ガラテアのクリスチャンへの手紙 4:1‐31

  • もう奴隷ではなく子である1‐7

  • パウロはガラテアのクリスチャンのことを心配する8‐20

  • ハガルとサラは2つの契約を表す21‐31

    • 私たちの母,上にあるエルサレムは自由26

4  さて,相続人は全ての物の持ち主ですが,幼い子供である間は奴隷と変わりありません。  父親が定めた日までは,保護者や家の管理人の監督下にいます。  同じように私たちも,子供だった時には,世の理念*の奴隷になっていました+  しかし,時が満ちると,神はご自分の子を遣わしました。その方は女性から生まれ+,律法の下にいました+  こうして神は,その方が律法の下にいる人たちを買い取って解放し+,私たちが養子にされるようにしました+  皆さんは子なので,神はご自分の子が持つ聖なる力を+私たちの心の中に送ってくださいました+。その聖なる力によって私たちは「アバ*,父よ!」と叫びます+  ですから,皆さんはもう奴隷ではなく子です。そして,子なので,神によって相続人*ともされています+  皆さんは神を知らなかった時,偽りの神々の奴隷になっていました。  しかし,今は神を知るようになりました。というより,神に知られるようになりました。それなのに,どうしてむなしくて+価値のない理念*に戻り,再びその奴隷になろうとするのですか+ 10  皆さんは日や月や+時期や年にこだわっています。 11  私は皆さんのことが心配です。皆さんのために苦労したことは無駄だったのだろうか,と思います。 12  兄弟たち,お願いします。私のようになってください。私もかつては皆さんのようでした+。皆さんは私に何も悪いことをしませんでした。 13  ご存じの通り,私が皆さんに良い知らせを伝えるきっかけになったのは,私の病気でした。 14  病気の私を受け入れるのは大変だったはずですが,皆さんは見下したり毛嫌いしたり*せず,私が神の天使かキリスト・イエスであるかのように迎えてくれました。 15  あの時の皆さんの幸福はどこに行ってしまったのですか。皆さんは,できることなら自分の目をえぐり出して私に与えたいとさえ思ってくれていました+。そのことを私は証言できます。 16  では私は,皆さんに真理を伝えるので,皆さんの敵になったのですか。 17  あの人たちは熱心に皆さんを取り込もうとしていますが,その目的は良いものではありません。皆さんを私から引き離したいと思っており,自分たちの支持者にならせようとしているのです。 18  しかし,誰かが良い目的で皆さんを熱心に誘うのはいつでも良いことであり,それは私が皆さんと一緒にいるときだけに限りません。 19  私の子供たち+,皆さんの中にキリストが形作られるまで,私は再び産みの苦しみを味わっています。 20  今そちらにいて別の話し方ができたらいいのに,と思います。皆さんのことで困惑しているからです。 21  律法の下にいることを望む皆さん,答えてください。皆さんは律法が述べている事を知らないのですか。 22  例えば,アブラハムには2人の子がいたと書いてあります。1人は召し使いの女性+から生まれ,1人は自由な女性+から生まれました。 23  召し使いの女性の子は普通に生まれ+,自由な女性の子は約束によって生まれました+ 24  この出来事には別の意味があります。この女性たちは2つの契約を表しています。1つはシナイ山+で結ばれ,奴隷となる子供たちを生み出す契約で,ハガルがこれに相当します。 25  ハガルは,アラビアにあるシナイ山+を表し,今のエルサレムに当たります。彼女*は自分の子供たち*と共に奴隷となっているからです。 26  一方,上にあるエルサレムは自由であって,私たちの母です。 27  こう書かれています。「子供を産めない不妊の女よ,喜べ。産みの苦しみを知らない女よ,歓声を上げよ。見捨てられた女の子供は,夫がいる女の子供よりも多いからだ+」。 28  兄弟たち,皆さんはイサクと同じく約束による子供です+ 29  当時,普通に生まれた子が,聖なる力によって生まれた子を苦しめるようになりました+。今も同じことが起きています+ 30  しかし,聖書は何と言っているでしょうか。「召し使いの女とその子を追い出してください。召し使いの女の子供が,自由な女の子供と一緒に相続人になることは決してないからです+」。 31  ですから,兄弟たち,私たちは召し使いの女性の子供ではなく,自由な女性の子供です。

脚注

または,「基礎的な事柄」。
「父よ」という意味のヘブライ語もしくはアラム語。
用語集参照。
または,「基礎的な事柄」。
または,「唾を掛けたり」。
エルサレムのこと。
住民のこと。