マタイによる福音書 14:1‐36

  • バプテストのヨハネは首をはねられる1‐12

  • イエスは5000人に食事をさせる13‐21

  • イエスは水の上を歩く22‐33

  • ゲネサレでの癒やし34‐36

14  その頃,地域支配者ヘロデ*がイエスの評判を聞き+  家来たちに言った。「これはバプテストのヨハネだ。生き返ったのだ。だから強力な行い*ができるのだ+」。  ヘロデはかつて,自分の兄弟フィリポの妻ヘロデアのことでヨハネを捕らえ,縛って牢屋に入れていた+  ヨハネがヘロデに,「彼女を自分のものとするのは正しくありません+」と言っていたからである。  ヘロデは,ヨハネを殺したいと思ったが,群衆を恐れた。人々がヨハネを預言者と見なしていたからだった+  さて,ヘロデの誕生日+祝いの時,ヘロデアの娘が踊りを見せ,ヘロデを喜ばせた+  それでヘロデは娘に,何でも欲しいものを与えると誓った。  そこで娘は,母親の言い付け通り,「バプテストのヨハネの首を大皿に載せて,ここでお与えください」と言った+  王は悲しんだが,自分の誓いや一緒に食事をしている人たちのことを考え,それを与えるようにと命令した。 10  そして人を遣わし,牢屋の中でヨハネの首をはねさせた。 11  首は大皿に載せて持ってこられ,娘に与えられた。娘は母親の所に持っていった。 12  その後,ヨハネの弟子たちが来て遺体を運び出し,葬った。それから,イエスの所に来て報告した。 13  それを聞いたイエスは,独りになるために,そこから舟で静かな場所に向かった。ところが,人々がそのことを聞き付け,町々から歩いてその場所に向かった+ 14  イエスは岸に下り,大勢の人を見た時,かわいそうに思い+,病気の人たちを治した+ 15  夕方になる頃,弟子たちが来て言った。「ここは辺ぴな場所で,もう遅い時間です。群衆を解散させ,村に行って自分で食べ物を買えるようにしてあげてください+」。 16  しかしイエスは言った。「その必要はありません。あなたたちが食べ物を与えなさい」。 17  弟子たちは言った。「5つのパンと2匹の魚しかありません」。 18  イエスは,「私の所に持ってきなさい」と言った。 19  そして,草の上に座るよう群衆に指示した。5つのパンと2匹の魚を取り,天を見上げて祈り+,パンを割って弟子たちに渡し,次いで弟子たちが群衆に与えた。 20  こうして皆が食べて満足した。余ったかけらを拾うと,12個の籠がいっぱいになった+ 21  食べた男性は約5000人で,女性や子供もいた+ 22  それからすぐイエスは弟子たちを舟に乗らせて先に対岸に向かわせ,群衆は解散させた+ 23  イエスは群衆を解散させた後,祈りをするため自分だけで山に登った+。日が暮れても,1人でそこにいた。 24  その頃までに,舟は陸から何百メートルも離れていたが,向かい風で,波のためになかなか進まなかった。 25  ところが,第4夜警時*に,イエスは湖の上を歩いて舟の所に来た。 26  弟子たちは,イエスが湖の上を歩いているのを目にして動揺し,「幻影だ!」と言った。そして,恐れのあまり叫び声を上げた。 27  しかし,イエスはすぐに話し掛け,「安心しなさい。私です。恐れることはありません」と言った+ 28  ペテロは言った。「主よ,あなたでしたら,水の上を歩いてそちらに行くよう私に命令してください」。 29  イエスは,「来なさい!」と言った。そこでペテロは舟から出て,水の上を歩いてイエスの方に向かった。 30  ところが暴風を見て怖くなり,沈み始めた時,「主よ,助けてください!」と叫んだ。 31  イエスはすぐに手を伸ばしてペテロをつかみ,「信仰の少ない人よ,なぜ疑いに負けたのですか+」と言った。 32  2人が舟に乗り込んでから,暴風はやんだ。 33  その時,舟にいた弟子たちは,「確かにあなたは神の子です」と言って,敬意を表した* 34  一行は湖を渡り,ゲネサレに着いた+ 35  その場所の人たちはイエスに気付き,周囲の全地方に知らせた。人々は病気の人を皆連れてきた。 36  その人たちは,外衣の裾にだけでも触れさせてくださいとイエスに嘆願した+。そして,触れた人は皆すっかり良くなった。

脚注

ヘロデ・アンテパスのこと。用語集参照。
または,「奇跡」。
午前3時ごろから午前6時ごろの日の出まで。
または,「ひざまずいた」。