ゼカリヤ書 11:1‐17

  • 神の真の牧者を退けた結果1‐17

    • 「ほふられようとしている羊の群れを世話しなさい」4

    • 「好意」と「結束」という2本のつえ7

    • 牧者の報酬は銀30枚12

    • お金を宝物庫に投げ入れる13

11  「レバノンよ,あなたの扉を開け。火があなたの杉林を焼き尽くす。   ネズの木よ,泣き叫べ。杉は倒れ,堂々とした木々が崩れ落ちた!バシャンの巨木*よ,泣き叫べ。深い森が荒れ果てた!   聞け,牧者たちの泣き叫ぶ声を。彼らの栄光は失われた。聞け,若いライオンのほえ声を。ヨルダン川の深い茂みが荒れ果てた。  私の神エホバはこう言う。『ほふられ*ようとしている羊の群れを世話しなさい+  買い手たちはそれらをほふっても+,罪に問われない。売り手たちは+,「これでもうかるぞ。エホバが賛美されますように」と言う。牧者たちは,羊たちをかわいそうに思うこともない+』。  『私はこの土地の住民をもう思いやることはしない。私は誰もが隣人の手や王の手に落ちるようにする。彼らはこの土地を荒らすが,私は誰も救い出さない』とエホバは宣言する」。  私は,ほふられようとしている羊の群れを世話し始めた+。群れの苦しんでいる羊たちよ,あなたたちのためだ。私は2本のつえを取って,一方を「好意」と呼び,もう一方を「結束」と呼び+,群れを世話し始めた。  私は1カ月のうちに3人の牧者をやめさせた。彼らに我慢できなくなったからだ。彼らも私をひどく嫌っていた。  私は言った。「私はあなたたちを世話し続けることはしない。死にそうなものは死ねばよい。息絶えそうなものは息絶えればよい。残されるものたちは互いの肉を食らうがよい」。 10  私は「好意+」のつえを取って,そのつえを切り,民と結んだ契約を破棄した。 11  その日に契約は破棄された。私を見ていた苦しむ羊たちは,エホバが語った言葉だと悟った。 12  私は,「良いと思われるなら,報酬を下さい。良いと思われなければ,結構です」と彼らに言った。すると彼らは,報酬として銀30枚を私に支払った+ 13  エホバは私に言った。「それを宝物庫に投げ入れなさい。彼らが私を査定したその大層な額を+」。それで私は銀30枚を取って,エホバの家の宝物庫に投げ入れた+ 14  それから私はもう1本のつえである「結束+」を切り,ユダとイスラエルの兄弟の絆を断った+ 15  エホバは私に言った。「愚かな*牧者+の道具を取りなさい。 16  私はこの土地に牧者が立つようにする。その牧者は,息絶えそうな羊を介抱しない+。若い羊を捜さず,けがをした羊を手当てせず+,しっかり立つ羊に食物を与えない。肥えた羊の肉にかぶりつき+,羊のひづめをもぎ取る+ 17  群れを見捨てる+どうしようもない牧者には災いがある+剣で腕と右目を打たれる。腕は全く動かなくなり,右目は全く見えなくなる」。

脚注

ブナ科の木と思われる。
または,「殺され」。
または,「役に立たない」。