マルコによる福音書 14:1‐72

  • 祭司たちはイエスを殺そうとたくらむ1,2

  • イエスに香油が注がれる3‐9

  • ユダがイエスを裏切る10,11

  • 最後の過ぎ越し12‐21

  • 主の晩餐の制定22‐26

  • ペテロの否認が予告される27‐31

  • イエスはゲッセマネで祈る32‐42

  • イエスは捕らえられる43‐52

  • サンヘドリンでの裁判53‐65

  • ペテロはイエスとの関係を否定する66‐72

14  さて,過ぎ越し+と無酵母パンの祭り+が2日後に迫った+。祭司長と律法学者たちは,イエスをうまく*捕らえて殺す方法を探していた+  こう言っていた。「祭りの時はやめておこう。民が騒動を起こすかもしれない」。  イエスがベタニヤで,重い皮膚病だったシモンの家で食事をしていた時に,1人の女性が,白い石*のつぼに入った香油を持ってやって来た。香油は純粋のナルドで,とても高価なものだった。女性はつぼの口を割り,イエスの頭に注ぎ始めた+  すると,何人かが憤って互いに言った。「香油がもったいないではないか。  この香油なら300デナリ*以上で売れて,貧しい人たちに施しをすることができたのに!」 そして,その女性のことを非常に不快に感じていた*  しかしイエスは言った。「この女性をそのままにしておきなさい。なぜ困らせようとするのですか。私に立派なことをしてくれたのです+  貧しい人たちはずっといて+,いつでも望む時に善いことをしてあげられますが,私はずっといるわけではありません+  この女性は自分にできることをしました。私の体が葬られる時のために香油を注いだのです+  はっきり言いますが,世界中どこでも良い知らせが伝えられる所では+,この女性がしたことも語られ,思い起こされます+」。 10  12人の1人ユダ・イスカリオテは,イエスを裏切って渡そうとして,祭司長たちの所に行った+ 11  話を聞いた祭司長たちは喜び,銀*を与えることを約束した+。それでユダは,裏切る機会を探るようになった。 12  無酵母パンの最初の日+,慣例として過ぎ越しの犠牲を捧げる日に+,弟子たちがイエスに言った。「過ぎ越しの食事を,どこに行って準備したらいいでしょうか+」。 13  そこでイエスはこう言って弟子の2人を遣わした。「町の中に行きなさい。そうすると,水がめを運んでいる男の人に会います。付いていって+ 14  その人がどこに入っていっても,家の主人にこう言いなさい。『先生が,「弟子たちと過ぎ越しの食事ができる客室はどこでしょうか」と言っています』。 15  そうすると,整った大きな階上の部屋を見せてくれます。そこで準備をしなさい」。 16  それで弟子たちは出ていった。町に入ると,イエスが言った通りになり,過ぎ越しの準備をした。 17  夕方になってから,イエスは12人と共に来た+ 18  食卓に着いて*食べていた時,イエスは言った。「はっきり言いますが,私と一緒に食事をしているあなたたちの1人が私を裏切ります+」。 19  弟子たちは深く悲しみ,「まさか私ではありませんね」と口々に言い始めた。 20  イエスは言った。「それは12人の1人,私と一緒にパンを鉢に浸している人です+ 21  人の子*は書かれている通り去っていきますが,人の子を裏切るその人には災いがあります+! 生まれてこなかった方がよかったでしょう+」。 22  食事中に,イエスはパンを取り,祈ってから,それを割って渡し,「取りなさい。これは私の体を表しています+」と言った。 23  また,杯を取り,感謝の祈りをしてから,それを渡した。皆その杯から飲んだ+ 24  イエスは言った。「これは私の『契約+の血+』を表しています。それは多くの人のために注ぎ出されることになっています+ 25  はっきり言いますが,私は神の王国で新しいものを飲むその日まで,ブドウからできたものをもう決して飲みません」。 26  最後に,皆で賛美の歌*を歌ってから,オリーブ山に出ていった+ 27  イエスは言った。「あなたたちは皆,私を見捨てます。『私は牧者を打つ+。すると,羊は散り散りになる+』と書いてあるからです。 28  しかし私は,生き返らされた後,先にガリラヤに行きます+」。 29  するとペテロは言った。「たとえほかのみんなが見捨てても,私は見捨てません+」。 30  するとイエスは言った。「はっきり言いますが,今日,そうです,今夜,おんどりが2度鳴く前に,あなたは3度,私を知らないと言います+」。 31  しかしペテロはこう言い張った。「一緒に死ぬことになるとしても,あなたを知らないとは決して言いません」。ほかの皆も同じことを言いだした+ 32  ゲッセマネという所に来ると,イエスは弟子たちに言った。「私が祈りをする間,ここに座っていなさい+」。 33  それから,ペテロとヤコブとヨハネを連れていったが+,不安に駆られ*,ひどく苦悩し始めた。 34  そして3人に言った。「私は悲しみのあまり+,死んでしまいそうです。ここにとどまって,ずっと見張っていなさい+」。 35  イエスは少し進んでいって地面に伏し,もしできることならその事態が自分から過ぎ去るように,と祈り始めた。 36  こう言った。「アバ*,父よ+,あなたには全てのことが可能です。この杯を私から取り除いてください。