コリントのクリスチャンへの第二の手紙 11:1‐33

  • パウロと優秀な使徒たち1‐15

  • パウロが使徒として経験した苦難16‐33

11  私のことが少し無分別に思えても,皆さんが許容してくれたらと願います。いえ,すでに皆さんは許容してくれています。  私は神と同じ思い*で,皆さんのことを深く気に掛けています。私が皆さんを,1人の夫つまりキリストと婚約させました。皆さんを貞潔な*処女として差し出したいと思っています+  しかし,エバが蛇のずる賢さによって惑わされたように+,皆さんも何かのことで考え方が腐敗させられて,キリストに示すべき誠実さや貞潔さ*を保てなくなるのではないか+と心配しています。  実際,誰かが来て,私たちが伝えたのとは別のイエスを伝えたり,皆さんが持つようになったのとは別の精神を持たせようとしたり,皆さんが受け入れたのとは別の良い知らせを告げたりすると+,皆さんはすぐに許容してしまいます。  私は,そちらの優秀な使徒たちと比べて自分に何一つ劣ったところはないと思っています+  たとえ話し方が未熟だとしても+,知識については決してそうではありません。私たちが全てのことに関してあらゆる方法で皆さんにはっきり示した通りです。  それとも私は,皆さんが重んじられる*ようになるために謙遜になり,神の良い知らせを喜んで皆さんに無償で伝えた+ことで,罪を犯したのでしょうか。  私は皆さんに奉仕するため,ほかの会衆から提供された物*を受け入れました+。いわば奪い取るかのようにです。  皆さんの所にいて困窮した時,私は誰にも負担を掛けませんでした。マケドニアから来た兄弟たちが必要な物を豊かに与えてくれたからです+。私はどんな場合にも皆さんの負担にならないようにしましたし,これからもそうします+ 10  そして,私が持っているキリストの真理に懸けて言いますが,アカイア地方でこうしたことを誇るのをやめません+ 11  なぜでしょうか。皆さんを愛していないからでしょうか。愛していることを神は知っています。 12  私は,今行っていることをこれからも続けます+。立場について誇る人たちに,口実を与えないためです。彼らは,私たちと同等に見られようとして根拠*を探しています。 13  そのような人たちは偽使徒であり,人を欺き,キリストの使徒に成り済ましています+ 14  それも不思議ではありません。サタンが光の使いに成り済ましているからです+ 15  それで,サタンの奉仕者たちが正しい奉仕者に成り済ましているとしても,驚くことではありません。いずれ彼らは行いに応じた終わりを迎えます+ 16  再び言います。誰も私のことを無分別だと考えないでください。しかし,もしそう考えるとしても,私を無分別な人として受け入れてください。そうすれば,私もいくらか誇れます。 17  私は今,主の手本に倣ってではなく,無分別な人のように誇って自信満々に話します。 18  多くの人が人間的な考えのままに誇っているのですから,私も誇ります。 19  皆さんはとても“分別がある”ので,無分別な人たちを喜んで許容します。 20  事実,皆さんを奴隷にする人,皆さんを食い物にする人,皆さんから奪い取る人,皆さんを見下す人,皆さんの顔を殴る人を許容しています。 21  私がこういうことを言うのは,私たちにとって不名誉なことでしょう。私たちが弱々しく行動してきたように見えるかもしれないからです。 しかし,もしほかの人たちが大胆に行動するのであれば,私も大胆に行動します。私は無分別な人のように話しています。 22  彼らはヘブライ人ですか。私もそうです+。彼らはイスラエル人ですか。私もそうです。彼らはアブラハムの子孫ですか。私もそうです+ 23  彼らはキリストの奉仕者ですか。私は狂人のように言いますが,私の方がはるかに優れた奉仕者です。私の方がたくさん働き+,多く拘禁されました+。数え切れないほど殴打され,何度も死にかけました+ 24  ユダヤ人たちからむちで39回打たれた+ことが5度, 25  棒で打ちたたかれた+ことが3度,石を投げ付けられた+ことが1度,難船した+ことが3度あり,一昼夜海上を漂ったこともあります。 26  何度も旅をし,川での危険,強盗の危険,同胞からの危険+,異国の人々からの危険+,町での危険+,荒野での危険,海での危険,偽兄弟からの危険に遭い, 27  苦労して働き,眠れない夜を何度も過ごし+,飢えと渇きを覚え+,食べ物が何もないことがよくあり+,寒さに震え,着る物がないこともありました。 28  そうした外的なものに加えて,日々迫ってくるもの*,つまり全ての会衆についての心配があります+ 29  誰かが弱くなっているのに,私は弱くならずにいられるでしょうか。誰かの信仰が損なわれているのに,私は憤慨せずにいられるでしょうか。 30  もし誇らなければならないのであれば,私は自分の弱さを示す事柄を誇ります。 31  主イエスの父である神,永遠に賛美されるべき方は,私が偽りを語っていないことを知っています。 32  ダマスカスでは,アレタ王の配下の総督が私を捕らえようとして,町を見張らせていました。 33  しかし私は城壁の窓から籠で下ろしてもらい+,逃げることができました。

脚注

直訳,「神の熱意」。
または,「清い」。
または,「清さ」。
直訳,「高く上げられる」。
または,「援助」。
または,「口実」。
または,「日々の重圧」。