内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

ゼカリヤ書

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

概要

  • 1

    • エホバのもとに戻るようにとの呼び掛け1‐6

      • 「私のもとに戻りなさい……そうすれば,私もあなたたちのもとに戻ろう」3

    • 幻1: ギンバイカの木々の間の騎手たち7‐17

      • エホバは再びシオンを慰める17

    • 幻2: 4本の角と4人の職人18‐21

  • 2

    • 幻3: 測り綱を持った人1‐13

      • エルサレムを測る2

      • エホバが「火の城壁」になる5

      • 神の瞳に触れる8

      • 多くの国の人々がエホバのもとに来る11

  • 3

    • 幻4: 大祭司の服が取り換えられる1‐10

      • サタンが大祭司ヨシュアを妨害しようとする1

      • 「私は,私に仕える『芽』を連れてくる!」8

  • 4

    • 幻5: ランプ台と2本のオリーブの木1‐14

      • 「人間の力によるのでもなく,私の聖なる力による」6

      • 小さな始まりの日を軽く見てはならない10

  • 5

    • 幻6: 飛んでいる巻物1‐4

    • 幻7: 計量容器5‐11

      • 中にいる女性の名前は「邪悪」8

      • 容器はシナルに持っていかれる9‐11

  • 6

    • 幻8: 4両の兵車1‐8

    • 王と祭司になる「芽」9‐15

  • 7

    • エホバは心のこもっていない断食をとがめる1‐14

      • 「本当に私のために断食をしたのか」5

      • 「公正に裁きなさい。揺るぎない愛と憐れみを示し合いなさい」9

  • 8

    • エホバのおかげでシオンは平和と真実の場所となる1‐23

      • 「真実の都市」エルサレム3

      • 「真実を語り合いなさい」16

      • 断食から祝祭へ18,19

      • 誠実な心でエホバに仕える21

      • 10人の人が1人のユダヤ人の長い服をつかむ23

  • 9

    • 周辺の国への神の処罰1‐8

    • シオンの王が来る9,10

      • ロバに乗った謙遜な王9

    • エホバの民の解放11‐17

  • 10

    • 偽りの神にではなくエホバに雨を願い求める1,2

    • エホバは民を一つにする3‐12

      • ユダの民から出る中心人物3,4

  • 11

    • 神の真の牧者を退けた結果1‐17

      • 「ほふられようとしている羊の群れを世話しなさい」4

      • 「好意」と「結束」という2本のつえ7

      • 牧者の報酬は銀30枚12

      • お金を宝物庫に投げ入れる13

  • 12

    • エホバはユダとエルサレムを守る1‐9

      • エルサレムは「重い石」3

    • 刺し通された人のことで泣き叫ぶ10‐14

  • 13

    • 偶像や偽預言者が除き去られる1‐6

      • 偽預言者は恥をかく4‐6

    • 牧者は打たれる7‐9

      • 3分の1が精錬される9

  • 14

    • 真の崇拝が完全に行き渡る1‐21

      • オリーブ山が半分に裂ける4

      •  エホバだけが神となり,エホバの名だけが呼ばれる9

      • エルサレムの敵対者たちへの神罰12‐15

      • 仮小屋の祭りの祝い16‐19

      • 全ての鍋がエホバにとって聖なるものとなる20,21