ヘブライ人のクリスチャンへの手紙 6:1‐20

  • 十分に成長するように努力する1‐3

  • 離れ去った人たちは,神の子をもう一度杭にくぎ付けにしている4‐8

  • 希望に対する確信を保つ9‐12

  • 神の約束は確実13‐20

    • 神の約束と誓いは不変17,18

6  それで,私たちはキリストに関する初歩の教理より先に進んだのですから+,十分に成長するように努力しましょう+。基礎的な教えに逆戻りしては*なりません。すなわち,むなしい*行いを悔い改めること,神への信仰,  さまざまなバプテスマ*,手を置くこと+,死者の復活+,永遠の裁きについての教えです。  神が許してくださるなら,努力していきましょう。  次のような人たちもいます。一度啓発を受け+,天からの無償の贈り物を味わい*,聖なる力を与えられ,  神の良い言葉とこれから来る体制*の力とを味わいながら,  それでも離れ去った人たちです+。そういう人たちを再び悔い改めに導くことは不可能です。彼らは神の子を自分たちでもう一度杭にくぎ付けにし,さらし者にしているからです+  地面は,たびたび降る雨を吸い込み,耕す人々にとって良い作物を生み出すとき,神から祝福を受けます。  しかし,いばらやアザミを生み出すなら,見捨てられ,やがて災いを被り,最終的には焼かれてしまいます。  とはいえ,私たちはこのように語ってはいても,愛する皆さんはもっと良い状態にあって救いに至る,ということを確信しています。 10  皆さんはこれまでずっと聖なる人たちに仕え,今も仕え続けています。そのようにして,神の名を愛していることを示してきました。神は不公正な方ではないので,そうした働きや愛を忘れたりはされません+ 11  私たちは,皆さん一人一人が同じ勤勉さを示し続けて,希望に対する揺るぎない確信を+最後まで保ってほしいと思っています+ 12  怠けたりせず+,信仰と辛抱のゆえに約束のものを受ける人たちに倣ってほしいのです。 13  神は,アブラハムに約束をした際,ご自分より偉大な者に懸けて誓うことができなかったので,ご自分に懸けて誓い+ 14  こう言いました。「私はあなたを必ず祝福し,あなたの子孫を必ず多くしよう+」。 15  アブラハムは辛抱した後,そのように約束されました。 16  人は自分より偉大な者に懸けて誓い,それによりどんな論争も終わります。その誓いは法的な保証だからです+ 17  同じように神も,ご自分の目的が変わらないことを,約束のものを受ける人たちに一層はっきり示すことにした時+,誓いによって保証を与えました。 18  この2つの不変の事柄*に関して,神は偽ることができません+。神のもとに逃れてきた私たちは,その2つの事柄によって大きな励みを得,自分たちの前に置かれた希望をしっかり持ち続けることができます。 19  この希望+は,私たちの命のためのいかりであり,確かで揺らぐことがなく,私たちを幕*の向こう側に導き入れます+ 20  そこへ私たちのために先に入った方がいます。それは,永遠にメルキゼデクのような大祭司+となったイエスです+

脚注

直訳,「再び土台を据えては」。
直訳,「死んでいる」。
用語集参照。
または,「経験し」。
または,「時代」。用語集参照。
神の約束と誓いのこと。
用語集参照。