それでも,私の望むことではなく,あなたの望まれることを+」。 37  イエスは戻り,3人が眠っているのを見て,ペテロに言った。「シモン,眠っているのですか。1時間見張っている力もなかったのですか+ 38  ずっと見張っていて絶えず祈り,誘惑に負けないようにしていなさい+。もっとも,心は強く願っていても*,肉体は弱いのです+」。 39  イエスは再び離れていき,同じことを祈った+ 40  再び戻ると,3人は眠っていた。まぶたが重くなっていたのである。3人はイエスに何と言っていいか分からなかった。 41  それから,イエスは3度目に戻ってきて,言った。「このような時に,あなたたちは眠って休んでいます! もう十分です! 時が来ました+! さあ,人の子は裏切られて罪人たちに引き渡されます。 42  立ちなさい。行きましょう。見なさい,私を裏切る人が近づいてきました+」。 43  するとすぐ,イエスがまだ話しているうちに,12人の1人であるユダが現れた。祭司長と律法学者と長老たちに遣わされた人々も,剣やこん棒を持って一緒に来た+ 44  イエスを裏切る者は前もって合図を打ち合わせ,「私が口づけするのがその人だ。捕まえて,しっかりと引いていけ」と言っていた。 45  それで,真っすぐイエスに近づき,「ラビ!」と言って,優しく口づけした。 46  人々はイエスを捕らえて拘束した。 47  しかし,そばに立っていた1人が剣を抜き,大祭司の奴隷に襲い掛かって耳を切り落とした+ 48  そこでイエスは言った。「強盗に対するように剣やこん棒を持って私を捕らえに来たのですか+ 49  私は毎日神殿で教える時にあなた方と一緒にいたのに+,あなた方は私を捕まえませんでした。でも,これは聖書の言葉が実現するためです+」。 50  弟子たちは皆イエスを見捨てて逃げていった+ 51  しかし,上等の亜麻布の服を着た若者がすぐ後を付いていった。人々がこの若者を捕まえようとしたが, 52  亜麻布の服を残して,裸のまま*逃げていった。 53  イエスは大祭司の所に引いていかれ+,祭司長と長老と律法学者たち全員が集合した+ 54  ペテロは,かなり離れてイエスに付いていき,大祭司の家の中庭に入った。そして,その家の従者たちと一緒に座って,たき火で体を温めていた+ 55  一方,祭司長たちとサンヘドリン*全体は,イエスを死刑にするため,イエスに不利な証言を探していたが,見つけられなかった+ 56  大勢の人がイエスに不利な偽証をしていたが+,その証言は一致していなかったのである。 57  また,ある人たちが立ち上がり,イエスに不利な偽証をしてこう言った。 58  「この者が,『人手によるこの神殿を壊し,人手によらない別のものを3日で建てる』と言うのを聞きました+」。 59  しかし,こうした点でも証言は一致していなかった。 60  そこで,大祭司が真ん中に立ち,イエスにこう質問した。「何も答えないのか。この人たちがあなたに不利な証言をしているが,どうなのか+」。 61  しかしイエスは黙ったままで,全く答えなかった+。大祭司が再び質問を始め,「あなたは褒めたたえるべき方の子キリストか」と言った。 62  するとイエスは言った。「その通りです。あなた方は,人の子+が強力な方の右に座り+,また天の雲と共に来るのを見ます+」。 63  大祭司は衣服を引き裂いて,言った。「これ以上,証人が必要でしょうか+ 64  皆さんは冒瀆の言葉を聞きました。どうしますか*」。皆,イエスを死に値する者と断罪した+ 65  ある人たちはイエスに唾を掛けたり+,イエスの顔を覆ってからこぶしで殴り,「誰が殴ったか,預言者なら言ってみろ!」と言ったりし始めた。法廷の役人たちは,顔を平手打ちしてから,連れていった+ 66  さて,ペテロが下の中庭にいると,大祭司に仕える女性の1人がやって来た+ 67  ペテロが体を温めているのを目にし,ペテロを真っすぐに見て,言った。「あなたも,あのナザレ人イエスと一緒にいました」。 68  しかしペテロはそれを否定し,「その人を知らないし,あなたが何を話しているのかも理解できない」と言って,入り口*の方に出ていった。 69  そこでも女性はペテロを目にし,そばに立っている人たちに,「この人は彼らの仲間です」と,また言い始めた。 70  ペテロは再びそれを否定した。しばらくして,そばに立っていた人たちがまたもやペテロに言いだした。「確かにあなたは彼らの仲間だ。実際,ガリラヤ人ではないか」。 71  しかしペテロは,「あなたたちが言っている人など知らない」と言い,うそなら神罰を受けてもいいと誓い始めた。 72  すぐに,おんどりが2度目に鳴いた+。ペテロは,「おんどりが2度鳴く前に,あなたは3度,私を知らないと言います+」とイエスから言われたことを思い出し,泣き崩れた。

脚注

または,「計略によって」。
直訳,「雪花石こう」。
付録B14参照。
または,「に腹立たしく語った」,「をとがめた」。
または,「お金」。
直訳,「で横になって」。
イエスのこと。用語集参照。
または,「詩編」。
または,「ぼうぜんとし」。
「父よ」という意味のヘブライ語もしくはアラム語。
または,「やる気はあっても」。
または,「半裸で」,「下着姿で」。
用語集参照。
または,「どう考えますか」。
または,「入り口の間」。