エレミヤ書 20:1‐18

  • パシュフルがエレミヤを殴打する1‐6

  • エレミヤは語らずにはいられない7‐13

    • 神の言葉は燃える火のよう9

    • エホバは恐るべき戦士のよう11

  • エレミヤの訴え14‐18

20  さて,祭司で,エホバの家の主任事務官でもあった,イメルの子パシュフルは,エレミヤがこれらのことを預言した時に聞いていた。  パシュフルは預言者エレミヤを殴打し,エホバの家にある,「ベニヤミンの上の門」の足かせ台につないだ+  翌日になって,パシュフルがエレミヤを足かせ台から解放すると,エレミヤは彼にこう言った。 「エホバはあなたの名前を,パシュフルではなく,『周囲に恐怖+』としました。  エホバはこう言っています。『私はあなたとあなたの友人全てを恐怖に陥れる。彼らはあなたの目の前で敵の剣によって倒れる+。私はユダ全体をバビロンの王の手に渡し,彼は人々を捕らえてバビロンに連れていき,剣で殺す+  私はこの都市の全ての富,全ての資産,全ての貴重な物,またユダの王たちの全ての財宝を,敵の手に渡す+。彼らはそれを略奪し,取り上げて,バビロンに持っていく+  そして,パシュフル,あなたとあなたの家に住む人は皆,捕らわれることになる。あなたはバビロンに行って,そこで死に,友人全てと共に葬られる。彼らに偽りの預言をしたからである+』」。   エホバ,あなたは私をだまし,私はだまされました。あなたは私に対して力を振るい,勝ちました+私は一日中,笑いものにされ,皆が私をあざけっています+   私は語るたびに叫び,「暴力と破滅!」と声高に言わなければなりません。エホバの言葉のせいで,私は一日中侮辱され,からかわれます+   それで私は言いました。「この方について話さないことにしよう。もうこの方の名によって語ることはしない」と+ですが,神の言葉は私の心の中で燃える火,骨の中に閉じ込められた火のようになりました。私はそれを抑えるのに疲れ,もう耐えられなくなりました+ 10  私は悪いうわさをたくさん聞き,恐怖に包まれました+「彼を非難しよう。皆で非難してやろう!」私にあいさつする*人は皆,私が挫折するのを待っていました+「彼は愚かな間違いをするだろう。そうなれば,われわれが優位に立ち,彼に復讐できる」。 11  しかし,エホバは恐るべき戦士のように私と共にいてくださいました+そのため,私を迫害する人たちはつまずき,優位に立つことはありません+成功することなく,大いに恥をかきます。彼らの恥辱は永久に続き,忘れられることはありません+ 12  大軍を率いるエホバ,あなたは正しい人を調べておられます。人の奥底の考え*と心をご覧になります+あなたが彼らに復讐するのを見せてください+私は自分の訴えをあなたに委ねました+ 13  エホバに向かって歌え!エホバを賛美せよ!この方は貧しい人を悪人の手から救ってくださったからだ。 14  私が生まれた日は災いだ!母が私を産んだ日は祝福されるな+ 15  父に良い知らせを伝え,「あなたに男の子が生まれました!」と言って,父を大喜びさせた人は,災いを受けよ。 16  その人は,エホバが嘆くことなく滅ぼした*町々のようになれ。朝に叫び声を聞き,真昼に戦いの合図を聞くことになれ。 17  なぜ彼*は私を母の胎内で殺さなかったのか。そうすれば,母が私の墓となり,ずっと身ごもったままになっていたのに+ 18  なぜ私は母の胎内から出なければならなかったのか。苦しみや悲しみを見て,恥じながら生涯を終えるだけではないか+

脚注

または,「『平和がありますように』と言う」。
または,「奥底の感情」。直訳,「腎臓」。
または,「が滅ぼして悔やまなかった」。
もしかすると,「神」。