サムエル記第一 14:1‐52

  • ミクマシュでのヨナタンの快挙1‐14

  • 神がイスラエルの敵を敗走させる15‐23

  • サウルの軽率な誓約24‐46

    • 兵士たちが肉を血抜きせずに食べる32‐34

  • サウルの戦いとサウルの家族47‐52

14  ある日,サウルの子ヨナタン+は,武器を運ぶ従者に言った。「さあ,向こう側にいるフィリスティア人の前哨部隊の所に渡っていきましょう」。ヨナタンはそのことを父親に告げなかった。  サウルは,ギベア+の外れのミグロンにあるザクロの木の下にいた。およそ600人が彼と共にいた+  (そして,シロ+でエホバの祭司だったエリ+の子ピネハス+の子イカボド+の兄弟アヒトブ+の子アヒヤが,エフォドを持っていた+。)兵士たちはヨナタンが出ていったことを知らなかった。  ヨナタンがフィリスティア人の前哨部隊を目掛けて渡っていこうとしていた道の両側には歯のような大岩があり,一方はボツェツ,他方はセネと呼ばれていた。  一方の岩は北にあり,ミクマシュに面して柱のように立っていた。他方は南にあり,ゲバ+に面していた。  ヨナタンは,武器を運ぶ従者に言った。「さあ,あの割礼*を受けていない人たち+の前哨部隊の所に渡っていきましょう。おそらくエホバが私たちのために行動してくださいます。こちらの人数が多くても少なくても,エホバにとっては救う上で問題ではありません+」。  従者は言った。「心に感じた通りになさってください。お望みの所へ向かってください。どこへでも付いていきます」。  ヨナタンは言った。「これから,あの人たちの所まで渡っていって,私たちの姿を見せます。  もし彼らが,『われわれがそっちへ行くまで,じっとしていろ!』と言ったなら,私たちは動かず,登ってはいきません。 10  しかし,もし彼らが,『われわれに向かって上がってこい!』と言ったなら,私たちは登っていきます。それは,エホバが私たちを勝たせてくださることのしるしだからです+」。 11  2人はフィリスティア人の前哨部隊に姿を見せた。するとフィリスティア人は言った。「見ろ,ヘブライ人が,隠れていた穴から出てきたぞ+」。 12  前哨部隊の人たちはヨナタンと従者に言った。「われわれの所に上がってこい。思い知らせてやる+!」 ヨナタンは直ちに従者に言った。「付いてきなさい。エホバはイスラエルを勝たせてくださいます+」。 13  ヨナタンはよじ登り,従者も付いていった。フィリスティア人はヨナタンに倒されていき,従者はヨナタンの後ろで彼らを殺していった。 14  ヨナタンと従者は最初の攻撃により,短い距離*の間でおよそ20人を討った。 15  そのため,恐怖が陣営にも前哨部隊の皆にも広まり,襲撃部隊+さえもおびえた。地面は揺れ,神が人々を恐怖に陥れた。 16  ベニヤミンのギベア+でサウルのために見張っていた人たちが見ると,混乱が至る所に広まり始めていた+ 17  サウルは共にいた兵士たちに言った。「人数を数えて,誰が出ていったかを調べてくれないか」。彼らが人数を数えると,ヨナタンと武器を運ぶ従者がいなかった。 18  サウルはアヒヤ+に言った。「真の神の箱を持ってきてください!」(真の神の箱はその時,イスラエル人の所にあった。) 19  サウルが祭司アヒヤと話している間にも,フィリスティア人の陣営で生じた混乱はますます大きくなっていった。それでサウルは祭司に,「もう結構です」と言った。 20  サウルと,共にいた兵士たちは皆,集まって戦場に向かった。すると,フィリスティア人は互いに剣を振るい合い,大混乱に陥っていた。 21  それまではフィリスティア人の味方をして共に陣営まで来ていたヘブライ人も,サウルやヨナタンが率いるイスラエルの側に付き始めた。 22  エフライムの山地に隠れていた+イスラエルの人たちも皆,フィリスティア人が逃げ去ったことを聞き,戦場に行って追撃に加わった。 23  こうしてエホバはその日,イスラエルを救った+。ベト・アベン+にまで及ぶ戦いだった。 24  とはいえ,その日イスラエルの人たちは消耗し切っていた。サウルが兵士たちに関して次のような誓約をしていたからである。「日が暮れる前,私が敵に復讐をする前に,食べ物を口にする人は災いを受ける!」 それで兵士は誰も食べ物を口にしていなかった+ 25  兵士たち皆が森に入ると,そこに蜂蜜があった。 26  兵士たちが森に入った時,蜂蜜が滴り落ちていたが,誰も食べなかった。誓約のことを恐れていたからである。 27  しかしヨナタンは,父親が兵士たちに関して誓約したのを聞いていなかったので+,持っていたつえの先を蜜蜂の巣に付けた。