サムエル記第二 1:1‐27

  • ダビデはサウルの死について聞く1‐16

  • サウルとヨナタンのためのダビデの哀歌17‐27

1  サウルの死後のこと,ダビデはアマレク人を打ち破って帰還し,2日間チクラグ+にとどまっていた。  3日目に,サウルの陣営から1人の人がやって来た。衣服は引き裂かれ,頭に土をかぶっていた。その人はダビデに近寄り,身をかがめてひれ伏した。  ダビデが「どこから来たのですか」と尋ねると,その人は「イスラエルの陣営から逃げてきました」と言った。  ダビデは尋ねた。「戦いはどうなりましたか。話してください」。彼は言った。「兵士たちは戦場から逃げ,大勢が死にました。サウルと息子のヨナタンも死にました+」。  ダビデは,知らせを持ってきたその若者に言った。「サウルと息子ヨナタンが死んだことをどうやって知ったのですか」。  若者は答えた。「私がたまたまギルボア山+にいた時,そこにサウルがいて,やりにもたれ掛かっていました。兵車や騎手たちが彼に迫っていました+  彼が振り向いて私を呼んだので,『何でしょうか』と答えました。  彼は『おまえは誰だ』と尋ねたので,『私はアマレク人+です』と言いました。  彼は言いました。『そばに来て,私を殺してくれ。耐え難い痛みだ。死んだ方がましだ』。 10  それで私はそばに行って彼を殺しました+。負傷して倒れており,もう助からないと思ったからです。そして,頭から王冠を取り,腕輪を外しました。それらをここに,あなたのもとに持ってまいりました」。 11  するとダビデは自分の衣服をつかんで引き裂いた。ダビデと共にいた人たちも皆そうした。 12  そして彼らは,サウルと息子ヨナタンとエホバの民とイスラエル人のことで+嘆き悲しんで泣き,夕方まで断食した+。その人たちが剣によって倒れたからである。 13  ダビデは,知らせを持ってきた若者に尋ねた。「あなたはどこの人ですか」。若者は言った。「私はアマレク人の外国人居住者の子です」。 14  ダビデは言った。「エホバが選んだ*人に恐れもなく手を出して殺すとは,いったいどういうことですか+」。 15  ダビデは部下の1人を呼び,「前に出て,この人を討ちなさい」と言った。若者は討たれ,死んだ+ 16  ダビデは言った。「あなたが死んだ責任はあなた自身*にあります。あなたの口が,『エホバが選んだ*人を私が殺した』と証言したからです+」。 17  ダビデは,サウルと息子ヨナタンのために次の哀歌を歌い+ 18  「弓」と題するその哀歌をユダの人たちに学ばせるべきであると言った。その歌はヤシャルの書+に記されている。 19  「イスラエルよ,あなたの美が高い場所で殺された+ああ,勇士たちが倒れた。 20  ガトで知らせてはいけない+アシュケロンの通りで触れ回ってはいけない。フィリスティア人の娘たちを喜ばせないため。割礼*を受けていない者の娘たちを歓喜させないため。 21  ギルボアの山々よ+あなたの所からは露も雨もなくなれ。聖なる寄進物を生み出す畑+もなくなれ。そこで,勇士たちの盾が汚されたからだ。サウルの盾に油が塗られることはもうない。 22  ヨナタンの弓はぶれることなく+サウルの剣も空を切ることなく+敵の血を流し,戦士の肉を貫いた。 23  サウルもヨナタン+も生涯ずっと愛され,大切にされた*死ぬ時も2人は離れなかった+ワシよりも速く+ライオンよりも強かった+ 24  イスラエルの娘たち,サウルのために泣け。サウルはあなたたちに緋色の*服と装飾品をまとわせ,服に金の飾りを付けた。 25  ああ,勇士たちが戦いで倒れた。ヨナタンが高い場所で殺された+ 26  私の兄弟ヨナタン,あなたを失ってとても苦しい。あなたは本当に慕わしい人だった+私にとってあなたの愛は女性の愛よりも素晴らしかった+ 27  ああ,勇士たちが倒れた。戦いの武器が砕かれた!」

脚注

直訳,「油を注いだ」。用語集の「油を注ぐ」参照。
直訳,「あなたの血はあなたの頭上」。
直訳,「油を注いだ」。
用語集参照。
または,「朗らかだった」。
または,「赤い」。