サムエル記第二 12:1‐31

  • ナタンがダビデを戒める1‐15前半

  • バテ・シバの子が死ぬ15後半‐23

  • バテ・シバがソロモンを産む24,25

  • アンモン人の都市ラバの攻略26‐31

12  それでエホバはナタン+をダビデの所に遣わした。ナタンはダビデの所に来て+言った。「ある町に2人の男性がいました。1人は裕福な人,もう1人は貧しい人でした。  裕福な人は非常に多くの羊や牛を持っていました+  しかし貧しい人には,自分で買った小さな雌の子羊が1匹いるだけで,ほかには何もいませんでした+。その人はその子羊を世話し,子羊はその人の家族と一緒に成長していきました。その人は,少ない食べ物の中から子羊に食べさせ,自分の器から飲ませ,腕の中で寝かせました。子羊は娘のようになりました。  ある時,1人の旅人が裕福な人の所にやって来ました。ところが裕福な人は,その旅人のために自分の羊や牛を振る舞おうとはせず,貧しい人の雌の子羊を取って,それを振る舞いました+」。  するとダビデはその人に非常な怒りを感じ,ナタンに言った。「生きている神エホバに懸けて言います+。そんな男は死に値します!  その男は4匹の子羊で償うべきです+。相手の気持ちも考えずにそんなことをしたからです」。  そこでナタンはダビデに言った。「その人はあなたのことです! イスラエルの神エホバはこう言っています。『私はあなたを選んで*イスラエルの王とし+,あなたをサウルから助け出した+  あなたの主人の家のもの+と妻たち+を喜んで与え,イスラエルとユダの民を与えた+。もしそれでも足りなければ,もっと与えるつもりだった+  どうして私エホバにとって悪いことを行って,私の言葉を軽く見たのか。あなたはヘト人ウリヤを剣で討った+! 彼をアンモン人の剣で殺してから+,彼の妻を自分の妻にした+ 10  今後,あなたの家族は常に剣に悩まされる+。あなたがヘト人ウリヤの妻を自分の妻にし,私を侮ったからだ』。 11  エホバはこう言っています。『私はあなたへの災いをあなたの家族の中から生じさせる+。あなたの目の前で妻たちを取り上げて別の人*に与える+。その人は白昼堂々*あなたの妻たちと寝る+ 12  あなたはひそかに行ったが+,私はイスラエル全体の前で堂々と*このことを行う』」。 13  ダビデはナタンに言った。「私はエホバに対して罪を犯しました+」。ナタンはダビデに言った。「エホバはあなたの罪をお許しになります+。あなたは死ぬことはありません+ 14  しかし,あなたはエホバに対して非常に不敬なことをしたので,生まれたばかりのあなたの子は必ず死にます」。 15  こうしてナタンは家に帰った。 エホバはウリヤの妻が産んだダビデの子を打ち,その子は病気になった。 16  ダビデはその子のことで真の神に懇願した。厳格な断食をしながら,部屋に入っては,床の上で夜を過ごすのだった+ 17  彼の家の年長者たちが周りに立って,起き上がらせようとしたが,彼は応じず,一緒に食事をしようとはしなかった。 18  そして7日目,子供は死んだ。ダビデの家来たちは,子供が死んだことをダビデに知らせるのを恐れ,こう言った。「子供が生きていた時,王は,話し掛けても聞いてくださらなかった。それなのに,子供が死んだとどうして言えるだろう。王は何をするか分からない」。 19  ダビデは,家来たちがひそひそ話し合っているのを見て,子供が死んだことを悟った。そして家来たちに,「あの子が死んだのですか」と言った。家来たちは,「お亡くなりになりました」と答えた。 20  するとダビデは床から起き上がり,体を洗って油を塗り+,着替え,エホバの家+に行ってひれ伏した。その後,自分の家*に行って食べ物を用意させ,食べた。 21  家来たちはダビデに尋ねた。「どうしてそのようになさるのですか。お子さまが生きていた時は断食して泣いておられたのに,亡くなられるとすぐに起き上がって食事をなさいました」。 22  ダビデは答えた。「あの子が生きていた時,私は断食し+,泣いていました。それは,『エホバが私に憐れみを掛け,あの子が生きられるようにしてくださるかもしれない+』と思ったからです。 23  しかし死んでしまった以上,断食をする必要があるでしょうか。あの子を連れ戻せるでしょうか+。私はいずれあの子の所に行きます+。もうあの子は私の所に戻ってきません+」。 24  その後ダビデは妻のバテ・シバ+を慰めた。彼女の所に行き,彼女と寝た。やがて彼女は男の子を産み,その子はソロモン*+と名付けられた。エホバはその子を愛し+ 25  預言者ナタン+を遣わして,エホバのために,その子をエディデヤ*と名付けさせた。 26  ヨアブはアンモン人+の王*の都市ラバ+を攻め続け,攻略した+ 27  ヨアブは使者たちをダビデに送り,こう伝えさせた。「ラバを攻め+,水の都市*を攻略しました。 28  残りの兵士を集めて都市に向かって陣営を張り,攻め落としてください。さもないと,私が都市を攻め落とすことになり,私の功績になって*しまいます」。 29  それでダビデは全軍を集めてラバに行き,戦って攻め落とした。 30  そしてマルカムの頭から冠を取った。それは34キロの金でできた冠で,宝石が付いており,ダビデの頭に置かれた。ダビデは都市から非常に多くの物を奪った+ 31  また,都市にいた民を連れ出して,石切り,鉄の刃物や鉄のおのを使う仕事,れんが作りを行わせた。アンモン人の全ての町に対してそのようにした。やがてダビデと兵士たち皆はエルサレムに帰った。

脚注

直訳,「に油を注いで」。用語集の「油を注ぐ」参照。
または,「あなたの仲間」。
直訳,「太陽の目に向かって」。
直訳,「太陽の前で」。
または,「宮殿」。
「平和」という意味のヘブライ語に由来。
意味,「ヤハが愛する者」。
または,「王国」。
都市の水資源のことかもしれない。
直訳,「そこは私の名前で呼ばれて」。