コリントのクリスチャンへの第一の手紙 8:1‐13

  • 偶像に捧げられた食物について1‐13

    • 私たちの神はただひとり5,6

8  さて,偶像に捧げられた食物+について取り上げます。私たちは皆,知識を持っています+。知識は人を思い上がらせますが,愛は人を向上させ*ます+  自分はあることについて知っていると思う人は,本当に知るべきところまでは知っていません。  しかし,神を愛している人は,神に知られています。  偶像に捧げられた食物を食べることに関して,私たちは,偶像には何の意味もないこと+と,神はひとりしかいないこと+を知っています。  多くのものが「神」や「主」と呼ばれており,天や地のさまざまな神が信じられていますが+  私たちには父である+ひとりの神がいて+,この方によって全てのものがあり,私たちはこの方のために存在しています+。また,ひとりの主イエス・キリストがいて,この方を通して全てのものがあり+,私たちはこの方を通して存在しています。  とはいえ,全ての人がこの知識を持っているわけではありません+。ある人たちは,以前に偶像に関わっていたので,食物を食べる時にそれが偶像に捧げられた物であることが頭から離れず+,弱い*良心が汚されます+  本当のところ,食物によって神にいっそう近づけるわけではありません+。食べないと何かを得損なうわけでも,食べると何かが得られるわけでもないのです+  しかし,その選択の権利によって弱い人たちに過ちを犯させて*しまうことがないよう,常に注意してください+ 10  もし,知識を持つあなたが偶像の神殿で食事をしているところを,誰か弱い人が見たなら,その人は大胆になって良心に逆らい,偶像に捧げられた食物を食べることになってしまわないでしょうか。 11  あなたは知識によってその弱い人を破滅させることになってしまいます。あなたの兄弟であるその人のために,キリストが死んでくださったにもかかわらずです+ 12  そのようにして兄弟に対して罪を犯し,兄弟の弱い*良心を傷つけるなら+,皆さんはキリストに対して罪を犯していることになります。 13  それで,食物によって私の兄弟に過ちを犯させ*ることになってしまうなら,私はもう決して肉を食べません。私の兄弟に過ちを犯させ*ないためです+

脚注

または,「力づけ」。
または,「訓練されていない」。
または,「弱い人たちの信仰を妨げて」。
または,「訓練されていない」。
または,「兄弟の信仰を妨げ」。
または,「兄弟の信仰を妨げ」。