サムエル記第一 26:1‐25

  • ダビデは今回もサウルに危害を加えない1‐25

    • ダビデはエホバが選んだ人に敬意を払う11

26  やがてジフ+の人たちがギベア+のサウルのもとに来て言った。「ダビデはエシモン*に面するハキラの丘に隠れています+」。  そこでサウルは立ち上がり,ジフの荒野に下っていった。ジフの荒野でダビデを捜すため,イスラエルから選ばれた3000人を連れていった+  サウルはエシモンに面するハキラの丘で,道のそばに野営した。一方,ダビデは荒野に住んでいて,自分を追ってサウルが荒野に来たことを知った。  それで,サウルが本当に来たかどうかを確かめようと偵察を送った。  その後,ダビデはサウルが陣営を張っていた所に行った。そして,ネルの子である軍隊の長アブネル+とサウルが寝ている場所を見つけた。陣営の中でサウルは寝ており,兵士たちがサウルの周りで野営していた。  ダビデはヘト人+アヒメレクと,ツェルヤの子+でヨアブの兄弟のアビシャイ+に言った。「サウルがいる陣営に誰が私と共に行きますか」。アビシャイが,「私が共に行きます」と答えた。  夜,ダビデとアビシャイは兵士たちの所に進んでいった。そして,サウルが陣営の中で寝ているのを見つけた。サウルの頭のそばにやりがあり,地面に突き刺さっていた。アブネルと兵士たちもサウルの周囲で寝ていた。  アビシャイはダビデに言った。「神は今日,あなたの敵をあなたの手に渡されました+。それで今,どうか私に,彼をやりで地面に突き刺させてください。一度で仕留めます」。  ダビデはアビシャイに言った。「危害を加えてはいけません。エホバが選んだ*+に手を出しながら無罪でいられる人などいるでしょうか+」。 10  ダビデは続けて言った。「エホバは生きています。彼はエホバに必ず打たれます+。あるいは,生涯の終わりが来て+死ぬか,戦いで命を落とすかします+ 11  エホバが選んだ*人に私が手を出すなど,エホバの観点からして考えられないことです+! さあ,彼の頭のそばにあるやりと水差しを取ってきてください。それから立ち去りましょう」。 12  こうしてダビデはサウルの頭のそばからやりと水差しを取り,2人は立ち去った。誰にも見つからず+,気付かれなかった。目を覚ました人もいなかった。エホバが深く眠らせていたため,皆,眠り込んでいたのである。 13  それからダビデは反対側に渡っていき,いくらか離れた山の頂上に立った。両者の間にはかなりの距離があった。 14  ダビデは兵士たちとネルの子アブネル+に叫んだ。「アブネル,聞こえますか」。アブネルは答えた。「王に向かって叫ぶあなたは誰だ」。 15  ダビデはアブネルに言った。「あなたは勇ましい人ではありませんか。イスラエルの中にあなたのような人がいるでしょうか。それなのに,なぜ自分の主人である王を見守っていなかったのですか。兵士の1人が,あなたの主人である王を亡き者にしようとして入り込みました+ 16  あなたは務めを怠りました。生きている神エホバに懸けて言います。あなたたちは死に値します。自分たちの主人を,エホバが選んだ*+を見守っていなかったからです。王の頭のそばにあったやりと水差し+がどこにあるか,見てみなさい」。 17  サウルはダビデの声に気付き,言った。「ダビデ*,あなたの声なのか+」。ダビデは言った。「ご主人さま,王よ,私の声です」。 18  そしてこう続けた。「ご主人さまはどうして私の後を追うのですか+。私が何をしたというのでしょうか。私にどんな罪があるのですか+ 19  ご主人さま,王よ,どうか私の言葉を聞いてください。もし,私に敵対するようあなたを駆り立てたのがエホバでしたら,私は穀物の捧げ物を捧げます。しかし,もし人々が駆り立てたのでしたら+,その人たちはエホバから災いを受けますように。『行って,ほかの神々に仕えよ』と言い,私をエホバの民*から+引き離して追い出したからです。 20  エホバのもとから離れた場所で私の血が地面に落ちることがないようにしてください。イスラエルの王は,山でシャコ*を追うかのように,1匹のノミ+を捜しに出てこられました」。 21  サウルは言った。「私は罪を犯した+。ダビデ*,戻ってきなさい。もう危害を加えたりはしない。あなたが今日,私の命を尊んでくれたからだ+。私は愚かなことをした。大変な間違いをした」。 22  ダビデは言った。「ここに王のやりがあります。あなたの部下に取りに来させてください。 23  エホバは,正しくて忠実なことをする人に報いてくださいます+。今日,エホバはあなたを私の手に渡しましたが,私はエホバが選んだ*人に手を出そうとはしませんでした+ 24  私が今日あなたの命を尊んだように,エホバも私の命を尊び,あらゆる苦難から助け出してくださいますように+」。 25  サウルはダビデに言った。「ダビデ*,あなたが祝福されますように。あなたは必ず偉大なことをし,必ず成功する+」。そしてダビデは去っていき,サウルは家に帰った+

脚注

もしかすると,「砂漠」,「荒野」。
直訳,「油を注いだ」。用語集の「油を注ぐ」参照。
直訳,「油を注いだ」。
直訳,「油を注いだ」。
直訳,「私の子ダビデ」。
または,「土地」。
キジ科の鳥。
直訳,「私の子ダビデ」。
直訳,「油を注いだ」。
直訳,「私の子ダビデ」。