サムエル記第二 9:1‐13

  • ダビデは揺るぎない愛をメピボセテに示す1‐13

9  ダビデは言った。「サウル家には生き残っている人が誰かいますか。ヨナタンのために,揺るぎない愛を示したいのです+」。  サウル家にはツィバという家来がおり+,ダビデのもとに呼ばれた。王が「あなたがツィバですか」と尋ねると,彼は「私はあなたに仕える者です」と答えた。  王は続けた。「サウル家に生き残っている人が誰かいますか。神の揺るぎない愛を表したいのです」。ツィバは王に答えた。「ヨナタンの子が1人います。両足が不自由な人です+」。  王は尋ねた。「その人はどこにいますか」。ツィバは王に答えた。「ロ・デバルのアミエルの子マキル+の家にいます」。  ダビデ王は直ちに,ロ・デバルのアミエルの子マキルの家からその人を連れてこさせた。  サウルの子ヨナタンの子メピボセテがダビデのもとにやって来て,すぐにひれ伏した。ダビデが「メピボセテ!」と言うと,彼は「はい,王よ」と言った。  ダビデは言った。「恐れることはありません。あなたの父親ヨナタンのために,私は必ずあなたに揺るぎない愛を示します+。あなたの祖父サウルの土地を全てあなたに返します。あなたはいつも私の食卓で食事をすることになります+」。  メピボセテはひれ伏して,「私が何者だというので,私のような死んだ犬+に目を留めてくださるのですか」と言った。  王はサウルの従者ツィバを連れてこさせ,こう言った。「サウルとその一家全体のものを全て,あなたの主人の孫に与えます+ 10  彼のためにあなたは土地を耕してください。あなたの子たちも召し使いたちもです。あなたは実った物を集め,あなたの主人の孫の家族に食物として与えます。あなたの主人の孫メピボセテは,いつも私の食卓で食事をすることになります+」。 ツィバには15人の息子と20人の召し使いがいた+ 11  ツィバは王に言った。「王がお命じになることは全部いたします」。こうしてメピボセテは王の子の1人のようにダビデの食卓で食事をするようになった。 12  メピボセテにはミカ+という幼い息子がいた。ツィバの家に住む人は皆,メピボセテの召し使いになった。 13  メピボセテはエルサレムに住み,いつも王の食卓で食事をした+。彼は両足が不自由だった+

脚注