サムエル記第二 16:1‐23

  • ツィバがメピボセテを中傷する1‐4

  • シムイがダビデをののしる5‐14

  • アブサロムは,やって来たフシャイを受け入れる15‐19

  • アヒトフェルの助言20‐23

16  ダビデが山頂から少し下ると+,メピボセテ+の従者ツィバ+が会いに来ていた。くらを置いた1対のロバを連れ,それにパン200個,干しぶどうの菓子100個,夏の果物*の菓子100個,ぶどう酒の入った大きなつぼを載せていた+  王はツィバに言った。「これらの物をどうして持ってきたのですか」。ツィバは答えた。「ロバは王の家の方たちに乗っていただくため,パンと夏の果物は部下の方たちに食べていただくため,ぶどう酒は荒野で疲れ切った方たちに飲んでいただくため,持ってまいりました+」。  王は言った。「ところで,あなたの主人の孫*はどこにいますか+」。ツィバは王に言った。「今,エルサレムにとどまっております。彼は,『今日,イスラエル国民は祖父*の王権を私に返すことになる+』と言っていました」。  王はツィバに言った。「メピボセテのものは全部あなたのものです+」。ツィバは言った。「あなたの前でひれ伏します。王の好意を得られますように+」。  ダビデ王がバフリムまで来ると,サウル家の一族の男性が出てきた。ゲラの子で,シムイ+という名前だった。彼はののしりながら近づいてきた+  そしてダビデ王と家来たち皆に石を投げ付けた。ほかの人々と王の両脇にいた戦士たちにもそうした。  シムイはこうののしった。「出ていけ,出ていけ! 流血の罪のある男,どうしようもないやつめ!  サウル家の血を流して王権を奪ったおまえに,エホバは罪の報いを与える。エホバはおまえの子アブサロムに王権を渡す。おまえは流血の罪のある男だから,災いに遭っているのだ+!」  ツェルヤの子アビシャイ+が王に言った。「どうして,あの死んだ犬+に王をののしらせておくのですか+。どうか私を行かせて彼の首をはねさせてください+」。 10  王は言った。「ツェルヤの子たち+,これは私のことで,あなたたちには関係のないことです。ののしらせておきましょう+。エホバが彼に,『ダビデをののしりなさい』と言ったのです。そうであれば,いったい誰が,『どうしてこんなことをしているのだ』と言ってよいでしょう+」。 11  ダビデはアビシャイと家来たち皆に言った。「私の子,私から出た子が私の命を狙っているのですから+,ベニヤミン族の人+であればなおさらでしょう。放っておいて,ののしらせておきなさい。彼はエホバに言われてそうしているのです。 12  エホバは私の苦難を見てくださるでしょう+。エホバは,私が今日受けたののしりの代わりに,良いことを与えてくださいます+」。 13  こうしてダビデと部下たちは道を下っていった。その間,シムイは並行して山沿いを歩き,ののしりながら+石やたくさんの土を投げ付けてきた。 14  ついに王と人々は目的地に着いた。非常に消耗しており,そこで疲れを癒やした。 15  一方,アブサロムとイスラエルの人たち皆は,エルサレムに着いた。アヒトフェル+も一緒だった。 16  ダビデの友人*でアルキ人+のフシャイ+がアブサロムの所にやって来た。フシャイはアブサロムに言った。「王が栄えますように+! 王が栄えますように!」 17  アブサロムはフシャイに言った。「友ダビデへのあなたの揺るぎない愛はどこに行ってしまったのか。どうして友と一緒に行かなかったのか」。 18  フシャイはアブサロムに言った。「そんなことはできません。私は,エホバとこの民とイスラエルの人たち皆が選んだ方の側に付き,そのもとにとどまります。 19  では,私は誰に仕えるべきでしょうか。私の友の子ではありませんか。あなたの父上に仕えたように,あなたに仕えます+」。 20  その後,アブサロムはアヒトフェルに言った。「助言はあるか+。私たちはどうしたらよいか」。 21  アヒトフェルはアブサロムに言った。「あなたの父上が留守にする家*の番として残した側室たち+と関係を持ちなさい+。あなたが父上に憎まれることをした,とイスラエル全体が聞けば,あなたの支持者たちは勢いづくでしょう」。 22  それでアブサロムのために屋上+に天幕が張られた。アブサロムはイスラエル全体の目の前で+,父親の側室たちと関係を持った+ 23  当時,アヒトフェルの助言+は真の神の言葉のように見なされていた。彼の助言は全て,ダビデからもアブサロムからもそのように重んじられていた。

脚注

主にイチジク,もしかするとナツメヤシも。
直訳,「子」。
直訳,「父」。
または,「信頼できる友人」。
または,「宮殿」。