ハバクク書 1:1‐17

  • 助けを求めるハバククの叫び1‐4

    • 「エホバ,私はいつまで助けを求めて叫ばなければならないのですか」2

    • 「圧制を見過ごしておられるのはどうしてですか」3

  • 神は処罰のためにカルデア人を用いる5‐11

  • ハバククはエホバに嘆願する12‐17

    • 「私の聖なる方,あなたは死ぬことがありません」12

    • 「あなたの目はあまりにも清いので,悪を見続けることはできません」13

1  預言者ハバクク*が幻の中で与えられた宣告。   エホバ,私はいつまで助けを求めて叫ばなければならないのですか+あなたは聞いてくださらないのですか。私はいつまで暴力からの救出を願わなければならないのですか。あなたは介入して*くださらないのですか+   私に悪事を見させるのはどうしてですか。圧制を見過ごしておられるのはどうしてですか。私の前に破壊や暴力があるのはなぜですか。口論や争いがあまりにも多いのはなぜですか。   律法は力を失い,公正が全く守られていません。悪い人が正しい人を取り囲んでいるため,公正がゆがめられています+   「国々を見て,注目せよ。驚いて見つめ,がくぜんとせよ。あなたたちの時代に起きることがある。あなたたちが聞いても信じないようなことである+   私はカルデア人を駆り立てる+冷酷で気性の荒い国民である。彼らは地上の広い範囲を巡り,他人の住まいを占領しようとする+   彼らは恐ろしくて,怖い。自分の正義と権威*を打ち立てる+   彼らの馬はヒョウより速く,夜のオオカミよりどう猛+彼らの軍馬は疾駆する。遠くからやって来る。彼らは獲物に飛び付くワシのように襲い掛かる+   暴力を振るうため,こぞって一心不乱にやって来る+集結した彼らの顔は東風のようだ+砂をすくうように人々を捕虜にする。 10  王たちをあざけり,高官たちをあざ笑う+どの防備された場所をもあざ笑い+土を積み上げて攻め取る。 11  そして風のように進み,通っていく。だが,彼らは有罪とされる+振るった力を自分たちの神によるものとする*からだ+」。 12  エホバ,あなたは永遠の昔からおられます+私の神,私の聖なる方,あなたは死ぬことがありません*+エホバ,あなたが刑の執行のために彼らを任命しました。私の岩+,あなたが処罰*のために彼らを立てたのです+ 13  あなたの目はあまりにも清いので,悪を見続けることはできません。あなたは悪を見過ごすことができません+それなのに,不誠実な者たちを見過ごしておられるのはどうしてですか+悪い人が自分より正しい人を締め付けているのに,どうして黙っておられるのですか+ 14  人を海の魚や,治める者がいない地面を動く生き物のようにしておかれるのはなぜですか。 15  彼*はその全てを釣り針で引き上げます。引き網で捕まえます。漁網で集めるのです。こうして彼は非常に喜びます+ 16  それで彼は引き網に犠牲を捧げ,漁網に犠牲を捧げ*ます。それによって彼の分け前は豊かになり,食べる物は上質になります。 17  彼は,引き網を満たしては空にする*ことを続けるのでしょうか。同情もなしに国々で殺りくを続けるのでしょうか+

脚注

意味はもしかすると,「熱烈な抱擁」。
または,「救って」。
または,「威厳」。
もしかすると,「自分の力を自分の神とする」。
もしかすると,「私たちは死にません」。
または,「戒め」。
敵であるカルデア人のこと。
または,「のために犠牲の煙を立ち上らせ」。
もしかすると,「彼は,剣を抜く」。