ハバクク書 2:1‐20

  • 「神が私を通して何と話されるか……私は常に見守っている」1

  • エホバはハバククに答える2‐20

    • 「待ち続けよ」3

    • 正しい人はしっかりした信仰によって生きる4

    • カルデア人への5つの災い6‐20

      • エホバについての知識が地上に満ちる14

2  私は見張り所にずっと立ち+土塁の上に居続ける。神が私を通して何と話されるか,私が与えられる戒めにどう答えるとよいかを,私は常に見守っている。   するとエホバは私に答えた。「この幻について書き,板にはっきり記し+朗読する人が読みやすい*ようにせよ+   この幻は定められた時のためのもので,終わり*に向かって急いでおり,偽りではない。たとえ遅れるとしても*,待ち続けよ*+必ずその通りになるからである。遅くなることはない!   誇らしげな者を見よ。その者の心の中は正直でない。一方,正しい人はしっかりした信仰*によって生きる+   ぶどう酒は人に愚かなことをさせる。だからその高慢な男は目標を達成しない。欲望を墓*のように大きくする。その者は死のようであり,満足することがない。あらゆる国を集め続け,あらゆる民を寄せ集める+   それらの人たち皆が,その者にあざけりの言葉や皮肉や風刺を言わないだろうか+こう言う。『自分のものではない物を増やし(こんなことがいつまで続くのか),負債を大きくしている者には災いがある!   あなたの債権者たちは突如立ち上がる。目覚め,あなたを激しく揺さぶり,あなたから略奪する+   あなたは多くの国から略奪したので,国々の残っている人たち皆があなたから略奪する+あなたが人の血を流したから,土地や町々やそこに住む人たちに暴力を振るったからだ+   自分の家族*のために不当な利益を得て,自分の巣を高い所に作り,災いの手から逃れようとする者には災いがある! 10  あなたは自分の家族*にとって恥となることを計画した。多くの国々を滅ぼすことにより,あなたは自分に対して罪を犯す+ 11  城壁から石が叫び,屋根から材木が答える。 12  流血によって都市を建て,不正によって町を築く者には災いがある! 13  人々がひたすら働いても火に燃料をくべることになるだけで,国々が無駄に疲れ果てるのは,大軍を率いるエホバによることではないか+ 14  水が海を覆っているように,エホバの栄光についての知識が地上に満ちるのである+ 15  友に飲む物を与えて,それに激怒と怒りを足し,酔わせて裸を見ようとする者には災いがある! 16  あなたは栄光ではなく不名誉に満たされる。あなたも飲め。そして割礼*を受けていない所をさらせ*エホバの右手の杯があなたのもとに回ってくる+恥辱があなたの栄光を覆う。 17  あなたがレバノンに加えた暴力があなたを覆い,野獣を恐れさせた破壊があなたを襲う。あなたが人の血を流したから,土地や町々やそこに住む人たちに暴力を振るったからだ+ 18  彫刻師が彫った彫刻像が何の役に立つだろうか。金属像*,うそを教える教師が何の役に立つだろうか。たとえ作った者が頼るとしても,それらは口が利けない無価値な神々だ+ 19  木に向かって「目を覚ませ」と言ったり,口が利けない石に向かって「起きろ,教えてくれ」と言ったりする者には災いがある!それは金や銀をかぶせたもので+,中には全く息がない+ 20  しかし,エホバは聖なる神殿にいる+地上全体はその前で黙っていよ+!』」

脚注

または,「すらすらと読める」。
または,「実現」。
または,「遅れているように思えても」。
または,「心から待ち望め」。
もしかすると,「信じていること」,「忠実さ」。
ヘブライ語,シェオル。用語集参照。
または,「国」。
または,「国」。
用語集参照。
もしかすると,「そしてよろめけ」。
または,「鋳造された像」。