内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

ホセア書

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

概要

  • 1

    • ホセアの妻と,妻が産んだ子供たち1‐9

      • エズレル4,ロ・ルハマ6,ロ・アミ9

    • 復興と一致の希望10,11

  • 2

    • 不忠実なイスラエルへの処罰1‐13

    • 夫エホバのもとに戻る14‐23

      • 「あなたは私を夫と呼ぶ」16

  • 3

    • ホセアは姦淫をしている妻を買い戻す1‐3

    • イスラエルがエホバのもとに戻ってくる4,5

  • 4

    • イスラエルに対するエホバの訴訟1‐8

      • 神についての知識がない1

    • イスラエルの偶像崇拝とふしだらな行い9‐19

      • 不道徳な欲望によって道を踏み外す12

  • 5

    • エフライムとユダは裁かれる1‐15

  • 6

    • エホバのもとに戻ろうという呼び掛け1‐3

    • 揺るぎない愛がほとんど見られない4‐6

      • 大切なのは犠牲よりも揺るぎない愛6

    • 民の恥ずべき行い7‐11

  • 7

    • エフライムの悪が語られる1‐16

      • 神の網から逃れることはできない12

  • 8

    • 偶像崇拝の結果を刈り取る1‐14

      • 風をまき,暴風を刈り取る7

      • イスラエルは自分を造った神を忘れた14

  • 9

    • エフライムは罪のために神に退けられる1‐17

      • 恥ずべき神に身を捧げる10

  • 10

    • 質の悪いブドウの木であるイスラエルは荒れ果てる1‐15

      • まいて,刈り取る12,13

  • 11

    • イスラエルは少年の頃から神に愛された1‐12

      • 「わが子をエジプトから呼び出した」1

  • 12

    • エフライムはエホバのもとに戻るべき1‐14

      • ヤコブは神と闘った3

      • ヤコブは神の恵みを求めて泣いた4

  • 13

    • エフライムは偶像を崇拝し,エホバを忘れた1‐16

      • 「死よ,さあ,とげで刺してみよ」14

  • 14

    • エホバのもとに戻るようにとの呼び掛け1‐3

      • 賛美の言葉を捧げる2

    • イスラエルは癒やされ,不忠実ではなくなる4‐9