コリントのクリスチャンへの第一の手紙 13:1‐13

  • 愛は何よりも勝った道1‐13

13  たとえ私が人間や天使のさまざまな言語を話しても,愛がなければ,うるさく鳴るどらや,やかましく響くシンバルのようです。  たとえ私が預言する能力を持ち,全ての神聖な秘密と全ての知識を理解していても+,また,たとえ山を動かす*ほどの強い信仰を持っていても,愛がなければ無価値です*+  たとえ私が持ち物を全て差し出してほかの人が食物を得られるようにしても+,また,たとえ体をなげうって自分を誇れるようにしても,愛がなければ+何も得られません。  愛+は辛抱強く+,親切です+。愛は嫉妬しません+。愛は自慢せず,思い上がらず+  下品な*振る舞いをせず+,自分のことばかり考えず+,いら立ちません+。愛は傷つけられても*根に持ちません+  愛は不正を喜ばないで+,真実を喜びます。  愛は全てのことに耐え+,全てのことを信じ+,全てのことを希望し+,全てのことを忍耐します+  愛は決して絶えません。一方,預言する能力があっても,それは除き去られます。さまざまな言語*があっても,それはなくなります。知識*があっても,それは除き去られます。  私たちは部分的な知識しか持っておらず+,部分的なことしか預言していません。 10  完全なものが来ると,部分的なものは除き去られます。 11  私は子供だった時,子供の話し方をし,子供の考え方をし,子供の捉え方*をしていました。しかし,大人になった今,子供の特徴を捨て去りました。 12  現在私たちは金属の鏡でぼんやりした輪郭を見ています*が,やがて顔と顔を合わせるかのようにはっきり見ます。現在私は部分的なことしか知りませんが,やがて正確に*知ります。ちょうど私が正確に知られているようにです。 13  いずれにしても,信仰,希望,愛,この3つは残ります。そのうち最も優れているのは愛です+

脚注

または,「移す」。
または,「役に立ちません」。
または,「無礼な」。
または,「不当な仕打ちを受けても」。
奇跡的に別の言語を話すということ。
奇跡的に知識を与えられるということ。
または,「推論の仕方」。
または,「で不明瞭にしか見えていません」。
または,「十分に」。