内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

コリントのクリスチャンへの第二の手紙

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

概要

  • 1

    • あいさつの言葉1,2

    • どんな苦難に遭っても神は慰めてくださる3‐11

    • パウロの旅の計画の変更12‐24

  • 2

    • 喜びの訪問にしたいというパウロの願い1‐4

    • 罪を犯したものの許されて復帰した人5‐11

    • パウロはトロアスからマケドニアに向かった12,13

    • 神への奉仕は勝利の行進のよう14‐17

      • 神の言葉を売り歩かない17

  • 3

    • 推薦の手紙1‐3

    • 新しい契約の奉仕者4‐6

    • 新しい契約の栄光はいっそう大きい7‐18

  • 4

    • 良い知らせの光1‐6

      • 信仰のない人たちは思考を遮られている4

    • 宝を土の器に入れて持っている7‐18

  • 5

    • 天での家を身に着ける1‐10

    • 和解のための奉仕11‐21

      • 新しい創造物17

      • キリストの代理をする大使20

  • 6

    • 神の親切を無駄にしてはならない1,2

    • パウロの奉仕について3‐13

    • 不釣り合いな結び付きを持ってはならない14‐18

  • 7

    • 汚れを除き去って自分を清める1

    • パウロはコリントのクリスチャンのことで喜ぶ2‐4

    • テトスからの良い報告5‐7

    • 神の意志に沿った悲しみと悔い改め8‐16

  • 8

    • ユダヤのクリスチャンのための募金1‐15

    • テトスはコリントに行くことになっている16‐24

  • 9

    • 与えるようにとの励まし1‐15

      • 神は快く与える人を愛される7

  • 10

    • パウロは自分の奉仕の正当性を論じる1‐18

      • 私たちの武器は人間的なものではない4,5

  • 11

    • パウロと優秀な使徒たち1‐15

    • パウロが使徒として経験した苦難16‐33

  • 12

    • パウロが見た幻1‐7前半

    • パウロには「体に1つのとげ」がある7後半‐10

    • 優秀な使徒たちに劣っていない11‐13

    • パウロはコリントのクリスチャンのことを心配する14‐21

  • 13

    • 結びの警告と勧めの言葉1‐14

      • 「自分がクリスチャンの信条の通りに生きているかどうか,いつも確かめてください」5

      • 正され,同じ考え方をする11