サムエル記第一 31:1‐13

  • サウルと3人の息子の死1‐13

31  フィリスティア人はイスラエルと戦っていた+。イスラエルの人たちはフィリスティア人から逃げ,多くがギルボア山で殺されて倒れた+  フィリスティア人はサウルとその子たちに迫っていった。そしてサウルの子+ヨナタン+,アビナダブ,マルキ・シュアを討った。  サウルへの攻撃が激しくなり,弓を射る人たちに見つかったサウルは撃たれ,ひどい傷を負った+  サウルは武器を運ぶ従者に言った。「剣を抜き,私を刺し通してくれ。あの割礼を受けていない者たち+に刺し通され,むごく扱われるのはごめんだ」。しかし従者は恐れのあまり,そうしようとしなかった。それでサウルは剣を取って,その上に突っ伏した+  従者もサウルが死んだ+のを見て,剣の上に突っ伏し,サウルと共に死んだ。  こうしてその日,サウルと3人の息子と武器を運ぶ従者,そして部下たちも皆,共に死んだ+  谷*の地域やヨルダン地方にいたイスラエルの民は,イスラエルの兵士たちが逃げ去ったこと,サウルと息子たちが死んだことを知ると,町を捨てて逃げ始めた+。その後フィリスティア人がやって来て,そこを占領した。  翌日,フィリスティア人が戦死者から物品を剝ぎ取ろうとして来てみると,サウルと3人の息子がギルボア山で倒れていた+  そこで彼らはサウルの首を切り落とし,武具を剝ぎ取った。そしてフィリスティア人の領土中に人を送り,彼らの偶像+の神殿や民の所に知らせを伝えた+ 10  それからサウルの武具をアシュトレテの像の神殿に置き,遺体はベト・シャン+の城壁にくぎ付けにした。 11  ヤベシュ・ギレアデ+の住民はフィリスティア人がサウルにしたことを聞くと, 12  戦士たちが皆立ち上がって夜通し移動し,サウルと息子たちの遺体をベト・シャンの城壁から取り外し,ヤベシュに持ち帰って焼いた。 13  それから骨を取り+,ヤベシュのギョリュウの木の下に葬り+,7日間断食をした。

脚注

または,「谷あいの平原」。