テモテへの第二の手紙 2:1‐26

  • 聞いた事柄を忠実な人たちに託す1‐7

  • 良い知らせのために苦しみを忍耐する8‐13

  • 神の言葉を正しく用いる14‐19

  • 若い時に抱きがちな欲望から逃れる20‐22

  • 反対者への接し方23‐26

2  あなた*+に言います。キリスト・イエスの惜しみない親切により,絶えず力を得なさい。  また,私から聞き,多くの証人によって確かめられた事柄を+,忠実な人たちに託しなさい。そうすればその人たちは十分に資格を得て,他の人を教えることができるようになります。  あなたもキリスト・イエスの立派な兵士+として苦しみに耐えなさい+  兵役に就いている人は,商売に手を出したりはしません*。兵士を募った人から良いと認められるためです。  競技に参加する人は,規則に従って競技しなければ賞*を得られません+  また,最初に収穫の分け前を得るのは,一生懸命に働く農家の人であるはずです。  私が述べていることについていつも考えなさい。主は,あなたが全てのことを理解*できるようにしてくださいます。  イエス・キリストが生き返らされたことと+,ダビデの子孫であることを+思い起こしなさい。私はそのことを良い知らせとして伝えました+  その良い知らせのために私は苦しみに遭い,犯罪者として拘禁されています+。とはいえ,神の言葉は縛られていません+ 10  それで私は,選ばれた人たちのために全てのことを忍耐します+。その人たちもキリスト・イエスを通して救われ,永遠の栄光を受けるようになるためです。 11  次の事柄は真実です。私たちは共に死んだのであれば,共に生きることにもなります+ 12  忍耐するなら,共に王として治めることになります+。否定するなら,否定されることになります+ 13  たとえ私たちが不忠実でも,その方は常に信頼できます。ご自分を否定することができないからです。 14  これらのことをいつも人々に思い起こさせてください。言葉のことで争わないようにと,神の前で教えてください。そうした争いは聞く人たちに害を及ぼし*,何のためにもなりません。 15  自分を神に差し出して,良いと認められるように力を尽くしなさい。真理の言葉を正しく用いることができ,恥じることが何もない働き手になるのです+ 16  そして,聖なる事柄を汚す無駄話を退けなさい+。そうした話により人々はますます神を敬わなくなり, 17  彼らの言葉は壊疽のように広がっていきます。そういう人たちの中にヒメナオとフィレトがいます+ 18  この人たちは真理からそれていき,復活はすでに起きたと言って+,ある人たちの信仰を損なっています。 19  それでも,神が据えた強固な土台は揺らぐことがなく,次の言葉が刻まれています。「エホバ*はご自分のものである人たちを知っている+」。「エホバ*の名を呼ぶ+人は皆,不正を退けるべきである」。 20  さて,大きな家には,金や銀の器具だけでなく,木や土の器具もあります。立派な用途のための器具もあれば,つまらない*用途のための器具もあります。 21  それで,後者のような人たちから離れている人は,立派な用途のための器具となります。神聖にされたもの,持ち主の役に立つもの,あらゆる良い活動のために用意ができたものとなるのです。 22  ですから,若い時に抱きがちな欲望から逃れ,清い心で主に頼る人たちと共に,正しさと信仰と愛と平和を追い求めなさい。 23  さらに,愚かで無意味な議論を避けなさい+。そうした議論は争いを生むからです。 24  主の奴隷は争う必要はありません。必要なのは,誰にでも穏やかに*接すること+,教える資格があること,不当な扱いを受けても自分を抑えること+ 25  好意的でない人たちを温和な態度で教えることです+。もしかしたら神は,その人たちが悔い改めて*真理の正確な知識を得られるようにされるかもしれません+ 26  そしてその人たちは,悪魔に捕らわれて悪魔の望み通りに行動していた+ことに気付き,本心に立ち返って悪魔のわなから逃れるかもしれません。

脚注

直訳,「私の子であるあなた」。
もしかすると,「日常の雑務に煩わされないようにします」。
または,「冠」。
または,「識別」。
または,「を破滅に至らせ」。
付録A5参照。
付録A5参照。
または,「卑しい」。
または,「巧みに」。
または,「考えを変えて」。