はそれぞれ,自分の欲望に引かれて惑わされる*ことにより,試されるのです+ 15  欲望は膨れ上がった*時に罪を生みます。そして,罪は犯された時に死をもたらします+ 16  私の愛する兄弟たち,思い違いをして*はなりません。 17  良い贈り物,完全な贈り物は全て,天から+,光*の父から来ます+。父は移り変わる影のように変化したりはしません*+ 18  父の意志は,私たちを真理の言葉によって生み出すことでした+。私たちがある意味で,造られたものから最初に選ばれた者*となるためです+ 19  私の愛する兄弟たち,覚えておいてください。皆が,人の言うことに進んで耳を傾けるべきです。すぐに話したり+,すぐに怒ったりしてはなりません+ 20  怒りの気持ちからは,神が求める正しさは生まれません+ 21  ですから,あらゆる汚れや,どんな小さい悪をも*捨て去ってください+。そして,皆さんを救うことができる言葉を温和に受け入れ,それが心に植え付けられるようにしてください。 22  神の言葉を実践する人になってください+。聞くだけの人になってはなりません。間違った考え方をして自分を欺いてはならないのです。 23  神の言葉を聞いても実践しない人は+,鏡で自分の顔*を見る人に例えることができます。 24  その人は自分を見ますが,そこを離れると,自分がどのような人かをすぐに忘れてしまいます。 25  しかし,自由をもたらす完全な律法をじっくり見て守る人は+,聞いてすぐに忘れるのではなく,行動します。そのような人は幸せになります+ 26  自分は神を崇拝している*と思っていても,舌*を制御して*いないなら+,その人は自分の心を欺いています。その人の崇拝は無意味です。 27  私たちの父である神から見て,清く汚れのない崇拝の型*は,困っている+孤児+ややもめ+を世話することと,自分を世に汚されないように守ることです+

脚注

または,「あら探しをしたり」。
付録A5参照。
付録A5参照。
または,「餌によるかのように捕らわれる」。
直訳,「身ごもった」。
または,「だまされて」。
または,「天体の光」。
または,「父には影の移動による変化もありません」。
直訳,「造られたものの初物」。
もしかすると,「あふれるほどの悪を」。
または,「生まれつきの顔」。
または,「信心深い」。
または,「言葉」。
または,「にくつわを掛けて」。
または,「宗教」。