ゼカリヤ書 14:1‐21

  • 真の崇拝が完全に行き渡る1‐21

    • オリーブ山が半分に裂ける4

    • エホバだけが神となり,エホバの名だけが呼ばれる9

    • エルサレムの敵対者たちへの神罰12‐15

    • 仮小屋の祭りの祝い16‐19

    • 全ての鍋がエホバにとって聖なるものとなる20,21

14  「その日が来る。エホバの日である。あなた*から奪った物があなたのただ中で分けられる。  私はあらゆる国を戦いのために集めて,エルサレムを攻めさせる。都市は攻略され,家々は略奪に遭い,女性たちは犯される。都市の半分は連れ去られるが,残りの民は都市から連れ去られることはない。  エホバは出ていって,戦闘の日に戦うときのように+,それらの国と戦う+  そしてその日,エルサレムの東に面するオリーブ山+に足を据えて立つ。オリーブ山は東*から西*に向かって半分に裂け,非常に大きな谷ができる。山の半分は北に移り,半分は南に移る。  あなたたちは私の山の間の谷に逃げる。その山の間の谷はアツェルにまで広がる。あなたたちは,ユダのウジヤ王の時代に地震で逃げた時と同じように逃げる+。エホバ神は来る。全ての聖なる者たちが神と共にいる+  その日,貴重な光はなくなり+,物は凍り付く*  その日は,エホバの日として知られる日となる+。昼も夜もない。晩になっても光がある。  その日,生きた水+がエルサレムから出て+,半分は東の海*+,半分は西の海*+流れる。夏も冬もそうなる。  エホバは地上全体の王となる+。その日,エホバだけが神となり+,その名だけが呼ばれることになる+ 10  ゲバ+からエルサレムの南のリモン+まで,全土がアラバ*+のようになる。エルサレムは自分の場所にそびえ立ち,『ベニヤミンの門+』から『第一の門』や『隅の門』にまで,『ハナヌエルの塔+』から王のブドウ搾り場にまで,人が住むようになる+ 11  民がそこに住み,滅びるよう定められることは二度とない+。エルサレムに安心して住むのである+ 12  エルサレムに戦いを仕掛ける人々全てに,エホバは神罰を下す+。彼らの肉体は自分の足で立っているうちに腐り,目はくぼみの中で腐り,舌は口の中で腐る。 13  その日,エホバによる混乱が彼らの間に広がる。どの人も友の手をつかみ,友の手に対して手を上げる*+ 14  ユダもエルサレムでの戦いに加わる。周囲の国全ての富,金と銀と衣服が大量に集められる+ 15  そして,その神罰と同じような神罰が,馬,ラバ,ラクダ,ロバ,宿営にいる家畜全てに下る。 16  エルサレムに攻めに来たあらゆる国のうちの残っている人は皆,毎年上っていって+,大軍を率いる王エホバにひれ伏し*+,仮小屋の祭りを祝う+ 17  地上の家族のうち,エルサレムに上っていって大軍を率いる王エホバにひれ伏さない人の上には,雨が降らない+ 18  エジプトの人々が上って入ってこないなら,その人たちの上にも雨は降らない。仮小屋の祭りを祝いに上ってこない国々を処罰するエホバの神罰が下ることになる。 19  これが,エジプトの罪と,仮小屋の祭りを祝いに上ってこない国々の罪に対する処罰である。 20  その日,馬の鈴に,『神聖さはエホバのもの+』と記される。また,エホバの家の鍋+は祭壇の前の鉢+のようになる。 21  エルサレムとユダの鍋は全て聖なるものとなり,大軍を率いるエホバのものとなる。犠牲を捧げる人が皆,入ってきて,煮るためにそれらを使う。その日,大軍を率いるエホバの家にカナン人*はもういなくなる+」。

脚注

2節に出てくる都市のこと。
または,「日の出の方向」。
直訳,「海」。
または,「動かなくなる」。寒さで固まるかのように動かなくなる,ということ。
死海のこと。
地中海のこと。
用語集参照。
または,「1人が別の1人を攻撃する」。
または,「を崇拝し」。
もしかすると,「商人」。