そして食べると,生き返ったように元気になった* 28  すると兵士の1人が言った。「あなたの父上は兵士に関して厳重な誓約をし,『今日食べ物を口にする人は災いを受ける+!』と言いました。それでみんな疲れているのです」。 29  ヨナタンは言った。「父は兵士たちを困らせるようなことをしました。見てください。蜂蜜を少し食べただけで,私はこんなに元気になり*ました。 30  今日みんなが戦利品を自由に食べていれば+,どんなにかよかったでしょう。もっと多くのフィリスティア人を打ち負かしていたはずです」。 31  その日,兵士たちはミクマシュからアヤロン+にかけてフィリスティア人を討っていった。そのため非常に疲れた。 32  兵士たちは欲のままに戦利品に飛び付き,その場で羊や牛や子牛を殺し,血を抜かずに食べた+ 33  サウルに知らせが届いた。「兵士たちは肉を血抜きせずに食べて,エホバに対して罪を犯しています+」。サウルは言った。「あなたたちは不忠実なことをした。すぐに私のもとに大きな石を転がしてきなさい」。 34  サウルはさらに言った。「兵士の中に散らばって,こう言いなさい。『各自,雄牛や羊をここに連れてきて,殺して食べなさい。血抜きせずに食べてエホバに対して罪を犯してはならない+』」。それでその夜,兵士はそれぞれ雄牛を連れてきて殺した。 35  サウルはエホバのために祭壇を作った+。エホバのために彼が作った最初の祭壇だった。 36  その後サウルは言った。「夜のうちにフィリスティア人を追い,明け方まで略奪し続けよう。一人も生かしてはおかない」。兵士たちは言った。「良いと思う通りにしてください」。それから祭司が言った。「ここで真の神に近づきましょう+」。 37  それでサウルは神に尋ねた。「フィリスティア人を追っていくとよいでしょうか+。あなたはイスラエルを勝たせてくださるでしょうか」。ところがその日,神は答えなかった。 38  そこでサウルは言った。「兵士たちの長は皆,ここに来て,今日どのような罪が犯されたのかをはっきりさせなさい。 39  イスラエルを救い出した方,生きている神エホバに懸けて私は誓う。罪を犯した人は,それがたとえ私の子ヨナタンでも,死ななければならない」。しかし兵士の誰も答えなかった。 40  サウルはイスラエル人たちに言った。「あなたたちはそちら側にいなさい。息子ヨナタンと私はこちら側にいる」。彼らはサウルに言った。「良いと思う通りにしてください」。 41  サウルはエホバに言った。「イスラエルの神,トンミム+で答えてください!」 するとヨナタンとサウルが選ばれ,ほかの人たちは解放された。 42  サウルは言った。「私と息子ヨナタンのどちらなのか,くじを引きなさい+」。するとヨナタンが選ばれた。 43  サウルはヨナタンに言った。「何をしたのか,話しなさい」。ヨナタンは言った。「持っていたつえの先で蜂蜜を少し食べました+。私はここにいます! 死ぬ覚悟はできています!」 44  サウルは言った。「ヨナタン,もし死なないなら,神が私を厳しく罰しますように+」。 45  兵士たちはサウルに言った。「イスラエルに大勝利*をもたらした+,このヨナタンが死ななければならないのですか。そのようなことは考えられません! 生きている神エホバに懸けて言います。ヨナタンの髪の毛1本でさえ地面に落ちるべきではありません。ヨナタンは今日,神と共に行動したのです+」。こうして兵士たちがヨナタンを救ったので,ヨナタンは死ななかった。 46  サウルはフィリスティア人を追うのをやめ,フィリスティア人は領土に戻った。 47  サウルはイスラエルに対する王権を確立し,モアブ人+,アンモン人+,エドム人+,ツォバ+の王たち,フィリスティア人+など周囲の全ての敵たちと戦った。行く先々で相手を打ち破った。 48  勇敢に戦ってアマレク人+を征服し,イスラエルを略奪者から救い出した。 49  サウルの息子はヨナタン,イシュビ,マルキ・シュア+だった。2人の娘の名前は,長女がメラブ+,次女がミカル+だった。 50  サウルの妻はアヒノアムといい,アヒマアツの娘だった。サウルの軍隊の長はアブネル+といい,サウルのおじ,ネルの子だった。 51  サウルの父はキシュ+で,アブネルの父ネル+はアビエルの子だった。 52  サウルの時代中,フィリスティア人との激しい戦いが続いた+。サウルは強い人や勇敢な人を見つけると,軍務に就かせるのだった+

脚注

用語集参照。
直訳,「1対の畑の畝の半分」。1対の牛が1日にすき返す畑(約4000平方メートル)の半分のこと。
直訳,「目が輝いた」。
直訳,「目が輝き」。
または,「大救出」。