マタイによる福音書 1:1‐25

  • イエス・キリストの系譜1‐17

  • イエスの誕生18‐25

1  アブラハムの子*+,ダビデの子+,イエス・キリスト*についての歴史*の書。   アブラハムの子はイサク+イサクの子はヤコブ+ヤコブの子はユダ+とその兄弟たち,   ユダの子はタマルが産んだペレツとゼラハ+ペレツの子はヘツロン+ヘツロンの子はラム+   ラムの子はアミナダブ,アミナダブの子はナフション+ナフションの子はサルモン,   サルモンの子はラハブ+が産んだボアズ,ボアズの子はルツ+が産んだオベデ,オベデの子はエッサイ+   エッサイの子はダビデ王+ダビデの子はウリヤの妻が産んだソロモン+   ソロモンの子はレハベアム+レハベアムの子はアビヤ,アビヤの子はアサ+   アサの子はエホシャファト+エホシャファトの子はエホラム+エホラムの子はウジヤ,   ウジヤの子はヨタム+ヨタムの子はアハズ+アハズの子はヒゼキヤ+ 10  ヒゼキヤの子はマナセ+マナセの子はアモン+アモンの子はヨシヤ+ 11  ヨシヤ+の子はエコニヤ+とその兄弟たち,バビロンへの強制移住の時期+ 12  バビロンへの強制移住の後,エコニヤの子はシャルテル,シャルテルの子はゼルバベル+ 13  ゼルバベルの子はアビウデ,アビウデの子はエリヤキム,エリヤキムの子はアゾル, 14  アゾルの子はザドク,ザドクの子はアキム,アキムの子はエリウデ, 15  エリウデの子はエレアザル,エレアザルの子はマタン,マタンの子はヤコブ, 16  ヤコブの子はヨセフで,その妻マリアからイエスが生まれ+,キリストと呼ばれている+ 17  それで,アブラハムからダビデまでは全部で14代,ダビデからバビロンへの強制移住までは14代,バビロンへの強制移住からキリストまでは14代だった。 18  イエス・キリストの誕生の経緯はこうだった。母親のマリアは,ヨセフとの婚約中,2人が結ばれる前に,聖なる力*によって妊娠した+ 19  夫のヨセフは正しい人であり,マリアに恥をさらさせたくなかったので,ひそかに離婚しようと思った+ 20  ところが,ヨセフがこれらのことをよく考えた後,エホバ*の天使が夢の中で現れて,言った。「ダビデの子ヨセフ,妻マリアを迎え入れることを恐れてはなりません。妊娠して*いるのは聖なる力によるのです+ 21  彼女は男の子を産みます。イエス*と名付けなさい+。その子は民を罪から救うからです+」。 22  この全ては実際に起きた。預言者を通してエホバ*が次のように語ったことが実現するためである。 23  「処女が妊娠して男の子を産み,その子はインマヌエルと名付けられる+」。この名は訳せば,「私たちと共に神がいる+」という意味である。 24  ヨセフは眠りから覚め,エホバ*の天使が指示した通りに行い,妻を迎え入れた。 25  しかし,マリアが子を産むまでは性関係を持たなかった+。そして,その子をイエスと名付けた+

脚注

用語集参照。
または,「メシア」,「選ばれた者」。
または,「系譜」。
または,「神が送り出す力」。用語集参照。
ギリシャ語聖書のこの訳の本文中に,神の名エホバが237回出てくる。ここはその最初の箇所。付録A5参照。
または,「宿して」。
「エホバは救い」という意味のヘブライ語名エシュアもしくはヨシュアに相当する。
付録A5参照。
付録A5参照。