コリントのクリスチャンへの第一の手紙 11:1‐34

  • 「私に倣ってください」1

  • 頭の立場と頭の覆い2‐16

  • 主の晩餐を執り行う17‐34

11  キリストに倣っている私に倣ってください+  皆さんはとても立派です。あらゆる面で私のことを覚えていて,私が伝えたこと*をしっかり守っているからです。  しかし,次のことを知ってほしいと思います。全ての男性の頭はキリストであり+,女性の頭は男性であり+,キリストの頭は神です+  男性が祈ったり預言したりする時に頭を覆うなら,自分の頭を辱めることになります。  一方,女性が祈ったり預言したりする+時に頭を覆わないなら,自分の頭を辱めることになります。頭をそられた女性同然だからです。  女性は覆いを着けないなら,髪を切るべきなのです。しかし,女性にとって髪を切ったりそったりするのは恥なのですから,覆いを着けるべきです。  男性は頭を覆うべきではありません。男性は神に似た者として造られたのであり+,神の栄光だからです。一方,女性は男性の栄光です。  男性が女性から造られたのではなく,女性が男性から造られたからです+  また,男性が女性のために創造されたのではなく,女性が男性のために創造されたのです+ 10  ですから女性は,天使たちのためにも+,頭に権威*のしるしを着けるべきです。 11  さらに,主の下では,女性を男性と切り離すことはできず,男性を女性と切り離すこともできません。 12  女性が男性から造られたように+,男性は女性から生まれるからです。もちろん,全てのものは神によって造られました+ 13  皆さん自身で判断してください。女性が頭を覆わないで神に祈るのは適切なことでしょうか。 14  私たちの自然な感覚によれば,男性にとって髪を長くするのは恥ではないでしょうか。 15  一方,女性にとって髪を長くするのは栄光ではないでしょうか。女性の髪は覆いの代わりに与えられているのです。 16  たとえ何かほかの習慣を支持する人がいても,これ以外の習慣は,私たちにも,神のどの会衆にもありません。 17  こうした指示を与えるに当たり,私は皆さんを褒めることはしません。集まることが,皆さんにとってためになるどころか害になっているからです。 18  まず,会衆として集まる時,皆さんの間に分裂があると聞いています。私はある程度その話を信じています。 19  やがて皆さんの間に分派も生じる+に違いありません。その結果,誰が神から良いと認められているかも明らかになるでしょう。 20  皆さんは1つの場所に集まってはいても,主の晩餐+を食べるためにそうしているとは言えません。 21  自分の食事を先に済ませていて,主の晩餐の時には酔っている人もいれば,一方で空腹の人もいるからです。 22  皆さんには食べたり飲んだりするための家がないのですか。それとも,神の会衆を軽視し,食べる物がない人たちに恥ずかしい思いをさせたいのですか。私は皆さんに何と言えばよいでしょうか。褒めるべきでしょうか。このことについては褒めません。 23  私は,主から受けたことを皆さんに伝えました。主イエスは,裏切られようとしていた夜+,パンを取り, 24  感謝の祈りをしてからそれを割り,こう言いました。「これはあなたたちのための私の体を表しています+。このことを行っていき,私のことを思い起こし*なさい+」。 25  食事が済んでから,杯+についても同じようにして,こう言いました。「この杯は私の血による+新しい契約+を表しています。それを飲むたびに,このことを行い,私のことを思い起こし*なさい+」。 26  皆さんは,このパンを食べ,この杯から飲むたびに,主の死を広く知らせるのであり,主が来るまでそれを続けるのです。 27  ですから,不適切な態度*でそのパンを食べたり主の杯から飲んだりする人は,主の体と血に関して有罪になります。 28  まず自分をよく調べて確かめ+,その上でパンを食べ,杯から飲むべきです。 29  主の体についてよく分かっていないのに食べて飲む人は,自分への有罪判決を食べて飲むことになります。 30  そのため,皆さんの中には弱っている人や病気の人が多く,かなりの人が死の眠りに就いています*+ 31  しかし私たちは,自分のことがよく分かっているなら,有罪とされることはないでしょう。 32  とはいえ,有罪とされる場合,それはエホバ*からの矯正であり+,私たちが世の人々と共に断罪されないようにするためなのです+ 33  それで,私の兄弟たち,主の晩餐を食べるために集まる時には,互いのことを待ちましょう。 34  空腹の人がいるなら,その人は家で食事をしてください。集まった時に有罪とされることにならないためです+。ほかの事柄は,私がそちらに行った時に扱います。

脚注

または,「伝統」。
または,「権威に従っていること」。
または,「記念し」。
または,「記念し」。
または,「状態」。
神との関係を失っているという意味だと考えられる。
付録A5参照。