サムエル記第二 11:1‐27

  • ダビデのバテ・シバとの姦淫1‐13

  • ダビデはウリヤが死ぬように画策する14‐25

  • ダビデはバテ・シバを妻にする26,27

11  年の初め*,王たちが戦いに出掛ける頃,ダビデはアンモン人を滅ぼすため,ヨアブと家来たちとイスラエルの全軍を派遣した。彼らはラバ+を包囲した。一方,ダビデはエルサレムにとどまっていた+  ある夕暮れ時,ダビデはベッドから起き上がり,王の家*の屋上を歩いていた。屋上から,1人の女性が体を洗っているのが見えた。非常に美しい女性だった。  ダビデはその女性について調べさせたところ,「ヘト人+ウリヤ+の妻で,エリアム+の娘バテ・シバ+です」という報告があった。  ダビデは使者たちにバテ・シバを連れてこさせた+。こうして彼女はダビデの所に来て,ダビデは彼女と寝た+。(彼女が汚れ*から自分を清めている期間に起きたことだった+。)その後,彼女は家に帰った。  バテ・シバは妊娠した。それで人を遣わしてダビデに,「子供ができました」と伝えた。  そこでダビデは人を遣わしてヨアブに,「ヘト人ウリヤを私の所に送りなさい」と伝えた。ヨアブはウリヤをダビデの所に送った。  ウリヤがやって来ると,ダビデは,ヨアブはどうしているか,兵士たちはどうしているか,戦いはどうなっているかと尋ねた。  それからダビデはウリヤに言った。「家に帰ってくつろぎなさい」。ウリヤは王の家から出ていき,王からの贈り物*がその後に続いた。  ところが,ウリヤは王の家の入り口の所で,王のほかの家来たち皆と一緒に眠った。自分の家には帰らなかった。 10  ダビデに,「ウリヤは家に帰らなかった」という報告があった。それでダビデはウリヤに言った。「遠征から戻ってきたのではないですか。どうして家に帰らなかったのですか」。 11  ウリヤはダビデに答えた。「箱+もイスラエルとユダの兵士たちも天幕にとどまり,私の主人ヨアブも主人の家来たちも野原で宿営しています。それなのに,私は家に帰って飲み食いし,妻と寝るのでしょうか+。生きているあなたに懸けて誓います。私はそんなことはいたしません!」 12  ダビデはウリヤに言った。「今日もここにとどまりなさい。明日あなたを送り出します」。それでウリヤはその日と翌日,エルサレムにとどまった。 13  その後ダビデは彼を呼んで,共に食べたり飲んだりし,彼を酔わせた。ところが,晩にウリヤは出ていって王のほかの家来たちと一緒に眠り,家に帰らなかった。 14  朝になると,ダビデはヨアブに手紙を書き,ウリヤに託した。 15  ダビデは手紙にこう書いた。「ウリヤを戦いが最も激しい前線に置きなさい。そして彼を残して退却し,彼が討たれて死ぬようにしなさい+」。 16  町を注意深く見ていたヨアブは,手ごわい戦士たちがいる場所を知っており,そこにウリヤを配置した。 17  町の人たちが出てきてヨアブと戦い,ダビデの家来たちの一部が倒れ,ヘト人ウリヤも死んだ+ 18  ヨアブは人を遣わし,戦況を全てダビデに報告させることにした。 19  使者にこう指示した。「戦況を全て王に話し終えた後, 20  王は怒って,こう言うかもしれない。『どうしてそんなに町に接近して戦ったのか。彼らが城壁の上から矢を射てくることが分からなかったのか。 21  エルベシェト+の子アビメレク+を討ったのは誰だったか。テベツで1人の女性が城壁の上からひき臼の石を投げ付けたので,死んだのではないか。どうしてそんなに城壁に接近したのか』。そう言われたら,『あなたの家来ヘト人ウリヤも死にました』と言いなさい」。 22  こうして使者は出掛け,ヨアブからの伝言を全てダビデに伝えた。 23  使者はダビデに言った。「彼らの戦力は私たちを上回っていて,彼らは私たちに向かって野原に出てきました。それでも私たちは彼らを町の門の入り口まで押し戻しました。 24  すると弓を射る人たちが城壁の上からあなたの家来たちを射たので,一部の者たちは死にました。あなたの家来ヘト人ウリヤも死にました+」。 25  ダビデは使者に言った。「ヨアブに,『今回のことは気にしなくてよいでしょう。剣は誰かしらをあやめるものです。町を激しく攻め,征服しなさい+』と言って,励ましなさい」。 26  ウリヤの妻は夫が死んだのを聞いて,嘆き悲しんだ。 27  喪の期間が終わると,ダビデは人を遣わして彼女を自分の家に連れてこさせた。彼女はダビデの妻になり+,男の子を産んだ。しかし,ダビデがしたことはエホバにとって非常に不快なことだった+

脚注

春のこと。
または,「宮殿」。
月経の汚れのことかもしれない。
または,「王の分」。つまり,招く側が大切な客に送る分。