ネヘミヤ記 5:1‐19

  • ネヘミヤは搾取をやめさせる1‐13

  • ネヘミヤの利他的な行動14‐19

5  民と妻たちの中から仲間のユダヤ人に対する苦情の声が上がった+  「私たちにはたくさんの息子や娘たちがいます。食べて生きていくために穀物を手に入れなければなりません」と言う人や,  「食べ物がない時,穀物を得るために畑やブドウ園や家を担保に入れています」と言う人がいた。  また,こう言う人もいた。「王に税*を納めるため,畑とブドウ園を担保にしてお金を借りました+  私たちと彼らは同じ民族同士で,私たちの子供も彼らの子供と変わりないのに,私たちは息子や娘を奴隷として引き渡すしかなく,すでに奴隷になった娘たちもいます+。私たちにはどうすることもできません。畑もブドウ園も人の手に渡っているからです」。  こうした苦情と言い分を聞いて,私は非常に怒った。  私はよく考えてから,高貴な人や代官たちに指摘し,「皆さんはそれぞれ,自分の兄弟から利息*を要求しています」と言った+ さらに,彼らのことで大きな集会を開いた。  私は彼らに言った。「私たちは,他の国々に売られたユダヤ人の兄弟たちを可能な限り買い戻しました。それなのに今,皆さんは自分の兄弟たちを売るのですか+。私たちがまた彼らを買い戻すのですか」。彼らは黙り込み,何も言えなかった。  私はさらに言った。「皆さんのしていることは良くありません。敵の国々から非難されないよう,何事も神を畏れつつ行うべきではないですか+ 10  私も,私の兄弟や従者たちも,彼らにお金や穀物を貸し与えています。利息を取って貸すのはやめませんか+ 11  今日,彼らの畑+,ブドウ園,オリーブ畑,家を返し,皆さんが貸したお金や穀物や新しいぶどう酒や油の利息*を返してあげてください」。 12  彼らは言った。「それらのものを返します。何も請求しません。あなたの言う通りにします」。それで私は祭司たちを呼び,約束を守ることを祭司たちの前で彼らに誓わせた。 13  さらに,私は服のひだ*を広げて振り,こう言った。「この約束を守らない人は皆,真の神にこのように振り落とされ,自分の家と所有物の中から放り出されてしまいますように。このように振り落とされて,裸同然になりますように」。すると会衆*全体は「アーメン*!」と言い,エホバを賛美した。民は約束した通りにした。 14  私は,ユダの総督+に任命された日から12年間,つまりアルタクセルクセス王+の治世の第20年+から第32年+まで,総督に支給される食料を食べることはしなかった。私の兄弟たちも食べなかった+ 15  私よりも前の総督たちは,民に負担を掛け,毎日パンとぶどう酒のために460グラムの銀を民から取っていた。彼らの従者たちも民を圧迫していた。しかし私は,神を畏れるゆえに+そうはしなかった+ 16  私はこの城壁の工事に自ら参加し,私の従者も皆そこで働いた。私たちは畑を手に入れたりはしなかった+ 17  150人のユダヤ人と代官たちが私の食卓に着き,他の国々からやって来る人たちもそうした。 18  私の負担で*雄牛1頭と最上の羊6匹と鳥が毎日用意され,10日に1度は各種のぶどう酒がたくさん用意された。それでも,私は総督に支給される食料を要求しなかった。民にはすでにさまざまな義務が課せられていたからである。 19  私の神よ,私が民のためにした良いことを覚えていてください。私のことをどうか覚えていて,恵みを与えてくださいますように+

脚注

または,「貢ぎ物」。
または,「高利」。
直訳,「100分の1」。月1%の利息のこと。
直訳,「懐」。
用語集参照。
または,「そうなりますように」。
直訳,「ために」。